最後の作業

  • 2019.10.12 Saturday
  • 05:57
大雪森のガーデンでの作業も、いよいよ今年の最終日。2日連続でピーカンに晴れ渡り、ガーデンの手前で車を降りて、しばらく大雪の山並みに見とれていました。車に戻ろうとふと見上げると、ミクニのレストランが青空に浮かんでいて、今日のランチも最高の眺めを見ながら食べられるんだろうな。
ミクニ

ショップ前では、今年から苗ものを少し売るようにしているのですが、その中にワイヤープランツがありました。なにか白いものが付いていたのでよく見ると、なんと花が咲いて実が生っているのです。タデ科の植物にはどうしても見えませんが、花を見たのは初めてで、花も実も見たことがなく、なんとも不思議な多肉質の実なんですね。(訂正させていただきました…m(__)m)
ワイヤープランツ

昨日に引き続き、園路際に捨て石を据えながら、土壌改良をして植栽スペースを作っていきます。この辺りの石は、層雲峡と同じく柱状節理の玄武岩で、そのまま縦の線を強調して据えていくことにしました。
石組み

2時間弱で予定の範囲に石を据え、植物も少し植えておきました。園内のあちこちから苗を集めて来て、来年にはここも落ち着いた雰囲気になっていることと思います。
捨て石

道具を片付けていると、町内の幼稚園児たちが遊びの森にやって来てました。帰りに聞いてみると、たっくさんのドングリも拾えたとのことで、ポケットが大きく膨らみ、とっても嬉しそうでした。こうやって活用していただけるのはありがたいです。
幼稚園

お昼はカフェで舞茸カレーを。今年はこれが一番のお気に入りになりました。年間パスポートを買っているので、ドリンクがただになるため、また冷たい甘酒を。アルコールを飛ばしているため、運転者でも安心して飲めるのです。来年もこのサービスは継続してほしいですね。
カフェ

花の泉では、アーチの上でセンニンソウの花が咲いていました。センニンソウにしては少し開花が遅いように思いますが、一応この名前で入っているのです。間もなくここにも雪が舞うというのに、なんとものどかな風景でした。
センニンソウ

札幌ではとっくに終わっているオミナエシが、園内のあちこちでまだ普通に咲いています。多分本州の南の方で採取したタネから作られたものでしょう。私がいまだに松山弁が抜けないのと同じで、身に付いた性状はなかなか消えないものなんでしょうか。
オミナエシ

今年も現地でのいろんな悩みごとを解決しながら、できるだけ魅力あるガーデンになるよう、ガーデナーたちの後押しをしてきました。今年取り始めたアンケートを見ても、とても温かい言葉が多く、ガーデナーたちも励みになっているようだし、入園者数が昨年よりかなりアップしたことも本当に嬉しいことでした。来年も入園料は800円に据え置きすることや、上川駅からの無料シャトルバスの運行も決まっておりますので、来年もぜひ大雪森のガーデンをよろしくお願いいたします。

秋晴れのガーデン

  • 2019.10.11 Friday
  • 05:41
上川に来ています。前日の大荒れから一転、びっくりするほどの快晴になりました。今年初めて大雪の山並みを拝むことができましたが、山頂付近はもう真っ白に。層雲峡の紅葉も、そろそろ終わりになってきているそうです。
大雪山

ガーデンの木々は、ヤチダモやハリギリのようにすっかり裸になっているものもあるけれど、このアカイタヤは見事な黄葉に輝いていました。展葉時には真っ赤に色づいて目立つのですが、紅葉はせずにこのような真っ黄色になるのです。
アカイタヤ

まず取りかかったのはメコノプシスの植え替え。ここはグランディス種とベトニキフォリア種を植えているけれど、どちらかというとベトニキフォリアの方が生育がよく、株もしっかりしています。今年の夏は、30℃を越える日が何日かあったようで、グランディスの枯死が目立ちました。
メコノプシス

そして大問題なのは、今年補植する苗がないのです。いつもお願いしている生産者のところも、あの暑さのおかげで苗が夏を越えられず、株が全滅してしまいました。このため、ここで夏を越えられた株のうち、大株になったものを株分けして植え直すことにしました。
株分け

こういう事態は何年かに一度起きるので、滝野公園でも大株の株分けをやってきました。来年どのくらい開花できるかは未知数ですが、株は間違いなく育ってくるので、まさに祈る思いです。
植え直し

午後からは、毎年続けている園路脇の改造に手を付けました。条件が悪くて荒れたままのところが続いていたのを、毎年10mくらいずつ手直しをして補植してきており、あと少しのところまで来ました。町内にあるガレ場から手で運べるほどの石を集めてきてもらっていたので、それを石組みや捨て石にして基盤を造っていきました。この作業を熱心に見ている子は常連さんで、将来ガーデナーになる素質がありそうで楽しみです。
捨て石

前日は大荒れのため、来園者もほとんどなかったのですが、これだけの快晴になったので、結構たくさんの来園者がありました。ちょうど作業をしているところにハウチワカエデが数本あり、見事な紅葉をしているので、みなさんも私たちも見とれてしまいました。
紅葉

3時からは、上野さんも来園してガーデナーの反省会。来園者が昨年よりかなり上回っているのはうれしいことで、シャトルバスの運行や、お得感のある年間パスポートの増加なども後押ししたけれど、ガーデンの質をしっかり維持していたことが最大の要因だと思います。限られたマンパワーでやり遂げたのは、一人一人のがんばりのおかげ。本当にお疲れさまでした。引き続き町内で開かれたお疲れさん会でも、大いに盛り上がりました。
お疲れさん会

秋色の森のガーデン

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 05:46
陽殖園からの帰り道、当然大雪森のガーデンにも寄りました。地面が乾いていたので、こちらは雨は降らなかったようで。アプローチの入り口に出現した暖簾? フォトスポットとして使ってもらうのかな?
暖簾

アプローチに植えられているフウチソウとアサギリソウが、もりもりと育ってきました。これだけでは引き締まらないので、追加の植栽を予定しているのですが、こちらは予算の関係でぼちぼちになるかもしれません。斜面に植えたシマフススキの生育がばらついているのが残念です。
アプローチ

森の花園からガーデンに入ると、この時期のガーテンとしてはびっくりするほどの花があふれています。アンケートを見ると、こんなに花がたくさんあってビックリですという声ばかり。一度見てくれれば、秋のガーデンの素晴らしさが分かってくれるのですがねぇ…
花園入り口

ルドベキアの鮮やかな黄色は、やはりインパクトがあります。私自身は使わないけれど、使い方次第でこんなに周りを引き立たせることができる存在感はさすがです。
親しみの庭

ドレスガーデンツインは、間もなく終了してしまうので、最後のポーズを決めてもらいました。
しばらく見ていても、あんまりこれを使っている方がいないのです。やっぱり役目は終わってしまったのでしょうねぇ…(>_<)
ドレスガーデン

迎賓館の中は、この時期はやっぱりハギが主役です。リビングのキッチン脇の階段は、両側からミヤギノハギが垂れ下がって、今が一番見応えがあるかもしれません。ピンクのミヤギノハギが今いち株が大きくなっていませんが、絞り咲きの花が見事でした。
ハギコーナー

森の広場を取り囲む園路には、両側からハギが枝を伸ばして、なんとも気持ちのいい散策路になっています。白花は本物のミヤギノハギだけど、赤花はミヤギノハギモドキ。でも枝がしっかりしているので、この方がよかったのはケガの功名か。
ハギの小径

こんな園路を進むと癒やしの谷の方に導かれ、デッキからの眺望や足元の秋の野草類、大きく育ったグンネラなども見られます。
園路脇

再度掲載しますが、次週の21日(土)22日(日)は森のガーデンの「秋まつり」です。いろんなイベントやお楽しみが詰まっていますので、少し色付いてきた紅葉見物がてら、森のガーデンにも是非お越し下さい。

秋まつり

森のガーテンの秋

  • 2019.08.26 Monday
  • 05:47
大雪森のガーデンは、なんといっても秋が一番だと思います。・・・です!と断言できないのは、一番いい時期になかなか行くことができないからです…(>_<) スケジュールをそれに合わせればいいのですが、9月は集中講義があったり、なかなか予定が組めないのです。標高が高いので、他のガーデンより生育が遅れてしまうけれど、その分暑さや乾燥で傷むこともなく、これからが花のピークを迎えてきます。

ガーデンに入ると、あれ?なんか草丈が低くない?と聞いてしまいました。春先に続いた乾燥で、ちょうど生育のスタートにブレーキがかかってしまったようで、例年より一回り低く花が咲いているようです。
森の花園

ドレスガーデンツインも、来年はやらないことが決まっているので、これが見納めになります。昨年足元を整理して植え直しているので、ホスタやトバラがすっきりしたラインを作ってくれています。跡地はどうするのでしょうか?
ドレスガーデン

迎賓館ではレンゲショウマが咲き始めており、やはり人気があるそうです。レラモシリのアナベルは、かつてあんなに咲かなくて、これは「観葉アナベルか!捨ててしまうぞ!」と脅しつけたらようやく咲き始め、閉園までずっと咲き続けるようになりました。
カムイミンタラ

森のリビングでは、珍しいきのこを発見。まるでゆで卵を置いたようなタマゴタケです。実物を見たのは初めてで、ちょっと感激。まるで毒キノコですが、美味しいキノコだそうです。Wikiによると「鮮美な色調を有することから、日本では有毒キノコのように誤解されがちだが、実は無毒であり優秀な食用キノコとして人気がある。(中略)味は強いうま味があり、フライや炊き込みご飯、オムレツなどによく合う。殻を破る前の幼菌は生食されることもある。 」とありました。
タマゴタケ

新たな見どころにと、試験的にヤマアジサイを20品種導入しましたが、1品種だけだめになっただけで、残りはぐんぐん成長して花が咲いたものもあります。あんなに弱々しい苗だったのに、かなりびっくり。やはり山土のお陰だと思います。来月はこれをあちこちに植え込む予定です。
ヤマアジサイ

癒やしの谷のデッキから隣の畑を見ると、なんとも美しい眺めに溜息が出そう。実は視界を妨げていた木を1本伐採してもらいました。こうなると、左のシラカンバの枝もちょっと邪魔になるので、冬の前に落としてもらうことにしました。来年からは最高の眺めが楽しめますよ〜
癒やしの谷

私の行くところに必ず「萩」あり!秋はなんといってもハギの季節。アプローチの斜面には本物のミヤギノハギを植えましたが、最初に入れた奥の方のハギは、‘ミヤギノハギモドキ’。でも園路脇だとこの方が地面に着かなくてちょうどよかったのです。既にチラチラ咲き始めているので、9月半ばがハギの見ごろになりそうです。
ハギの海

9月21日22日は、「秋まつり」があります。いろんな店が出ているし、恒例の新ジャガ詰め放題もありますよ。上川駅からの無料シャトルバスも運行されているので、ぜひお出かけ下さいませ♪
秋まつり

雨雲に追われて

  • 2019.08.24 Saturday
  • 05:49
昨日は大雪森のガーデンへ。札幌はパラパラ程度の雨でしたが、岩見沢から滝川くらいまでは、バケツをひっくり返したような土砂降りで、ハンドルをしっかり持たなければ危ないので疲れました。ところがトンネルを抜けて上川に入ると、路面が乾いていて、雨雲を追い越した様子。結局昼過ぎまでなんとか雨に当たらず、ラッキーでした。

ガーデンに着くと建物の電気がすべて点いているので、曇りだから点けているのかと思ったら、オープンしていることをはっきりさせるために、すべて点けることになったのだそう。ガーデナーや職員もすべて同じシャツを着ていて、そういうところにはこだわるんだ・・・
エントランス

ショップ前の花壇に植えられたサンジャクバーベナは、どう見ても五尺はありそうです。もう少しコンパクトで、本物の三尺に収まる品種はないのかな?
五尺バーベナ

気になっていたメコノプシスのところに行くと、やはり今年植えた開花株はほとんどが腐っていました。滝野公園もそうですが、最近の株は夏を越せないものばかり。苗を作っているところが、毎年買ってもらうよう、1年性に変えたのでは?と滝野公園でも言っているのですが、一体何が原因なんでしょうね。ここでも32℃になった日があったそうで、これだけ暑い夏が続くようなら、一年草と考えて植えていくしかないのかもしれません。
メコノプシス

迎賓館の園路際で、見苦しいままになっている箇所を毎年手直ししてきていますが、昨年手をかけたところが、思いのほかよくなっているので嬉しくなりました。多分これは、ヴィラの新築工事の際に基礎掘りして出てきた山土を堆積してもらい、少しずつ使ってきているのですが、この土のせいだと思います。この赤土もあと少ししかないので、今年で使い切ってしまいそう…(>_<)
改修箇所

あと残るはこの反対側の部分だけなので、10月に泊まりがけで来る時に、ここをやっつけることにしました。どう料理するか、現場施工が楽しみです。
今年の対象地

今年の春に遊びの森に植えたアナベルは、予想をはるかに上回る成長ぶりで、既にたくさんの花を咲かせていました。これなら来年には新たな見どころになりそうです。秋には球根も植え込むので、春からずっと楽しめる空間を目指しています。
アナベル

大雪の山並みはずっと雲の中でしたが、お昼に一瞬だけ愛別岳が顔を覗かせました。数分で隠れてしまったので、雨雲の移動が激しかったのでしょう。案の定、午後から程なくして雨が降り始めてしまいました。
愛別岳

午後いちには旭川から、婦人消防クラブの団体さんがバス2台80名も来園されました。せっかく来ていただいたので、ガーデナー総出でお迎えしてご案内しましたが、みなさんのお目当ては数日前に新聞に掲載されてグンネラでした。足元がぐちゃぐちゃなので、写真が撮しやすいように株元に板を敷いていると、さっそくのお客様が。2mを超えるほどに成長して、滝野より大きくなっていました。
グンネラ

ブラジル原産の植物で、日光の東大植物園の分園では、雪が積もらないので冬越しが大変だと言っていたけれど、こんな北国でも厚い雪の布団があれば冬を越せるのですから本当にありがたいです。世界でも最北のグンネラかもしれません。

見どころづくり

  • 2019.07.14 Sunday
  • 05:45
私が植栽を担当した『森の迎賓館』では、この時期はメコノプシスが目玉になっています。グランディスはほとんど終わっていましたが、ベトニキフォリアの方は今がピークでしょうか。やはり色が淡いのと、花がやや小振りなので、迫力には少し欠けるところがあります。
ベト

現在の植栽地はかなり狭いので、もう少し広いところに植栽地を広げようと、昨秋奥の方の森のリビングに試験植栽地を造りました。植栽した株をそのまま開花させると、ここでも夏を越せないことが分かったので、40数株植栽したものを「心を鬼にして」半分花茎をカットしてもらいました。これで無事に越夏できれば大株になってくれるのですが。
試験植栽地

この試験植栽地の株は、今までの場所より草丈が倍になり、びっくりするほど大きな花が咲いていました。しかも色が真っ青で、本当に見事な花です。入れ替えた土がよかったのかなぁ。ヴィラを増築した時に、基礎掘りした穴の土がものすごくよかったので、ダンプ3台ほど堆積してもらいました。あんな赤土はなかなか手に入らないので、もっと取っておけばよかった…(>_<)
グランディス

この場所なら広々しているので、ある程度団体できても対応可能ですが、右の段から飛び降りる人が続出しているとか。少し日照がきつそうだけれど、標高700m近い環境に期待して、この右手にも花壇を伸ばす予定です。それにしても芝生がすっかり擦り切れてしまうほど、たくさんの方に見ていただいたようです。
拡張予定

もう一つの目玉として、一昨年植物園から分けていただいた「グンネラ」は、二冬を越して株がぐんと大きくなりました。花は咲かなかったものの、かなりの存在感になってきたので、またマスコミに投げてみようと思います。このご夫婦は目ざとく見つけて、「ほら、やっぱりフキだべや。オニブキと書いてるわ」というので、実はフキとは全然違う仲間なんですよ〜と言っても納得していただけませんでした。みなさん「これも食べられるんですか?」と聞くそうです。別の種は原住民が食用にするとあったけれど、あまり美味しそうな葉柄ではありませんが。
グンネラ

森の広場の植物も、ようやく昨年くらいから本来の姿になってきました。ホスタ‘サガエ’とアナベルの反復植栽でラインを作り、その後ろはシマフススキとカラマグロスティス‘カールフォースター’が植えられています。実はそのさらに後ろにノリウツギとサラサウツギも植えているのですが、こちらはいまだに大きくなってくれません。ここの植え替えをやったのが初年度の秋なので、もう6年も前になりました。
森の広場

新たな見どころとして、昨年の秋にヤマアジサイを20品種導入し、ガーデンの隅の方に植えておきました。本州ものの苗は導入時に気候が合わないので、かなり傷むことを覚悟していたのですが、枯れたのは1品種だけで、あとはみんな元気に育っていました。この調子なら、来年にはかなりの株になってくれそうです。
ヤマアジサイ

フウチソウが好きなものだから、あちこちにたくさん植えているけれど、その中に白斑の株を見つけて、層雲峡の滝に因んで‘流星’と名付けています。アプローチにもかなり大株になったものがあり、これを増殖して黄斑とは違う使い方をしてみようかな。
フウチソウ

今年の森のガーデン

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 05:44
先日13日の朝日新聞に、珍しく大雪森のガーデンの記事が写真付きで載っていました。なんでわざわざ取材に行ったのかな?札幌の町中では、スイセンどころか、チューリップさえ盛りを過ぎているというのに、森のガーデンではようやくスイセンが咲き始め。この時間差は面白いけれど、もう見飽きたからいいわ…となってしまうのが残念なところです。ここには書いてありませんが、17日までの無料期間に行くと、年間パスポートが500円引きで購入できて、大変お得なんです。
朝日新聞

ガーデンに通い始めてもう7年目。ガーデナーもすっかり代わってしまったけれど、しっかりと管理されたガーデンは、年々よくなっていると思っています。ガーデンショーの時に見たガーデンとは、すっかり別物とも言えるのではないでしょうか。
ガーデン

入園者数が苦戦している理由の一つが、駅からの二次交通がないことでした。毎年要望を出していたのですが、ようやくこの6月から、シャトルバスが運行されることになりました。実はお客様だけでなく、ガーデン管理に大きな役割を担っている町民ボランティアのみなさんが、車がないと行きにくくて…と、年々少なくなっていることも、大きな理由の一つに。シャトルバスのお陰で、今年はかなり登録数が増えているそうです。

シャトルバス

札幌や旭川からの列車に合わせた運行計画になっていますが、網走方面からの接続もある程度可能です。高速バスとの接続までは考慮されていないようで、少し待ち時間ができてしまうようですが、運用していくことによって調整していく必要もあるでしょう。私だって往復400キロ運転するより、これでのんびり行き来したいです〜
運行計画

年間パスポートは、通常1,500円なので、2回来園すれば元が取れる計算です。しかもカフェで年パスを提示すれば、350円相当のドリンクがサービスされるので、絶対にお得なんです、今年オープンする「遊びの森」は、はたしてどんな雰囲気になるのでしょうか。ぎりぎりまで工事が続くようです。
マップ

今年のリーフレットは、なんと24ページの冊子になっており、ガーデンの案内や施設の紹介だけでなく、花暦まで付いている充実振り。週末はボランティアガイドも設定されているので、ぜひ足を運んでいただきたいです〜

花暦

凍える寒さ

  • 2019.05.11 Saturday
  • 05:54
昨日は朝のうち日差しがあって暖かかったけれど、昼前くらいから風が冷たくて、体感温度は限りなく零下に近づいていました。今はまだ無料期間だからいいけれど、18日からは有料開園するので、いい加減暖かくなってほしいです。

入り口脇の一段高いところに、ズミが植えられているけれど、一度も剪定をしたことがないので枝が暴れ放題。昨年はほとんど花も咲かず、なんとかしてほしいというので、みんなで剪定することにしました。
ズミ

まずはズミの花の付き方や、枝の出方、整枝の目標樹形などを確認したあと、みなさんにハサミを入れてもらいました。言われたばかりで、すぐには剪定できるものではありませんが、ハサミを入れることによってどんな変化が起きているのかは、みなさん納得してくれたようです。
剪定

2時間ばかりですべての木の整枝・剪定が完了し、ついでにあたりに生えている稚樹などの整理も済ませて、この一角がとてもすっきりしました。この手入れによって花が咲いてくるのは2年後になりますが、また楽しみが増えてよかったです。
すっきり

予定より早く片付いたので、近くで見つけた野草が見事なところに連れて行ってもらうことに。台地の麓の湿ったところに、一面ミズバショウがちょうど見ごろになっていました。自然豊かな地域なので、この程度の群落はきっとあちこちにあるのでしょう。
ミズバショウ

でも近づいてよく見て行くと、星置緑地などで咲いている花のサイズの5倍近くはありそうな、巨大な花なのです。よほど肥沃な土壌に生えているのでしょう。うらやましく感じてしまいました。
巨大な花

別のところでは、沢筋に無数のエゾノリュウキンカが。山菜取りなどで食べることはあるらしいけれど、これだけ至る所に生えていれば、取り尽くされたりすることもないのでしょう。クマのすみかでもあるので、やたら人が入らないのかもしれません。
ヤチブキ

ガーデンに戻るとちょうどお昼だったので、カフェに食べに行きました。その前に売店で年間パスポートを購入。今なら500円引きの1,000円で購入できるし、カフェで提示すると毎回ワンドリンク(350円相当)サービスになるので大変お得なのです。体が冷え切っていたので、甘酒をいただくと、さすが「神川」の酒粕から作っているので、芳醇濃厚な味わいでした。もちろん町内でしか買えない「神川」もゲットしました〜♪
昼食

午後からは再度園内で、次回までにやっておいてほしいことを確認していきました。昨年秋に購入したヤマアジサイの苗の、試験植栽の配置も設定。ヤマアジサイは品種によって耐寒性や耐雪性が大きく異なっているので、とりあえず入手できるものを植え込んでおき、2〜3年様子を見ることに。新たな見どころになってくれるとよいのですが。
ヤマアジサイ

桜前線を追い越して

  • 2019.05.10 Friday
  • 05:34
昨日から大雪森のガーデンに来ています。なかなか縁が切れないものです… 旭川、比布あたりはエゾヤマザクラが満開になっていましたが、上川に着いてみるとまだ堅いつぼみ。いつの間にやら桜前線を追い越してしまったようです。釧路が最後の開花との報道があったけれど、このあたりはずっと低温が続き、昨日も雪が舞っていたそうです。広場の脇に山のように残った雪は、いつになったら融けてくれるのでしょうか。
雪の山

ガーデンは雪解けの遅い場所にあるので、17日までは無料開放されています。開放エリアは森の花園と、森の迎賓館の入り口部分のみ。雪解けの遅い迎賓館では、唯一カタクリが満開になっていました。積雪は例年より少なかったものの、気温が全然上がらないので、開花は例年よりも遅れ気味のようです。
カタクリ

ガーデンショーをやった奥の部分が、今年から遊びの森として開放されるので、少しは修景しなければなりません。札幌だとアナベルはあっという間に花が終わってしまうけれど、ここだと閉園までずっと咲き続けてくれるので、アナベルを群植することに。位置出しをしてもらっていたので、現地を当たりながら修正していきました。
遊びの森

GW期間中は、結構たくさんの来園者があったそうですが、さすがに終わってからはちらほらと来る程度。お昼をカフェに食べに行くと、貸し切り状態になっていました。またあとでお知らせしますが、6月からはJR上川駅とガーデンを結ぶシャトルバスが運行されるので、ガーデンに行きやすくなります。年々よくなっていくガーデンを是非見ていただきたいです。
舞茸カレー

昨日朝は零下まで冷え込んだそうですが、昼過ぎまでは日差しも暖かく、気持ちのよい天気でした。クロッカスやエランチスは終わっていて、チオノドクサ、シラー・シビリカ、スイセン‘ティトゥティトゥ’などが花盛り。18日からの有料開園頃には、スイセンやチューリップが満開になっていることでしょう。桜の花見もできるかもしれません。
スイセン

今年際立っていたのが、ネズミの食害で、特にカツラがひどくやられていました。花の泉の生垣も、この分では半分くらい枯れてしまわないか心配です。ウサギの食害も例年通りなので、キツネさんにがんばってもらわないといけませんねぇ…
野鼠害

町内にできた清酒「神川」は、国道脇に直売所もできたけれど、今年も順調に売れていたようです。森のガーデン専用ラベル付きの純米大吟醸も新たに販売されていました。でも四合瓶で4,000円と、結構なお値段でした…(>_<)
神川

3時過ぎに雷が鳴って少し雨がぱらついたものの、その後また青空に戻りました。後で聞くと町中は大粒のあられがドッと降っていたそうです。帰りがけに見た大雪の山並みは、頂上付近はかなりの強風に乗って吹雪模様。今日の最高気温は上川で8℃なので、ガーデンはもっと寒そうです。まだまだ不安定な天気が続くのでしょうか。
大雪山

秋晴れの森のガーデン

  • 2018.10.13 Saturday
  • 06:07
旅館で朝ご飯食べている間も、ずっと雨が降っていたけれど、ガーデンに向かう頃には雨が上がってくれました。午前中は曇りマークで午後からはまた雨の予報。作業は午前中だけだったので、何とかもってくれそうでした。真っ先に向かったのは、レストランの上で行ってきた試験植栽地。コキアが真っ赤に色づき、コスモスなどもまだ咲いていましたが、ヒマワリはほとんどシカに食べられてしまい、アサガオも数日前の水霜で茶色く融けてしまっていました。さて来年どれを使うか、思案のしどころです。
コキア

ガーデン入口の植栽地は、クラウンベッチをきれいに刈り取ったので、カラーリーフの低木がすっきりと並んでいました。あまり大きくせずに、このサイズで維持していこうと思います。
カラーリーフ

高山植物を植えている大雪な庭では、うしろに植えている白露錦やジューンベリーなどが大きくなりすぎて、日陰になってしまいました。白露錦は切り詰め剪定ができるので、思い切ってカットしてもらうことに。
白露錦の剪定

このくらい切り詰めれば、樹高を2/3に抑えながら、真っ白な新芽を楽しむことができるでしょう。
剪定後

園内を歩きながら、最後のチェックをしていくと、ミズナラの木に絡みついているイワガラミが、淡いクリーム色に白葉していました。ツルアジサイは黄葉するので、こんな見分け方もできるのですね。初めて気がつきました。
イワガラミ

森の迎賓館に行くと、シンボルのダケカンバが日差しを浴びて輝いています。本当にだけカンバの樹姿は神々しくさえ感じてしまいます。
ダケカンバ

ほんのわずかな時間ながら、真っ青な青空が広がり、さあっと風が吹くと、木の葉が無数に流れていくのを、しばしみんなで楽しんでました。この時期ならではの楽しみの一つです。来週末にはぐんと気温も下がってきそうなので、本当に素晴らしい一瞬を味わえたのでしょう。
青空

時間になったので、森の花園に戻っていくと、上野さんが見えられていました。まだまだ咲いている花を見て、この時期こんなに花が咲いているガーデンなんて、絶対にほかにはないと断言。来園されている方に声をかけると、たいていこんなに花が見られるなんてびっくりでした〜と言われます。そういうよさを、もっともっとアピールしていかなければならないのですね。
花園

ガーデンは日曜で閉園し、草花の刈り取りや、冬囲いや、球根植えやらと、まだまだ寒さの中で作業は続きます。午後からは役場で関係者一同が集まり、今年一年の反省会を。来園者数は苦戦したけれど、ガーデンに質はしっかり維持していけたので、来年も気を引き締めてがんばりたいと思いました。本当にガーデンのみなさん、お疲れ様でした〜

最後の作業

  • 2018.10.12 Friday
  • 05:59
昨日から、大雪森のガーデンに来ています。この時期にしてはびっくりするほどの暖かさ。それでも紅葉は着々と進み、既に丸裸の木もあるけれど、真っ黄色に色づいているアカイタヤや、真っ赤になるハウチワカエデなどが見事でした。黄葉

最初の仕事はメコノプシスの植え込み。昨年植えた株がうまく夏を越せず、ほとんど枯れてしまいました。また補植しなければならないけれど、2年前は生産者も苗を枯らして手に入らなかったことがあるので、冷や冷やしていました。9月に入ってから、苗が無事に夏越しできたとの連絡をいただき、ホッと。とてもいい株が届いていました。
苗

メコノプシスは、二年以上経った大株になると、株が小さな芽に細かく分かれてしまい、花が上がらなくなります。滝野公園ではそれを株分けして植え替えてみると、ちゃんとした大株に育って花を咲かせることができたので、5〜6芽以上のものは、株分けしてやりました。
株分け前 株分け後

ここではベトニキフォリア種が意外と成績がいいので、こちらの苗もさらに追加し、メインのグランティス種の両側に新たに植え込みました。たくさんの花が見られるよう、慎重に育てていかなければなりません。
完了

現在の場所だけでは、もう拡張の余地がないため、新たに森のリビングの一角にもメコノプシスの花壇を作りました。そちらで作業をしていると、町内の方が散策しながら、「この時期に来たことなかったけど、予想外にいいのでびっくりしたよ〜」と嬉しいお言葉。町の迎賓館として造られたガーデンなので、本当はもっともっと地元の方に来てほしいと願っています。
黄葉

午後からは、ドレスガーデンの前の模様替え。来年以降も残すというので、ドレス回りがぐちゃぐちゃになっていたものを、いったん抜き取って整理することにしました。突貫工事で造ったものは、いろんな所にしわ寄せが残っているものです。
抜き取り

あちこちに散らばっていたホスタ‘サガエ’を景観の主役にするため、大株は株分けして数を確保しました。ガーデナー達がホスタの株分けをやったことがなかったので、分割する手順を覚えてもらうと、みなさん手際よく、さくさくと分けてくれました。
ギボウシ

‘サガエ’でドレスの裾を造り。その合間にカラーリーフのトバラや、ネペタなどを植え込んで、骨格ができました。来年はさらにその間に花物を植え込んで、一段と見栄えがよくなると思います。
植え込み

今年は、夏のいい時期にひどい天候不順に見舞われて、どこのガーデンも入り混みがガクンと落ち込んでしまいました。秋こそと思っていた矢先には,台風被害や地震、そしてブラックアウトに見舞われ、さらに追い打ちがかかってしまったのです。過ぎたことはもう忘れて、どこのガーデンも来年に向けてせっせと準備していることでしょう。来年は一段と魅力が増しているはずなので、ガーデン巡りに来ていただきたいと願っています。

手直し工事

  • 2018.09.29 Saturday
  • 05:54
今回上川に泊まり込みでやって来たのは、園内の手直しミニ工事のためです。この時期に、毎年あちこちの不具合を修正する手直し工事をやってきており、メコノプシスの導入やロックガーデンの改修、潤いの森の手直しなどをやってきました。今年は主園路脇に残る未植栽区間の改修をやることに。森の迎賓館は広いので、隅から隅まで植栽している訳ではないけれど、いくつかの箇所で見苦しいところがありました。
着手前

景観が単調にならないよう、捨石を打つことにしましたが、人力で運べるサイズなので、ちょっと物足りないのは仕方ありません。ガーデンショー跡地から、形のいい石を集めてくれていました。捨石を打つなんて何年振りだろうと、わくわくしながら作業を進め、初日の夕方までに完成です。
捨て石設置

昨日は朝から、園内から集めてくれていた草花を植え込んでいきました。前日に土壌改良まで済ませていたので、苗の植え込みは淡々と進みます。朝のうちは、層雲峡に宿泊した音更からの団体さんや、外国からのお客さんも数組来園し、ちょっとした賑わい振り。まだ紅葉は始まったばかりですが、秋の花たちをのんびり楽しんで行かれました。
苗植え

ここには既存のヤマアジサイがいい花を咲かせるようになってきたので、その雰囲気を壊さないよう、おとなしめの在来種ばかり植え込んであります。まだまだすき間があるので、2,3年かけて少しずつ完成させることになるでしょう。
完成

苗が少し余ったので、すぐ近くの昨年手直しをしたところに足してやりました。それぞれの環境に合った植物を選んでいるので、特色のある植栽景観になればと思っています。
補植

ちょうどお昼までに完成し、いつもの緑丘カフェで昼食を。来園者が低迷しているので、少しでも売上げに貢献してあげなければ。初日は舞茸カレーを、昨日はチーズカレーをいただきました。私は小食なのでちょうどいいのですが、普通の男性なら少し物足りないかも。
カレー

作業場所がちょうどカムイミンタラの横だったので、みなさんここに来ると、いろんな角度からカメラを向けているのがよく分かりました。アナベルがまだ咲き続けているので、このまま閉園までもつのではと思うくらいです。来年はさらにきれいに見えるよう、少し補植をする予定です。
カムイミンタラ

最後に園内のチェックを一回りしてきましたが、まだハギが見ごろで、各種のハギがあちこちからふんわりと花を咲かせています。既に雪虫を見かけましたが、霜の降りるまでの間、まだまだ見ごろが続きますので、ぜひご覧になっていただきたいです〜
ハギ

秋色の森のガーデン

  • 2018.09.28 Friday
  • 06:00
昨日から大雪森のガーデンに来ています。途中の高速法面で目立っていたのがアスター類。江別の切り通しでは、赤紫色のネバリノギクが、岩見沢から北では青紫色のユウゼンギクが目立っています。道内への侵入の順番からそんな分布になっているのでしょう。事務所前の花壇でも、アスターやシュウメイギクが目立っていました。
アスター類

レストランへの階段脇に植えられているクラウンベッチは、夏からずっと花を咲かせ続けています。優秀なカバープランツには間違いないけれど、あまりにも生育がよすぎて、回りの植物を飲み込んでしまうのが困りもの。ススキの‘モーニングライト’がほとんど下敷きになっていました。
クラウンベッチ

一番気になっていた試験植栽地へ。手前のフラワーミックスは、ばらつきはあるものの、それなりの花を咲かせていました。他の苗ものと一緒に施工したので、播種時期が少し遅れたため生育が遅くなったけれど、それなりにきれいな花畑は作れそうです。
ミックス

一番期待していたヒマワリの新品種‘サンフィニティ’。あらら…無残に花もつぼみもエゾシカにすべて食べられていました。ここ数日の犯行だとか。シカやウサギが跋扈する場所では、花畑も本当に難しい。電牧が不可欠なようです。
ヒマワリ

私的には一番期待していた、西洋アサガオの‘ヘブンリーブルー’。残念ながら一面真っ青な花畑にはなりませんでした。つぼみはびっしりと無数にあるけれど、生育期間を考えるとまもなく霜が降りるので、とても間に合いそうにありません。やはり当地の気候には向いていないようです。残念…
アサガオ

調子よく育っていたコキアも、なんだか小さくなっていると思ったら、上の方にびっしり付いているタネの部分がきれいに食べられていたのです。「畑のキャビア」といわれる‘とんぶり’だけあって、シカにとっても珍味なんでしょうかねぇ。コキアの株を踏みつけたり食いちぎったり、乱暴狼藉の限りでした。
コキア

ガーデンに戻り、駐車場のアプローチをチェック。法面の上に植えられているミヤギノハギがようやく本来の姿になってきました。ただ、赤紫の株が弱々しく、白ばかりが目立ちます。法面全体も、草刈りしなくてもいいようにクラウンベッチを植えており、かなりカバーされてきました。足元のフウチソウとアサギリソウによって、清々しい風景になってきたようです。
アプローチ

来園者はご多分に漏れず寒々しい限り。地震の後ガクッと減っていた外国からのお客さんは、昨日は香港からの団体がバスでやってきたし、個人客もそれなりに来ていました。言葉からすると本州方面からのお客はそれなりに来ているけれど、やはり道内からのお客がねぇ…いろいろなことを考えないといけないようです。
園内

静かな森のガーデン

  • 2018.08.25 Saturday
  • 05:10
昨日は大雪森のガーデンへ。一月振りだけど、その間に天候は激変したし、私も夏風邪こじらせてげっそり痩せてしまったし、その間メチャいろいろあったように思います。北国の夏はお盆までと、ホントにそうなっているのか?不安な気持ちでたどり着きました。ガーデンは、いつも通りゆったりと美しい姿で迎えてくれたけれど、肝心のお客さんの姿が見当たりません。
森の花園

森の花園から迎賓館の方に、ガーデナーたちとあれこれチェックしながら歩いていくうちに、すれ違ったのは外国からのお客さんが二組だけ。今年は天気に振り回された面は大きいけれど、これだけいい状態のガーデンを見ていただけないなんて、本当に悲しくなります。迎賓館入り口のレラモシリにある展望コーナー。ここのアナベルが何年も全然咲かないので、お前ら観葉アジサイか!来年咲かなかったら、抜いて捨てるからな!と啖呵を切ったら、ようやく咲くようになり、今年は今までで一番の花着きになりました。
レラモシリ

森の広場の両脇にも、ホスタの‘サガエ’やグラスなどを反復植栽しており、ここもなかなか花が咲かなかったけれど、今年はバッチリたくさんの花が咲いてくれました。アナベルが、これから見ごろなのが森のガーデンなのです。
広場

かつてガーデンショーの開かれたエリアの一部に、遊びの森のコーナーが整備中。秋には遊具が設置されるので、来年からが本格オープンなんだとか。こんな特大サイズのテントが設置されていました。森の木琴も、今月中は公開されています。
遊びの森

お昼は、カフェの緑丘茶房でいただきました。来園者が苦戦しているということは、売店やカフェもその影響をもろに受けているので、少しでも協力しなくては。この舞茸カレーは本当に美味しいんだけれど、私的には、オプションでいいからもう少し辛くしてくれるといいんだけどなぁ…(^^;)
カフェ

午後からは、丘の上でやっている試験植栽地に。花期が長いというヒマワリ‘サンフィニティ’が咲き始めました。これがあとどのくらい咲いてくれるのか?それが楽しみです。手前は西洋アサガオ‘ヘブンリーブルー’。キュウリネットに絡ませていたけれど、重さで地面に着いてしまいました。花芽は無数に着いているので、これからここが真っ青になってくる予定です。
試験植栽

コキアの小さな苗が、こんなに大きくなっているのにびっくり。滝野公園のものより一回り以上大きく育っています。土を起こして堆肥を入れただけなのに、やせ地に強い植物は全然平気なんです。もう一回り大きくなって、紅葉するまで楽しめそうです〜
コキア

最後に、来月泊まり込みで施工する現場の確認を。毎年少しずつ、見どころの少ない場所を改造して手直しを進めています。ここは2年前に植え替えを行ったところですが、この続きを今年はやることにしました。お金をかけないで、魅力アップをどれだけ進められるかも、知恵の見せ所です。
今年の施工

少ないけれど、来ていただいたお客様からは、ここが一番よかった!とありがたいお言葉をたくさんいただいているとか。来年は、年間パスポートを買って通いたいと言っていただいた方もいたそうです。なかなか行きにくい場所ではありますが、ガーデンの質はバッチリ保っているし、季節の遅いところだけに、これからまさに一番いい状態をお見せできますので、ぜひご覧になっていただきたいです〜

まだメコノプシス

  • 2018.07.14 Saturday
  • 06:05
昨日は森のガーデンへ。今週は松前往復で700キロ、上川往復で400キロ、さすがに疲れました… しかも、スカッと晴れないで、雨ばかり。本当に気持ちが晴れないです…

とはいえ、植物はたっぷり雨が降っているお陰で、信じられないくらいの育ちのよさ。強い日差しがないお陰で、斑入りものやカラーリーフも葉焼けしないことから、アプローチの植え込みがとてもいい感じになっています。ただ、足元の裸地隠しに植えたクラウンベッチがもりもりと育ちすぎ、飲み込まれてしまっている株が幾つもありました。これはちょっと困ります。
アプローチ

ガーデンに入ったところの、ショップ脇に植えられているギボウシ類やシダ類も、こんなに大きくなっちゃって!と、びっくりするほどの育ち方でした。これだけ見事な ‘サガエ’の株は、存在感抜群です。
ショップ横

まずは気になっていた試験植栽地へ。コキアはそれなりに育ってきていましたが、サルビアやヒマワリ、セイヨウアサガオの ‘ヘブンリーブルー’は、日照不足で大苦戦。一日も早く強い日差しが戻ってほしいです。地べたに這わせるわけにはいかないので、キュウリネットを苦労して張っていきました。
試験植栽地

これをやろうとしたのは、この写真を偶然見つけたことからひらめいたのです。長野県のある村で、タネ取り用に作っているアサガオ畑ですが、どうせなら真ん中に立ってドレスガーデンのようにできないかと。これから一ヶ月でどれだけツルを伸ばせることができるかで、秋の花数が決まってしまいます。祈るような思いです。
ヘブンリーブルー

なんとか昼までに完成し、カフェ「緑丘茶房」で昼食を。今年は悪天候続きで、来園者もかなり苦戦しているそう。こればかりは打つ手がありませんからねぇ。お昼は舞茸カレーにしましたが、軽く炙っているせいか、とても香りがでて美味しかったです。
舞茸カレー

午後からは早速メコノプシスのところに。グランディスもまだ少し花が残っていましたが、ほとんどが昨年秋に植えた株なので、まだ株に力がなく、来年以降のお楽しみという感じ。それよりも何よりも、ベトニキフォリアの株がびっくりするほどの大株に育ち、次々とたくさんの花を咲かせていました。3年目の株なので、花茎もたくさん伸ばしており、花数もびっしりで本当に見事。ピンク色の株も2株あり、本当に感激ものでした。
メコノプシス

メコノプシスはまだまだ増やす予定ですが、今の場所ではもう拡張の余地がなく、森のリビングの一角に新しいベッドを用意する予定です。今年は3株を試験植栽してありますが、うまく夏越し出きれば、ここに新しい群落を作る予定です。
新規植栽予定地

森の広場の植栽も、ようやく本来の姿になってきました。業者が植えたものがあまりにも生育が悪く、図面通りにもなっていないので、通い始めた初年度にすべて掘り上げて植え直しをやったものです。苦労しましたが、ようやくこんな姿になってきたのは嬉しいもの。昔のページを見ていると、この時のガーデナーは一人も残っていないのかと、時間の経過を感じてしまいました〜(>_<)
森の広場

うるおいの森に植えたグンネラは、株の周りにちょろちょろ水が流れるようにしているので、株がグンと大きくなりました。来年はこれも売りにしていこうと思っています。
グンネラ

ようやく日差しが…

  • 2018.06.16 Saturday
  • 06:01
現場行脚が続きます。昨日は森のガーデン。ぐずついた天気もようやく回復し、風は冷たかったものの、まぶしい日差しが降り注ぎました。まず最初に手がけたのは、ミクニのレストラン前に試験植栽の畑を作るので、風除けのネット張りを行いました。ここの畑はガーデンショーの時にはひまわり畑だったのですが、石がごろごろなので除礫(じょれき)し、堆肥を入れて耕耘してもらいました。ここは春先の風当たりが強いので、養生用のネットを張ることにしたのです。天気は回復したものの、風がものすごく強く、あおられながらの作業となりました。
ネット張り

鉄ピンが石に当たって苦戦したものの、なんとかネットを張り終えて一息。ここにいろんなタイプの花を咲かせて、どれがここの環境に合うのか見てみようと考えたのです。気温が低すぎて苗植えは来週以降になりますが、その結果はまたおいおい報告することにしましょう。
試験植栽区完成

作業している横で、ノウサギが群れになって出てきて運動会をしておりました。ウサギたちも天気が回復したのが嬉しかったのでしょう。事務所に戻ろうとレストランの横を下りていくと、芝生の上にノウサギがうずくまってのんびり日向ぼっこ中。私たちに気付いてあわてて逃げていきましたが、こんなにたくさん見られるのなら、十分見どころになりそうです。
ノウサギ

昼に少し時間があったので、ガーデンを見ようと正面から入っていくと、ガーデンショーの時にファーガス・ガレットがプロデュースした花壇では、まだチューリップが見頃で、アリウム‘パープル・センセーション’が存在感を放っていました。
ガレット花壇

花園にある「大雪な庭」の高山植物は、びっくりするくらい元気にたくさんの花が咲いていました。ここを作り直して三年目。一部少し弱っているものもありますが、エゾツツジやチシマキンレイカ、エゾルリソウなどが満開に。こんな素敵な空間になると、苦労しただけにやはり嬉しいものです。
大雪な庭

中でもびっくりしたのが、コマクサがしっかり定着して無数の子株を作り、たくさんの花を咲かせていたことです。滝野公園では全然定着できなくて、植えたものの1/10も生き残っていないので、ホントうらやましいです〜
コマクサ

お昼のメニューは緑丘茶房(りょっきゅうさぼう)でいただきました。またメニューが変わって、少しリーズナブルに。チーズカレーが850円でした。悪天候が続いたので、来園者自体がかなり少なく、カフェもかなり苦戦しています。ぜひたくさんのお客さんに来ていただきたいです。
チーズカレー

食後に園内を一回り。気になっていたメコノプシスの所に行くと、一番手前に植えられているベトニキフォリアが、ものすごくいい生育ぶりをしていました。滝野ではほとんど一年草扱いになり、株の越冬率が悪すぎて栽培をやめてしまっているのに対し、ここでは3年目になってみんな大株になり、たくさんの花茎を伸ばしています。場所に対する適応性の違いなんでしょうね。これは楽しみです。
ベトニキフォリア

午後からはグンネラの植え込みを。北大植物園前にあった大株を移植したものを、滝野に一株分けてもらったのが2年前。その時に余った株が温室の隅っこにおかれているので、分譲願いを出せばもらえるはずと、町長名で書類を出してもらいました。するとすんなり分けていただくことができて、先日運んできたのです。
グンネラ

迎賓館の奥にある、癒しの谷の木製デッキの前に、うるおいの森から流れるせせらぎの水がしみ込む場所があります。その斜面に、ガーデンショーの時に植えられていたオシダ50株を移植し、ヤグルマソウやサラシナショウマなど湿生の植物を集めて、そのシンボルとしてこのグンネラを植え込みました。南米原産の熱帯植物であるグンネラが、はたして上川の山の中で無事に越冬できるのか、挑戦が始まりました。
植栽完了

季節の進行が札幌とは一ヶ月近く遅れる森のガーデンは、これからようやく初夏の花が咲き始めます。しっとりと抜群にいい雰囲気になってきていますので、ぜひたくさんの方に見ていただきたいです〜

IFLA Awards 受賞!

  • 2018.05.26 Saturday
  • 06:03
世界の造園家・ランドスケープアーキテクトが加盟するIFLA(イフラ)(国際造園家連盟)は、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中東、アジア・パシフィックの5つの地域に分かれて活動しています。昨年北彩都ガーデンが最優秀賞をいただいたのは、アジア・パシフィック支部の表彰でしたが、今年はアフリカ・アジアパシフィック、中東の3つの地域が合同で審査し、その表彰者が公開されました。そこでなんと、高野ランドスケーププランニングの作品が2つも受賞したとの連絡をいただきました。
受賞

部門は8つに分かれており、「野生生物、生物多様性、生息環境の改善や創出」部門では、『十勝千年の森』が最優秀賞を受賞しました。これはいかにも!という感じがしました。
千年の森

もう一つ、「社会と地域の健康」部門で、『大雪森のガーデン』が、やはり最優秀賞を受賞したのです。国内の賞はいろいろといただいておりますが、やはり国際的な機関からの賞は、数段価値が違いますからね。
森のガーデン

でもこの部門で、どんなテーマにまとめて応募したのか聞いてみると、「上川では、全体的に沈滞ムードであった地域を、ガーデンを造ることによって誇りを取り戻し、『北海道ガーデンショー』もこんな小さな町で開催した」というようなストーリーだったそうです。あそこを『森の迎賓館』と称し、質の高いガーデンや北海道を代表するレストランがあることから、町にやってきた方に対して、自慢しながら案内できるようになったわけです。
今年のガーデン

全部で110もの受賞作品があるけれど、日本から入賞したのはほんの数件。ひきこもり「日本」は諸外国からも懸念されているそうで… そんな中、果敢に質の高い作品を応募し続ける高野ランドスケープに対して、心より祝福を贈りたいと思います。私もあちこちたくさんの物件のお手伝いをしており、心を引き締めてがんばっていかなければなりません。森のガーデンも、まもなく緑と花に包まれてきますので、ぜひたくさんの来園をお待ち申し上げております〜

厳寒のち暖かく

  • 2018.05.12 Saturday
  • 06:01
昨日は大雪森のガーデンの初仕事。現在は無料公開中で、来週19日から本格オープンとなります。7時に事務所を出たので、すいすい走って9時過ぎには上川に到着。そこで国道脇にある農協の朝もぎ市場で、野菜や山菜を仕入れてきました。昨年すぐ隣に大雪緑丘蔵が出来たので、見学者がたくさんやってくるとのこと。階段を上って2階の回廊から中を覗けるようになっているのです。ちょうどお米を蒸しているところで、もうもうと湯気を吐き出してましたが、販売が好調で生産が追いつかないとのこと。ガーデンでも純米吟醸(四合瓶で1,800+税)、純米大吟醸(3.000円+税)を販売したところ、飛ぶように売れるのだそうです。私も2本買って帰りましたが、町外では入手が難しいので、こんな人気になっているようです。
酒蔵

ガーデンに着いて、軽く打合せをしたあと、さっそく現場に。やはり広い花畑が欲しいので、ミクニのレストラン前の、以前ヒマワリ畑だったところに今年試験植栽を予定しています。(内容はまだ ひ・み・つ です〜)どのあたりに畑を作ろうかと歩き始めたところ、あれっ!ウサギだ!との声が上がりました。よく見ると、5mくらい離れた所に、ノウサギがじっと潜んでいたのです。迷彩色で隠れていると思ったのでしょう。渡島大島でイエウサギを見慣れているせいか、ノウサギを間近に見ると、でかいのにびっくりでした。
ノウサギ

昨日の午前中は気温も低く、西からの寒風が吹きすさんで、体感温度は完全に零下…鼻水をすすりながら園内の確認をしていきました。気になっていたメコノプシスは、昨秋の補植株もすべて元気で一安心。2年前に植えたベトニキフォリアの株が、ここではメチャ元気なのに驚かされました。滝野公園ではほとんど越冬できなくて、グランディスだけに切り替えていたからです。気候条件との相性がいいのかもしれません。
ベトニキフォリア

以前ガーデンショーの会場だった奥のエリアは、今年夏から「遊びの森」として公開されることになっています。一番下の「森の食卓」があった辺りには、『交流体験棟』が建設中でした。意外と大きいのに圧倒されましたが、これで奥にトイレや雨よけ施設が出来るので、ガーデン利用がはるかにやりやすくなりそうです。
交流体験棟

お昼はカフェでいただきました。ここも内容が一新され、名前が『緑丘茶房(りょっきゅうさぼう)』とちょっと噛みそうな名前に変わり、甘酒や酒粕がふんだんに使われたメニューが増えました。日本酒の試飲メニューもあるのですが、帰れなくなるので断念…(^^;)
緑丘茶房

今回は、フィッシュフライドドッグ・ポテトセット(850円)をいただきました。カレーはスープカレーになり、ポークとシーフード(いずれも1.300円)があります。
ハンバーガー

園内を見ていると、団体での来園客がありました。まだスイセンや小球根くらいしか花がなく、みなさん手持ちぶさたですぐに戻って来ました。あとで聞いてみると富山から来たとのことで、まだほとんど花がなくて済みませんと挨拶したら、それでも咲いている花があるんだから、ちゃんとラベル付けてくれなきゃ何だかさっぱり分からん!と苦言を呈されてしまいました。まだ開園準備中なのでと言いかけましたが、そこはぐっと飲み込んでお詫びを。なかなか難しいものです。
来園者

午後からはがらりと天気が変わり、風が止んで日も差してきて、気温もぐんぐん上がっていきました。こんなに劇的に変わるのも珍しいです。雲が切れてきて、帰る頃には大雪の山並みが全貌を表してきました。今年も月に一度のペースでの上川通いが始まります。今年は作業指示の密度を上げて、しっかりと形を残さなければなりません。しばし山並みを眺めてから、帰途につきました。
山並み

雪融けの上野ファーム

  • 2018.04.07 Saturday
  • 05:53
昨日は上野ファームまで行って来ました。南空知は雪融けが進んでいたけれど、滝川以北はまだまだかなりの雪の山。ここは滝川駅を出たところの根室本線との分岐点あたりですが、背丈を超える雪壁が続いていました。今年の中空知のドカ雪は、特急が進めなくなって雪に埋まるほどでしたからねぇ…
滝川

旭川駅で、上川行きの普通列車に乗り換えて桜岡駅へ。JRで来たのは初めてで、鈍行の旅は短いけれど、国鉄時代の残党であるキハ40に乗れたので、楽しかったです。駅まで上野さんが迎えに来てくれました。
桜岡

大雪森のガーデンは、これまでNPOが指定管理者として運営してきましたが、今月からは観光や地域おこしを担うDMCという枠組みの組織(会社)が(詳しくはこちらを)指定管理を受けて運営することになりました。専属のマネジャーもいなくなって、一体どのような運営になるのか話を聞きたかったのです。まず初めにNAYAcafeで、上野さんと今後の二人の関わり方についてのすりあわせ。その後ガーデナー達がやってきたので、細かくヒアリングしていきながら、春以降どのようにガーデンを運営していこうか話し合いました。
納屋カフェ

お昼には、雪が融け始めたガーデンを上野さんの案内で一回り。スノードロップやエランチス、シクラメン・コウムなどが咲いてきていました。今年の開園は、例年より一週間早い21日だけれど、これらの花はスタッフだけのお楽しみになることでしょう。
スノードロップ

真鍋さんのカタログに、ピンクの花の咲くネコヤナギが載っていて、面白いなと思いましたが、これもやはり開園前に咲いてしまうので、ちょっと使えないかなぁ… 森のガーデンはまだまだ背丈ほどの雪に埋まっているというので、ここならちょうどいいかもしれません。
ネコヤナギ

午後からは新たに運営を担う会社の方達と、役場の担当者が参加して、意見交換を行いました。まだ赴任して間もないし、ガーデンがどんなものなのかも把握できていないので、他の公園やガーデンでの問題点なども踏まえながら、今後の課題について有意義な意見交換を行うことができました。私もこれまでの5年間は植物管理の指導に専念し、技術的なことは教えきったのでそろそろ身を引こうと思っていたのですが、これからはガーデンの運営管理全般に関わりながら、フェードアウトしていくことになりそうです。ガーデンチームは、スタートからがんばってくれたMさんが新たな道へ旅立ち、代わりにショップにいたA君がガーデナーへの転身。このメンバーでがんばりますので、よろしくお願いいたします。
ガーデンチーム

帰りもまた桜岡の駅まで送っていただき、旭川行きの鈍行に乗りました。上野ファームはこの駅から徒歩15分なので、この経路での利用も少なからずいるとのこと。森のガーデンは駅からのアクセスがタクシーしかないのを何とかしてほしいとずっとお願いしてきたけれど、新会社には真っ先にこれを解決してくれないかなぁ…
帰り道

ガーデナー募集

  • 2018.02.24 Saturday
  • 05:59
上川町の大雪森のガーデンに通い始めて、丸7年。2013年春からは4人のガーデナーと2人のアシスタントガーデナーが管理を始めたので、管理作業のアドバイスをするために、シーズン中月に2回ずつ通い始めて約束の5年が経ちました。そろそろ手を引いても大丈夫かな…と思っていたところが、一期生のうち最後まで残っていたMさんが退職することに…(>_<)

残された2人のガーデナーとアシスタント1名ではいくらなんでも管理できないので、新たにガーデナーを募集することになりました。私もこのまま「はいさようなら〜」とはいかなくなったので、引き続きサポートしていきたいとは思っています。やる気のある方はぜひ応募していただきたいと思います。(詳細はこちらから)

募集

正式にはハローワークからの応募になりますので、詳しい情報もこちらから確認してください。

ハローワーク1
ハローワーク2
ハローワーク3

ガーデン管理を始めて5年経過し、ガーデナーたちのがんばりで‘初期不良’はほぼ改善され、新たな見どころ作りも着々と進めている状態です。いわばこれから美味しいところに関われるのですから、ガーデナーとしては恵まれたスタートになるはずです。花園の方は、引き続き上野さんが関わっていくので、得るところは大きいです。
花園

迎賓館の方は、植えられた植物が回りの自然に同化しつつ、存在感を発揮できるような仕掛けを続けてきました。こちらはエンドレスにやることがあるので、楽しみはいくらでも作り出すことができますよ〜
迎賓館

ガーデンは、これまで町から委託を受けたNPOが運営してきましたが、春からは今流行のDMO(Destination Management Organization)に衣替えするとのこと。何がどう変わるのか、早く示してくださいとずっとお願いしているのに、この時期になってもまだ立ち上がっていないとか。まぁ組織体がどうあれ、ガーデンとしてやることは変わらないので、挑戦してみたいという方は、ぜひ応募していただければと思います。


※観光庁が規定した日本版DMOは以下の通り。
『地域の「稼ぐ力」を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人』
しかし、いまだにDMOの日本語訳がないのはなぜ??

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM