植えます花壇

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 05:37
フラワーマスターの講習会が近づいて来たので、いろんな現地の写真を入れ替えなくちゃと、カメラ片手に事務所周辺を歩いてきました。曇っていてちょうどよく、いろんなタイプの花壇を集めることができました。

このあたりでは意外と少ないのが一年草タイプ。毎年苗を買うのが大変だし、市に申請するのは面倒だし、申請してもほんの少ししかもらえないし…ということから、町中ではあまり見かけないのです。郊外部など町内会がしっかりしているところでは、まだ盛んにやられておりますが。これは地下鉄駅近く、地先のお店が植えたもののようです。
ベゴニア

すぐ近くの第一鳥居の真下には、隣接するマンションが毎度豪華に花壇を作っています。タワマンだけに管理費も潤沢なんでしょう。花壇としてあんまり面白味はないけれど、玄関先と地先の植えますに、毎年ものすごい数の花苗が投入されています。
マリーゴールド

ちょうど花の時期なので、ラベンダーがよく植えられていることに気付きます。花穂の短い‘濃紫早咲3号’は意外と少なく、花穂が長くしっかりしている、多分‘ヒドコート’と思われるものが多いのが印象的でした。
ラベンダー

このあたりで一番多いのが、宿根草やグラウンドカバープランツをメインにしているもの。これはリシマキアとラミウムがベースになり、ガウラ、シュッコンアマ、宿根リナリア、白花フランネルソウなどがうまく組み合わされています。開花期間が長く、花期の違うものをいかに組み合わせるかが腕の見せ所でしょう。
ミックスタイプ

マンションの前にある「ガーデンタイプ」の植えます花壇。ここまで作り上げるにはかなりの手間と費用がかかっていると思われます。以前講習会で紹介したら、これ私がやっています!と手が上がってびっくり。今年もいろんな新しい草種が入ってましたが、植え替えたものはどうしているのかな?
ガーデンタイプ

そのとなりは道銀さん。一面グリーンで構成されている中には、エゾノギシギシ、セイヨウタンポポ、ケンタッキーブルーグラス、オオバコ、ヒメジョオンなどが元気に育っています。みなさんから預かっているお金はもちろん、それを運用して得られた利益だって、こんなことにはびた一文使わない、固い決意を感じます。
雑草タイプ

最近とみに増えてきているのが、はびこって困るような種類を植えてしまうもの。特にミント類がいくつも見られました。これ以上外には広がれないので、時折刈り込んでやればずっと柔らかいグリーンを提供してくれるわけです。
ミント

それと同じ意味合いから、これもピッタリの素材ですが。これはちと面倒なことに。昨年北海道が初めて指定した「指定外来種」の一つがこのイワミツバ。あんまりはびこり過ぎて、とうとう指名手配されてしまいました。もう販売されることはないでしょうが、今あるものをどうするのか、大きな課題が残されています。
イワミツバ

北広島花の会

  • 2017.06.11 Sunday
  • 06:00
昨日は午後から、北広島花の会の20周年記念フォーラムに行ってきました。駅のラチ内の陽だまりには、花の駅長さんが管理する花が飾られていました。さすが北広島です。
花の駅長さん

駅の目の前にある芸術文化ホールへのアプローチには、通称花ホールと呼ばれているのだからと、花の会のみなさんが毎度花を飾って管理し続けています。このホールには、これまで何度お世話になったことか
花ホール

時間ギリギリになって会場に到着。会場内外にはたくさんの鉢花や生花が飾られていましたが、あれっ?今ころアザレア?と思ったらペチュニアでした。
花の会20周年

基調講演は吉谷桂子さん。銀河庭園のリニューアルを手がけているので、前日も終日現場で働いていたとのこと。吉谷さんらしくぐんと華やかになっていくことでしょうから、今年は楽しみですよ〜♪ 講演と言うより、講義といった方が適切な内容で、本当に最後まで引き込まれてしまいました。何度聞いても素晴らしいお話です。しかも最後に牧野富太郎のこれが出てきたので、じーんとしてしまいました。(無断拝借ごめんなさい…m(__)m)
吉谷さん

実は案内が届いた時に、日程的にかなり厳しいので遠慮しようかな…と思ってプログラムをよく見たら、吉谷さんの話だし、北海道デビュー元年なのでお祝いしなくちゃということが一つ。もう一つは、私にとって道内のガーデナーの東西の横綱?である、工藤さんと梅木さんがセットで出るなんて!!ということもあり、これはちゃんと話を聞かなくちゃと出席することにしたのです。目の前に座っていて、とてもやりにくかったと言われてしまいましたが…(^^;)
パネル

パネルで大いに盛り上がったあと、20周年のパーティーがあり、乾杯の音頭を振られてしまいました。この会とは、10周年記念フォーラムにも呼んでいただき、柳生真吾さんと楽しい夜を過ごしたことなど、またいろんなことが去来しながらの乾杯となりました。
乾杯

会の設立以来、白石前会長や松野現会長、熱心な役員のみなさんの努力で会員も百名以上になり、毎年たくさんの研修会や見学会を積み重ねてこられました。これだけ熱心な会は多分道内随一ではないかと思います。市長からも最大限の祝辞がありました。
パーティー

豊かな緑に恵まれ、その中にきれいな花が飾られているのですから、町がどんどん魅力的になっていくはずです。住みやすさナンバーワンを目指して、これからも発展していくことことでしょう。楽しく勉強になった一日をありがとうございました〜

趣味の園芸

  • 2017.04.10 Monday
  • 05:54
昨日の趣味の園芸。ビデオに撮って帰ってから見ましたが、滝野公園のスズランがちょこっとだけ出ていました。あんないい状態の咲き方は、何年前に撮したものなのかなぁ。それにしてもスズランの解説を熱心にしてくれるのはいいけれど、スズランとドイツスズランの違いくらい説明してくれればいいのに。本州の高温多湿環境で、ドイツスズランがどの程度うまく生育できるのか分かりませんが、結構ハードルが高そうです。やっぱり北海道に見に来てくれなきゃだめなのかな。

趣味の園芸の放送開始は、50年前の1967年4月8日だそうですが、独立したテキストは1973年4月から発行されていました。かなり昔に、松山にいた母から置き場がないのであげるわと、どっさり10年以上分ものテキストを送った来たものが、自宅の本棚の隅に埋もれています。どれが一番古いのか探してみたら、第3号の1973年6月からありました。
  1973-6月号

パラパラめくっていくと懐かしい顔が。柳 宗民(やなぎ むねたみ)さんは、民藝運動の創始者である柳 宗悦(やなぎ むねよし)さんの三男で、当時は一番人気のあった園芸関係の解説者ではなかったかと。エッセイもなかなか面白く、何冊も持っています。
アイリス

この時には既に札幌に来ており、もちろんテレビなんかないので、番組を見たこともないし、趣味の園芸のテキストを買うお金もありませんでした。ただ、表紙に太田洋愛さんの植物画があったことは気になっており、毎度生協で見ていた記憶があります。本当に素晴らしい植物画です。
  1974-6月号

この頃の解説者は、庭木関係が西良祐さん(この方はまだ現役のようで)、洋ランや温室ものは江尻光一さん、なんでも屋が浅山英一さんといったところでしょうか。中でも浅山さんは、毎日新聞の園芸欄をずっと書かれていたこともあり、子供の時から読んでいて切り抜きもたくさんあります。本当は浅山さんのいた千葉大の園芸学部に行きたかったけれど、数学の足切り点があるので断念し、やむなく北の地を目指すことに。もう少し数学ができていれば、北海道に来ることはなかったかもしれないなぁ。
5月号目次

趣味の園芸が果たした功績は本当に大きなものがあり、その時代を代表する解説者もまた、これをバネに大きく飛躍してきたと思います。公共放送を標榜するのであれば、つまらないバラエティ番組なんか作らないで、こういう地道な番組をしっかり作り続けてほしいものです。

まる塾

  • 2017.03.28 Tuesday
  • 05:48
イコロの森がマルヤマクラスに出店するというので、ちらっと覗いてきました。2年前からスタートしているという「まる塾」の中に、11月まで毎月一回の講座とマーケットがあるというのです。その第一回目は『極上のベランダガーデンを目指して』と題して、工藤さんの講義がありました。マンションだらけの円山では、むしろこちらをねらった方がいいのかもしれません。
まる塾

場所は二階のエスカレーターのフロア。結構品定めしている方がいらっしゃいました。
マーケット

あくまでベランダガーデンなので、バラ苗もロングポット入りではなく、しっかりした8号くらいのどっしりしたポットに入っています。こだわりの長尺苗も並んでいましたが、ドロシーちゃんがあったので、思わず身を引いてしまいました。車で来た人ならいいけれど、下げて帰るにはちと重たそう… しかもこだわりのスペシャル用土なので、この値段じゃお買い得すぎてやしませんか…(^^;)
バラ苗

講義は午前午後の2回あり、どちらもほぼ満席になっていたようです。受講料は500円ですが、苗が2割引で買えるインセンティブが付いておりました。
講座

裸のバラ苗だけでは寂しいので、観葉ものや小球根が出品されており、結構人気があったようです。この時期花好きのみなさんは、花に飢えてますからねぇ。
球根類

講習は毎月一回、工藤さんとKimさん、Jimmyさんが分担してやるのですが、誰がどれをやるのかはお楽しみ…かな。(詳しくはイコロの森か、まる塾のHPを参照して下さい。)イコロの森は、場所柄どうしても知名度に欠けるところがあり、座して待つより討って出なくては、ということでもあります。ガーデンづくりにも力を入れているので、次回のまる塾にもご期待下さいね〜
予定表

クラスの出口近くにある花屋さん。先日はコブシだったけれど、やはり今は桜に変わっていました。しかももう葉桜になりかけで、一足早く春が駆け抜けていっているようです。
花屋さん

講習会

  • 2017.02.26 Sunday
  • 05:59
昨日はガーデニング検定の事前講習会がありました。受検者数は昨年より少なくなりそうで、3月3日が申込みの締め切りになっているけれど、まだ引き続き受け付けますとのことです。会場がいつものとは反対側の大きい方なので、講習は前の方にキュッと詰めて行われました。今回の講習担当は一コマだけだったので、少し楽でした。みなさん全員合格してほしいです。
講習会

控え室も西側に移ったので、時計台を見下ろす位置でした。こんな背中から見下ろしたのは初めてです。だいたい45年も札幌に住んでいて、時計台に入ったのは2〜3回ではないかと。なかなか行かないものですねぇ。
時計台

でもこの時計塔には登ってみたいと思っておりますが、なかなかチャンスが訪れません。近くで鐘の音を聞いたら、さぞすごい音がするのでしょうか。
時計塔

息子から「松山物産展やってるよ〜」とメールが来ていたことから、途中に用事もあったので、東急デパートに寄ることに。ここに行くのも何年振りでしょうか。9階の催事場に入ると、なんだかわ〜〜んと燃え上がっていてびっくり。松山では北海道物産展をやるとものすごいというけれど、反対もなかなかの人気ぶりでした。
松山物産展

竹細工屋があったのでもしやと聞いてみると、いつも寄っていた道後温泉前の店だったり、蒲鉾屋の名前を見ると、松山駅に店を出している宇和島の安岡蒲鉾だったりと、ついついいろんなものを買い込んでしまいました…(^^;) よく聞かれるので、「じゃこ」も連れて来とるけんな〜とおばちゃんがみんなに見せてました。正式にはホタルジャコと呼ぶのだそうです
じゃこ

じゃこ天やら干物やら、なかなかこっちで買えんもんばかりじゃけん、押しくらまんじゅうしながら三回くらい回ってしもたがな…28日までやっとるけんな〜
ちらし

バイブル

  • 2017.02.17 Friday
  • 05:56
今週は、ガーデニング検定試験の問題作成で煮詰まっておりました。作問委員の方からいただいた問題(案)とにらめっこして、それぞれ言い回しが違っているのを直したり、曖昧な表現を修正したり、文字数をできるだけ簡潔に縮めたり、かなり神経がすり減るような時間を過ごしております。

一番神経を使うのが、確実に正解にたどり着けるよう、曖昧さを確実に消していく作業です。テキストだけでは不安なので、いつも手元に置いて確認するのがこの本です。
作業中

これは研究室に配属された3年目の春に、さっそく買い求めた本で、1974.4.26 と巻末にサインしておりました。今これを見て気がついたのは、その前年に刊行された出来たてほやほやの本だということ。筆者の塚本先生は、私の恩師である明道先生より少し上で、仲がよかったのかよく札幌にも見えられていました。ものすごく密度が濃いので、これをそのまま講義には使いませんでしたが、何かにつけて確認するには今でもこれが一番信頼がおけるのです。
花卉総論

同時に買った牧野富太郎の「新日本植物圖鑑」の方は装丁がボロボロになっておりますが、こちらは製本がしっかりしているせいか、びくともしておりません。あちこちに書き込みや線が引かれているので、一応勉強した形跡があるようで…(^^;) いまだにこうやって、「裏を取る」作業に使えるというのが、この本のすごいことろだと感心します。
本文

できるだけ分かりやすく、できるだけ易しい問題になるようがんばっておりますので、今年受検される方は安心して問題と対面できることと思います。

最後のお願い

  • 2017.02.11 Saturday
  • 05:54
昨年の繰り返しになりますが、今一度宣伝をと主催者にお願いされたので、ガーデニング検定の案内をさせていただきます。m(__)m

作問委員のみなさんが作られた問題が、ちょうど私のところに集まったところです。50問を出題するために、70問作成したものから絞り込みをかけていきます。これが結構大変な作業で、もうやめたいと毎年言い続けているけれど、なかなかやめさせてくれません… 毎年それなりに締め切り直前になると申込みが集まってくるのだそうで、ぎりぎりまで検討中の方が多いのでしょうか。

検定1

この検定もはや9回目になり、これまでの総受検者数は1,700人近くにもなりました。合格率の平均が5割強で、870人もの方が合格されてガーデニングマイスターになられています。8回のうち2回で合格率が大きく5割を割り込んでいるので、それを除けば合格率は6割を超えます。毎年同じように作問しているのに、なんでこんなに波ができるのかがよく分からないのです。昨年はそのあたりも含めて、しっかりと問題を修正したので、60%を軽く越える合格率となりました。

検定2

今のところ、目標数に全然届かない申込み状況のようです。大きく割り込めば、今年が最後の検定試験になるかもしれません。事前講習会の申込み締め切りが2月17日、検定試験の締め切りが3月3日となっておりますので、もし迷っているようでしたら、ぜひよろしくお願いいたします。

検定3
(詳細はこちらから)

ありがとう〜BISES

  • 2017.01.19 Thursday
  • 05:58
数日前の「社長室」でビズの休刊を知りました。ま さ か ! という感じでしばし呆然。一昨年のRHSJ(王立園芸協会日本支部)の解散昨年の「花新聞」の休刊に続いて、まさにとどめの一撃。この業界は一体どうなってしまうのでしょう…(>_<)

16日発売だから札幌はそろそろかなと、昨日委員会で札駅周辺に出かけたついでに、ようやく106号を手にすることが出来ました。この『植物と暮らす12ヶ月 ボタニカルライフ手帖』は、保存版大特集と謳ってあるだけに、まさに渾身の企画となっています。
表紙

いろいろ調べてみると、昨年7月にスポンサーの窓口になっていた会社が解散され、1月中旬までに精算を完了するということになっていました。まさにこの号の発行が、最後の仕事と決まっていたのです。おそらくこの数ヶ月、編集部のみなさんは渾身の力を振り絞り、この号を作り上げていったことでしょう。ページをめくっていて、目頭が熱くなってしまいました。
ちょうど真ん中には、編集長の八木さんの挨拶が。
あいさつ

今から14年前、カントリーガーデンがオープンして4年目の2003年に、滝野公園の開園20周年記念のイベントをやりたいと、公園事務所から相談を受けました。それなら、基調講演は八木さんしかいないでしょ!と、まだ面識もなかった八木さんにいきなり電話しました。八木さんが小樽の出身だというのは知っていたので、なんとかならないか、びくびくものでしたが、ちょうど編集の合間があったので引き受けていただいたのです。この時の講演のことは、編集後記にか書かれてありますが、本当に盛り上がりました。今思えば、まさにガーデニング関係全体が盛り上がりつつあった時期だったのでしょう。まさに日本のガーデン文化を支え続けてきた八木さんには、感謝しきれないものがあります。
八木さん

最後の号に目処をつけた安堵感なのか、心なしか寂しさをたたえた姿にまたうるっと、最終ページの休刊のあいさつを見てまたうるっときてしまいました。少し時間に余裕が出来たら、故郷北海道の自然をガーデンを、のんびり回っていただきたいな。そうなれば、みんなでリレーして、じっくりとご案内して差し上げたいです。

NEXTを信じて待っています。25年間本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

ガーデニング検定

  • 2016.12.19 Monday
  • 06:07
今年もやりますガーデニング検定。
始めたころは5回ももたんやろなぁ…と思ったけれど、もう第9回目になりました。第1回の527人、第2回の336人のあとは、120〜160人程度を行ったり来たりしているものの、それなりの受検者があるのは、まだ検定試験としてのニーズがあるということなんでしょう。

その1

これまで8回の試験では、合計874名の合格者があり、「北海道ガーデニングマイスター」を名乗ることができます。名刺等にロゴを刷り込んでいる方もよく見かけるようになりました。スキルアップ講習会や見学ツアーも行われているので、それなりに楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

その2

先週作問委員会があり、いよいよ今回の検定試験問題づくりが始まりました。作問者は多少変化があるものの、今回も七名で分担して作成します。できるだけ簡単に!とお願いしているけれど、年によって合格率の変動が意外と大きく、これまでの最高は69.5%なのに対し、最低はなんと29.7%の年もありました。毎回私がとりまとめているので、そんなに違いがでるとは思えないけれど、なぜかこんなに差が出てしまうのです。

その3

毎回目標は2/3以上の合格者を出すことなのですが、試験対策講習会の受講者では8割以上の合格率になっているようなので、お金はかかりますが、合格の近道になるのは確かのようです。今年もまじめな出題を心掛けますので、一度受けてみようかな?もう一度チャレンジ!という方も、ぜひねらってみて下さい。
 (申し込み等はこちらから)

ガーデナーズ交流会

  • 2016.11.20 Sunday
  • 06:39
昨日はブレインズのガーデナーズ交流会。そういえば、去年はここでしゃべったんだよなぁ〜と思いながら、一年経つのはあっという間だなぁ〜と、会場のかでるに向かいました。なんと昨日の暖かいこと。
ブレインズの活動も16年を数え、この交流会もシーズン終了後の定期イベントとして定着しました。いつもながら4人の活動振りには頭が下がります。
ブレインズ

午前中はガーデンプチ自慢やガーデンチャリティの報告。相変わらず素晴らしい庭を維持しているところもあれば、新しく登場するところもあるし、道内のガーデナーの活躍ぶりは本当に素晴らしいです〜
オープンガーデン

今年の午後の部は盛りだくさん。まずは、杉山美恵子さんの「おばさんイギリス留学日記」。定年を期に、念願のイギリスに短期留学して、三ヶ月の間にコッツウォルズ地方のガーデンを見て歩いたりボランティア活動をしたりと、ものすごい高密度の経験をされていました。6,000枚もの画像の中からなので、とても紹介しきれませんでしたが、とても楽しかったです。
杉山さん

講演会は何と二本立て。まずは住友化学園芸の普及部長をされている草間祐輔さんの「花の虫や病気を上手に解説」という、超実践的なお話。なにせ肥料や農薬のお土産まで用意され、分かりやすく主な病害虫のポイントを説明していただいたのですが、その話術の素晴らしさに感動するほどでした。少しでも見習わねばと、反省しきり。
草間さん

草間さんは、先日文化勲章を受けられた草間弥生さんの甥とのことで、あの鋭い感性を共有されているのでしょう。松本の種苗店で育った、若き日の弥生さんの写真も感動的でした。
草間弥生

続いて、花巻でクレマチス専業のナーセリーを営んでいる、及川フラグリーンの及川洋磨さんから、「クレマチスのある庭いじり」のお話が。様々な種類のクレマチスの、実践面からみた使い方のお話は面白かったです。そりゃ、○○系とかいったって、実際の庭での使い方には関係ありませんからね。新しい品種作りにも挑戦されており、素晴らしいものが次々と世に出ているようです。
及川さん

懇親会は、いつものKKRが閉鎖されるとのことで、今回からガーデンパレスに移りました。ブレインズらしい名前ではありますが。朝から鼻水をすすっていた内倉さんが、この頃から熱が上がってきたようでやむなくリタイア。せっかく2人でお揃いの和服姿だったのに… 一年間の疲れが出たのでしょう。お大事になさって下さい。
交流会

二次会も恒例のよいところ。今年もやっぱりサプライズで登場した金子さんも参加され、にぎやかな交流が続きました。一年の活動を振り返り、きちっとリセットするいい機会を与えていただき、本当にありがとうございました〜
よいところ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM