アンデリス

  • 2016.12.09 Friday
  • 05:46
昨日は余市まで、娘たちを送ってきました。市内の道路はまだツルツルのひどいコンディションでしたが、高速に入ると塩を撒いているせいか、すっかりきれいになっていました。途中小樽で支払があるからと立ち寄ったのが、南小樽の駅近く、角っこの小さなお店の「アンデリス」。珍しいプリンの専門店です。農園時代には、いろいろとものを納めさせていただいておりました。

アンデリス

もちろんプリンはいろんな種類が並んでいますが、ここの名物は下にある「プリン大福」です。いつも土産に買ってきてくれるので昔から食べていましたが、お店に行ったのは初めてでした。大福の生地があんまり柔らかすぎて、食べるのには苦労しますが、とろっとろのプリンは絶品です。
ショーケース

ショーケースの上に、刻んだコンブみたいなのが山盛りになっているのが、バニラビーンズと呼ばれる果実からバニラシードを取った後の殻でした。ビーンズといってもマメ科ではなく、形が豆のさやに似ているからこう呼ばれるので、バニラはつる性のラン科植物です。写真では見たことがありますが、本物の果実は初めて見ました。昨年原産地のマダガスカルが記録的な不作のため、入手が結構大変だとか。ラン科ですからタネは極めて微細な粒子で、これをプリンにはふんだんに使っているのです。
バニラビーンズ

せっかくなので土産に買って帰ろうとしたら、わざわざ赤ん坊を連れてきてくれたのでと、お土産にいただいてしまいました。ウヰスキーの方はそんなにお酒の風味が感じられませんでしたが、ここの定番カスタードの方は、バニラシードがたくさん入っており、とてもふんわり美味しかったです。どうもごちそうさまでした。
プリン

無事に余市に送り届け、帰ろうと国道に向かっていると、踏切の手前にカシワの小さな繁みがありました。函館本線のすぐ向こうには国道が走っており、その裏には日本海があるので、このあたりでも結構海風の影響を受けています。飛来塩分に極めて強いカシワですが、左の海側は小さくいじけており、右側に行くにつれて樹高が高くなっていました。典型的な海岸林の生育状況を示しており、こんなミニチュアで見られるのは結構珍しく、講義で使おうとさっそく写真を撮しました。
カシワ

ハル農園は店仕舞い

  • 2015.11.09 Monday
  • 05:56
昨日はハル農園の最後の手伝いに夫婦で出掛けました。予報では小雨とありましたが、札幌よりも空が明るく、これならなんとかなりそうかなと。ちょうど‘しるこ’と‘ずんだ’の朝食タイム。美味しそうに?ササをバリバリ食べていましたが、だんだん新鮮な餌がなくなってくるので、ちょっとかわいそう。でもかなりメタボ体型になっており、食べ過ぎなのか運動不足なんだか…
しるこ

余市のこの畑は、小春が管理人として3年間面倒を見てきましたが、いよいよその関係がなくなるので、離れる前の最後の作業としてブドウの剪定とブルーベリーの冬囲いをしなければなりません。‘Koharu’ブランドのワインを産んできたこのブドウ達とも、いよいよお別れとなります。
ブドウ

まず初めに手がけたのは、そこから10分ほど移動して、今年いろいろとお世話になった仁木の農園のブルーベリーの冬囲い。200本ほどあるので、二人ずつ二手に分かれて作業を始めました。気温は零度近いはずですが、風が全くなくて、厚着していたため動くと汗ばむほどに。一服の時にお茶を飲みながら草の上に座っていても、ちょっと季節を忘れるほどののどかさでした。
浅田園

植木屋時代に冬囲いは嫌というほどやっているので、いまでもかなりのスピードで腕が動きます。ほぼ予定どおりに午前中で片付けてしまいました。
完了

昼食はフルーツ街道沿いの、仁木と余市の境界にあるベリーベリーファームのレストランで。ここではベリー類の加工だけでなく、ワイナリーも持っているので、娘もここでワインを仕込んでもらっています。ハウスで野菜類もたくさん作っているので、新鮮でとても美味しい野菜が食べ放題。ハンバーグも美味しかったです。
昼食

午後からは余市の畑に戻って,ここのブルーベリーの冬囲い。ここは毎年やってきたので慣れており、一時間ほどで片付きました。
ハル農園

せっかくあちこちのテレビ局で特集を作ってくれたのですが、百姓の基盤である土地が自分のものではないのが悲しいところ。結婚を機に自分たちの農園を持とうといろいろ探しているものの、あわてて変な土地をつかむと一生大変なので、二人で納得のいくまで探していくことになりそうです。

結婚パーティー

  • 2015.09.14 Monday
  • 05:56
昨日は小春たちの結婚パーティー。既に6月に入籍は済ませており、秋にブドウ畑で仲間内が集まってパーティーでもという話もありましたが、せめて親族だけでもという声があがりました。場所はサッポロファクトリーにある『テルツィーナ トラットリア・ピッツェリア』。いろいろ野菜や果物などの御縁で貸し切りにしていただき、野菜関係の食材はすべて持ち込んでのパーティーとなりました。
テルツィーナ

テーブルなどの装飾はデスクKさんに。高田先生自ら、素敵に飾っていただきました。本当に感謝です。
デスクK

料理はさすがテルツィーナ。素晴らしいイタリアンに脱帽でした。ボリュウム満点で、帯をきつく締められている女性陣は早々にギブアップ気味、でも本当に美味しいので、私は珍しく完食しました。
料理

ワインはすべてハル農園の材料を使って仕込まれたもの。特にドメーヌタカヒコの曽我さんに気に入られて作っていただいたワイン「Yoichi-Nobori 2013 Koharu」は、今回初めていただきました。なかなか複雑な味わいが出ており、さすがという感じです。
ワイン

小春ももうすぐ30歳。いろんな方に支えられて、社会的にはようやくよちよち歩きといったところ。将来的にはワイナリーまで作りたいとのことで、だんなは現在タカヒコで修行中。将来への道筋を二人でしっかり描いて、一歩一歩着実に歩んでいってほしいものです。

ハル農園にも初夏到来

  • 2015.06.15 Monday
  • 06:00
昨日は小樽まで用事があったついでに、ようやく余市まで足を伸ばしてきました。今年はバタバタしていて全然時間が取れず、援農には全く行けておりませんが、たくましいパートナーがいるので安心できるようになりました。畑を見てみると、既にサクランボが色づき始めており、今年の植物暦の早さを実感します。ただ雨不足で果皮が堅く、雨が降るとすぐに裂果してしまうので、あまり売り物にはならなさそう。
佐藤錦

ワインブドウは今のところ順調のようですが、このところぐずついた天気が多いので、これから花が咲いてくる時期が一番心配のようです。ハル農園の主力はやはりワインブドウなので、何とか乗り切ってほしいのです。
ワインブドウ

私が剪定の手伝いをしてきたウメは、ようやく感じよく稔ってきました。まだ実付きが悪いのですが、その分果実の大きさは立派なものになってきているので、いい梅干しが漬けられることでしょう。
ウメ

ヤギのしることずんだの母娘は、果樹園の上のクズが覆い繁った原野に繋がれていました。しっかりと繋いでおかないと、果樹の葉っぱが大好きなので、昨年はキイチゴなどが丸坊主に。親子のサイズがほとんど同じになったものの、いまだにおっぱいを飲んでいるので、しるこのお乳はまだ出ているそう。
ヤギ

大好物のサクランボの葉を持って近づくと、美味しそうにむしゃむしゃと食べ始めました。3年目で初めて手からエサを食べたと大喜び。なかなか気むずかしいのです。
しるこ

そんなに時間は取れなかったけれど、モモの摘果と袋掛けを手伝ってきました。モモは結実率がよすぎてブドウの房のようにたくさんの実が稔ってしまうので、20〜30cmに一個の下向きの実だけ残し、残りはすべて摘果してしまいます。あまりの数に、結構大変な作業になりました。稀にこんな合体した実もあり、このまま育ててみたい誘惑に駆られてしまいました。
桃尻

モモは果柄(かへい)が短いため、枝ごと袋をかけなければならないのでとても大変。たくさんはできなかったけれど、美味しいモモが食べられるようがんばってきました。
袋がけ

ワインブドウ体験講座

  • 2015.04.11 Saturday
  • 05:52
娘の小春が余市で農業に関わり始めて、早くも四年目に入りました。初めのうちはペースがつかめず、体が何度もパンクしてハラハラしてきましたが、ようやく畑の特性を把握し、様々な果樹たちも樹勢を手なずけたり見切ってしまうことにより、少しは先を見ながら仕事をすることができるようになってきたのかな。

ブドウ

そんなハル農園は、将来的には自家生産と自家醸造ができるワイナリーを目指すことになりました。とりあえず畑は今のところを借りて続けますが、パートナーが醸造の修行も始めることになり、いよいよ夢に向かってのスタートの年になりました。この3年の間に培った生産、加工、流通、販売、調理、消費まで、様々な方とのネットワークを生かし、本格的な『ワインブドウ体験講座』をスタートさせます。
講座1

これだけの講師の組み合わせができるのは、短期間のうちに地域や業界の方たちの信頼を得ることができた小春の努力の賜物でしょう。本当にありがたいことだと思います。
講座2

ただ店でワインを買って飲むよりも、一連の作業を体験し、栽培や加工、流通に関わる方達の話を聞くことにより、ワインの奥深さが感じられるようになることでしょう。全五回で長丁場の講座になりますが、得難い経験ができることと思います。興味のある方はぜひご参加下さい。

余市にも春が

  • 2015.04.06 Monday
  • 05:52
昨日は午後から余市に行ってました。まず向かったのが娘たちが住み始めた新居です。ハル農園からは車で5分ほどの果樹園の中にぽつんと立っている小さな家。丘の中腹なので眺めはよく、木木が芽吹いてくるとなかなかいい眺めになりそうです。上水道が来ていないので、沢水を引いているため、飲用水は運んでこなければならないのが大変だし、決して使いやすそうな家ではありませんが、二人でいろいろと工夫をしながら、楽しく暮らしているようです。
新居

そのあと今年初めてハル農園へ。先日の大雨のおかげで一気に雪融けが進み、圃場内の雪はほとんど消えていました。この場所を借りているエコビレッジ推進プロジェクトとは、この春から直接の関係はなくなりましたが、園地の管理は引き続き娘がやっていくことに。手をかけ始めてもう四年目、樹形の作り直しがだいたい目途が付いてきて、ある程度落ち着いて作業を進めていくことができそうです。私が手伝ってきたウメは、樹形の大幅手直しによって整った盃型がほぼ完成です。花芽もびっしり付いてきたので、たくさん実が成って欲しいものです。
ウメ

オウトウは、ハウスがなければほとんど実が採れないので、かなり本数を減らしてきています。管理がしやすいようにコンパクトになった木には、大きな花芽がかなりふくらんできており、今年の開花は早くなりそう。
オウトウ

ヤギの‘しるこ’と‘ずんだ’を預かっていただいているパートナーの実家に行くと、ハウスの中でぬくぬくと過ごした親子が元気に跳ね回っていました。あんなにかわいかったずんだも母親と同じくらいに成長し、角とあごひげが立派になっていました。
ヤギ

夜には余市駅前の徳島屋旅館で、両家の顔合わせの会食がありました。私はご両親とは初めてでしたが、ほとんど同時期に同じような生き方をしてきているので、全く違和感がありませんでした。すぐ近くに農園を構えていることでもあり、二人の生活を見守っていただくことができるので、本当に安心していられます。美味しい料理とお酒に話も弾み、皆既月食も雲の切れ間から見ることができたり、遅くまで楽しい時間を過ごすことができました。
徳島屋

夜はそのまま徳島屋さんに泊まり、朝いちで余市の町内を一回り巡ってきました。本町の一番奥にある漁港の近くでは、斜面にエゾエンゴサクの紫色のカーペットが広がっていました。日当たりのいい斜面では本当に早いです。
エゾエンゴサク

山裾の道を少し内陸側に進んでいくと、巨大なサイカチの記念樹がある余市神社がありました。その足元ではキクザキイチゲが満開に。
キクザキイチゲ

そのあたりをよく見ると、足の踏み場がないくらいキバナノアマナやエゾエンゴサクが生えていて、どんどん花が開いてきていました。あと一週間もすると、この斜面はスプリングエフェメラルに包まれるのです。今年は一気に春本番に突入しそうな気配。楽しみです〜
キバナノアマナ

余市町の広報誌

  • 2014.12.12 Friday
  • 05:54
一昨日の「緋の衣」の最後に、
余市もマッサンブームで、ウヰスキーばかりが脚光を浴びているけれど、余市発展の基礎を作った先人の苦闘の歴史をもっと掘り起こし、宣伝していくべきだと思いますがねぇ…
なんてえらそうなことを書いてしまいました。別の情報検索をしていて、面白い記事を発見したところ、なんと余市町のホームページの中に、町の広報誌「広報よいち」に10年以上も連載している「余市町でおこったこんな話」が、すべて掲載されていたのです。

広報よいち

そして今月12月号に掲載されているのが、なんと『緋の衣』でした。教育委員会の学芸員の方が連載を続けているとのことで、地味なことをこつこつと掘り下げていることに、あらためて深く敬意を表すると共に、ここでお詫び申し上げる次第です…m(__)m

なにせ124話もの話が掲載されているので、全部は読み切れていませんが、果実関係を見ていくとなかなか面白いです。最近はニッカ関係の話題も当然多く、マッサンを見ている方は、こちらの情報もチェックしていくと面白いかもしれません。

それにしても町のホームページ、職員の手作りかな?と思えるほどの素朴な作りで、普通必ず出てくる町長のあいさつも見当たらないのです。トップページもかなり分かりづらく、マッサンブームでアクセスも急増しているでしょうに、こんなんでいいのかなぁ…(^_^;)

ハル農園の冬支度

  • 2014.12.08 Monday
  • 06:00
ハル農園には6月に行ったきり、今年は全然手伝いに行けませんでした。まだ少し仕事が残っているというので、半年ぶりに余市に行って来ました。札幌は朝からかなりの吹雪模様。こんな日に行って仕事になるのかと思いながら雪雲を確認すると、これまでとは全く異なり、石狩湾から北西風に乗って南東方向に雪雲が刺さり込んでいたのです。なので石狩空知に雪が降っても、後志には全くないようでした。案の定、手稲を過ぎると青空になってきて、フゴッペトンネルを抜けて余市町に入ると、大荒れの海の向こうにシリパ岬のきれいな姿が見えてきました。
シリパ岬

小樽余市方面は既に40cm近い積雪があり、ハル農園も雪に埋もれています。NPOで建設していた「学び舎」は、6月には基礎工事の段階だったものが、先月にはきれいに竣工し、朝日を浴びて回りの景色になじんでいました。
学舎
このところの資材の高騰で、予定していたものがかなり切り詰めざるを得なかったようですが、それでも基本的な造作がしっかりしているので、内部はとても暖かいそう。日差しがあればストーブ焚かなくても全然平気なくらいだとか。
内部

家で溜め込んでいた野菜くずを持って、早速ヤギ小屋へ。現在はしること娘のずんだの2匹暮らし、大きさも母親くらいになっていました。新鮮な野菜が美味しいようで、しるこが独占してむしゃむしゃ食べていました。そのあたりはシビアなようです…
しるこ

かみさんたちは小春に連れられてブドウの剪定へ。私は家の回りの冬囲いを。大家さんが大事にしているサラサドウダンだけは、傷まないようにしっかりと囲っています。雪がどっさり載っていましたが、一時間ほどできれいに囲ってしまいました。
囲い前 囲い後

生食用のブドウ棚に行ってみると、棚おろし前の最後の剪定をやっているところでした。棚づくりだと、なにをするにも上を向かなければならないし、どうしても中腰の体勢になるので、なかなかきつい仕事だと思います。お昼までになんとか片付けてしまいました。
生食用ブドウ

午後からは雪でつぶれそうになっていたヤギ小屋の補強をしたり、家回りの雪かきを一通りやっておきました。このところ安静を申しつけられているので、すっかり体もなまってきたのか、このくらいの雪かきで音を上げそうになりました。最後はワイン用ブドウの剪定を少し手伝い、薄暗くなってきたので引き上げることに。ここまでやれば、あと数日の作業で冬支度も終わりそうです。
ワインブドウ

ワインブームで新規参入も多い世界ですが、この程度のボリュウムでも結構な作業量になります。延長が長いと、先が見えないので気が遠くなってしまいそうです。農家さんの仕事もなかなか大変だと、つくづく思ってしまいました。

ノンアルコールデザートワイン

  • 2014.11.28 Friday
  • 06:00
相変わらず体調がすぐれずげんなりしてます…この病気はそんなに劇的に治るわけではないので、腹をくくるしかないのですが、思いきり痛いとか、どうにも動かないとか、そんな症状でもないのに、チクチクピリピリと神経が反応するものですから、却って始末が悪いかもしれません。

ふと娘のブログを見てみたら、一ヶ月ぶりに更新されていました。このあたりは全く性格が似ておりません…(^。^;;
私もつきあいのある「ノーザンクロス」というまちづくりのコンサルがあります。そこが出している季刊誌『カイ』の取材を受けたので…と聞いていたので、本屋で立ち読みしてもなにも出ていないと思ったら、通販の方のみに折り込みでチラシが入っていたのでした。
なんと、「カイのおカイもの」第1号に、娘の作ったノンアルコールデザートワインが選ばれていたのです。早い話がぶどうジュースですが(そんなこと言ったら叱られそう…(>_<))、昨年はナイヤガラで作っていたのに、今年はワイン用ブドウで作っていたのですね。
ページ1
それにしても、360ml 箱入り/税込で2,800円という金額!既に30セットも売れているのですねぇ…ありがたいことです。
ページ2
ワイン用のブドウは、町内の某有名醸造家のところにも納めているので、来年にはハル農園産ブドウで世の中に出ていくことになりますが、そのようにしっかり付加価値のあるものを作っていかないと、小規模生産者は生きていけません。この価格の付け方を見ると、親よりもたくましく生き抜いて行けそうです。
ワインブドウ

考えてみれば、あと数年で私の歳の半分になってきます。私同様の回り道人生も、着実に前に進んでいるといえるのかもしれません。

大通BISSEマルシェ2014

  • 2014.09.19 Friday
  • 07:51
昨日今日と、大通BISSEマルシェ2014が行われています。

場所は地下ではなく、大通BISSEの地上部大通公園側だそうです。小春がやっているハル農園だけでなく、登地区などの様々な農園を代表しての出店になっています。昨日はあいにくの悪天候に苦戦したようですが、今日は開店の10時以降は少し回復してくるようです。(18時まで)

町中にお出かけの際には、是非覗いて見て下さい。もちろんこだわって作られた農作物ばかりなので、ぜひたくさんお買い求め下さいね〜

【余市ハル農園】
・アーリースチューベン
・キャンベル 計80kg!
・クッキングトマト(メサピコ・ドナルド・レベッカ)
・にんにくすだれ(余市紅ニンニク)
・ズッキーニ
・青唐辛子ほか
・ジャム各種(ごろごろモモジャム、モモとプルーン)
・ノンアルコールデザートワイン ナイアガラ2013 360ml/100ml

【Green Glim Field】
・トマト
・スイカ
・ニンジンほか

【余市のぼりんファーム】
・ナス
・カボチャ

【ガンダルフの庭】
・ジャム(ブルーベリー・ハスカップ)
・ぞうねぎ
・ナシ

【いわもと農園】
・プリムトマト
・三州生姜
・食用ホオズキ
・黒ニンニク
・ニンニクみそ
・トマトジュース

【百姓園】
・ドライトマト
・ドライプルーン
・トマトジャム

【山川農園】
・リンゴ きたかみ
・タマネギ イコル/カムイ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM