円山散策

  • 2017.03.18 Saturday
  • 05:53
今年は冬の間も走っているので、昼休みの散歩をほとんどやっておりませんでした。昨日は天気もよさそうなので、久しぶりに神宮境内から円山公園にかけて散歩することに。でも前半は日差しが陰って、結構寒かったです。第二鳥居の所から梅林に入ると、相変わらずウメの木の枝は伸び放題。サクラでもウメでも、植えるだけ植えて管理もしないというのは、道内ではよくあることだけど、本当にもったいない。ここまでほったらかしになってしまうと、そろそろ回復不可能になってしまいます。
ウメ

ここにあった開花宣言を出すサクラの標本木も、指定がはずれてからは手入れされないまま、これまたほったらかし。ソメイヨシノだけに、回りからテングス病菌が降り注ぐために、あわれな状態になってしまいました。あんなにカメラの放列の中で脚光を浴びていただけに、なんだか哀れです…(>_<)
テングス

密植された樹林の中に、珍しくカシワの若木が育っていました。近くにある大木からドングリがコロコロ転がってきたのか、カケスやエゾリスによって運ばれたのでしょうか。カシワの葉は、新芽が伸び始める頃までは古い葉が木に残り、家系が途切れないことに掛けて子孫繁栄のシンボルとされ、餅をくるんでめでたいお菓子とされました。西日本にはカシワがなく、それ以前からサルトリイバラ(サンキライ)の葉にくるんだ餅があったため、こちらに来るまでカシワの葉の餅は知りませんでした。
カシワ

公園との境界を流れている円山川も、雪融け水を集めて流量が増えてきていました。この川は、もともと「ヨコウシペツ」(いつも獲物を狙う川)と呼ばれ、昔はシカでもねらっていたものでしょうか?円山の斜め通は、もともとシカの獣道だったそうなので、このあたりはシカが多かったようです。
円山川

この頃からようやく日差しが戻り、空が青くなってきました。円山養樹園のなごりであるカラマツ林は、道内で最も古いもの。「カラマツの来た道」の作者である板東さんからお墨付きをいただいたので、これからは自信を持って解説することができます。
カラマツ

大通の突き当たりの所に出てびっくり。左手にあったアパート群が姿を消し、マンションのどでかい看板が。ここはもともと拓銀のアパートだったところで、昔電車の終点があった頃に、ここの塀にもたれて電車を待っていた記憶があります。珍しくS不動産でなくT不動産なんだ〜。こんなところにタワマン建ててほしくないけれど、本当に円山の風情は風前の灯火になりつつあるようです。
マンション

健康診断

  • 2017.03.10 Friday
  • 05:54
昨日は、年に一度の健康診断。午後からなので朝早くパン一切れ食べただけで、お茶も我慢。1時半からようやく受けることが出来ました。今年は冬中走っているし、スクワットやストレッチも気分転換に始終やっているので、昨年より体重も腹囲もかなり落とせました。この歳になると、日常的な体のケアはとても大切だと感じます。それにしてもまた2mm身長が減ったのは悲しいなぁ。20代より3cm近く減ってしまったよ…(>_<)

着替えていたら、採血痕につけた脱脂綿がずれたのか、シャツが真っ赤になってびっくり。再度がっちり抑え込んで、ようやくお昼を食べに行きました。向かいにある円山クラスに入ると、入り口の花屋さんではコブシとミモザが満開に。ここの修景はいつも素敵です。
花屋さん

店先のムスカリや水仙の鉢物、ミニアレンジなどがもう春だよ〜とばかり、空気を和らげてくれます。このところ引き籠もり状態が続いていたので、二日続けて暖かい花色に目が和みました。
ムスカリ

目指すは3階の杵屋さん。こりゃ夜は軽くしなきゃダメだなぁといいながら、桜海老の卵とじうどん定食をいただきました。空腹にはうどんが一番です〜♪
うどん

向かいの店先に、食品サンプルがむき出しに置かれていたので、間近でじっと観察してしまいました。よくテレビでやっているけれど、こんな細かい芸当は日本人でなければできないなぁ。
食品サンプル

平均寿命

  • 2017.03.03 Friday
  • 06:09
昨日の新聞に、平均寿命の確定値が発表されていました。男性の平均寿命が80歳を越したとのこと。そんなものなのかと漠然とみていましたが、80歳といえばあと15年しかないじゃないか!と気付いてしまい、かなり焦ってきました。

確定値
 (「朝日新聞 DISITAL」より拝借m(__)m  2017.3.2)

昨年7月に暫定値が発表になっており、女性が香港に抜かれて2位になったことや、三大疾病による死亡率が下がったとはいえ、約半数を占めていることが出ていました。うちはがんとは全く無縁の家系で、たいてい死因は脳溢血だから、これには気を付けなければといつも思っています。それにしても男女とも一位は香港だというのはなぜなんでしょう?医療水準が高く、ストレスが少ないのでしょうか??アイスランドやスイスというのも不思議な感じ。暑さ寒さというのは関係ないのかな?

暫定値
 (「朝日新聞 DISITAL」より拝借m(__)m  2016.7.27)

平均余命はもう少し長いはずだと調べてみると、65歳の男性では18.86歳とのこと。そうかぁ〜平均でも20年ないのかぁ…とこうしてみると焦ります。前の会社を辞めてここに事務所を作ってから早くも15年、なんだかあっという間に過ぎてしまったことを考えると、これからの時間の過ごし方には相当気をつけなければ。

平均余命
 (厚生労働省のHPから)

あと15年〜20年の間にどれだけのことができるのでしょう。まだ一花も二花も咲かそうと思っているので、早く仕事に追われる生活に見切りを付け、前向きに頑張らなければならないようです。

朝の習慣

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 05:59
先週の予報では、10,11日は暴風雪となっていたので、こりゃ大変だなぁ…せっかく年末の大雪が片づき始めているのに…と思っていました。最悪の予報は、いい方しか変わらないという通り、今朝は暖かく穏やかでホッとしました。
実はまだ走っています。例年だと12月初めころ、雪の少ない昨年などは年末までで終了し、冬の間は休んで、3月中旬くらいからまた走り始めるパターンでした。今年もドカ雪が降ったときは、さすがに雪かきに追われて走るどころではありませんでしたが、落ち着いてからはまた復活していました。年間の走った回数を見ても、昨年は怪我による中断がなかったことや、出張で不在になることも少なく、雨が降っても雨天練習場(小別沢トンネル)を走っていたので、回数的には最も多い年になりました。今年はこれを大幅に更新することになりそうです。

ロードワーク

やはり朝いちでしっかり汗をかかないと、どうもすっきりしません。例年冬の間に3〜4kgも体重が増えてしまうので、それも困っていました。ところが、昨年秋に買った靴が、今までに履いた冬靴史上一番滑らなかったことも幸いでした。靴の量販店で買った安物なんですが、びっくりするくらい滑らないのです!もう一つ、暖かい耳覆いの付いた帽子をホームセンターで見つけました。これで寒さ対策と共に、多少雪が降っても顔が濡れなくなりました。-10℃近くなっても、寒いのは初めだけで、すぐに体から湯気が立ってきます。冬のコースは動物園の駐車場までの往復で、往45分、約5千歩ほどの道のりです。標高差は100m以上あるので、帰り道はほとんど歩いても、相当汗びっしょりになります。

戻ってからシャワー浴びてさっぱりし、ブログの更新をしながらお茶を入れ、それから朝食を食べながら新聞を読むというのが毎朝の習慣になっています。なかなか習慣というのは、パターンを変えられないものですねぇ。

朝食

全然関係ない話ですが、台所にあった食品のトレーを見てびっくり。本物のササの葉が載っているのかと思いました。ここまで気配りをする日本人って本当にすごいというか、外国人にはクールと写るのかもしれません。
トレー

高齢者

  • 2017.01.07 Saturday
  • 05:44
昨日の朝刊のトップには、いきなり「高齢者は75歳以上」となっており、ええっ!と思ってしまいました。年賀状に、「今年は高齢者の仲間入り…」と書いたばかりだったからです。(紙版とデジタル版では見出しが異なっています)

高齢者
 (朝日新聞DIGITAL 2017年1月6日朝刊より拝借 m(__)m)

そりゃ確かに、男性の平均寿命も80歳を超え、女性に至っては87歳にもなったし、このグラフにあるように病気にかかりにくくなって、健康な人が多くなってきたのは確かでしょう。でもそれらの数値を引っ張ってきたのは、大正から昭和にかけて生きてきた戦前世代であり、戦中から戦後世代の「老人」がどんどん増えてくれば、だんだん変なものを食べてきているので、きっと下がり始めるような気がするのです。

定義
 (引き続き、朝日新聞DIGITAL 2017年1月6日朝刊より拝借 m(__)m)

65歳から高齢者にすると、怠けて働くなり、不摂生をして医療費はかさむし、ますます大変だからという気がしないでもありません。でも80歳まであと15年、65歳の平均余命でも19.5年ほどなので、だらだらしているとあっという間に過ぎて行きそうな時間です。「余生」を考える区切りとしてはちょうどいい潮時と思い、新年を迎えるにあたって覚悟を決めたものでした。その区切りが急に10年も先延ばしされ、「准高齢者」だからまだまだがんばれ!と言われてもなぁ…と感じてしまいます。

リハビリの卒業

  • 2016.10.20 Thursday
  • 05:51
朝から妙に暖かいと思ったら、まだ寒冷前線が通過前で、南から暖かい風が吹き込んでいました。これからしばらく強い雨が降り、午後からは急速に気温が下がっていくことでしょう。滝野公園の作業までに雨が上がりますように。
寒冷前線

5月末に、めまいと右腕のしびれでよれよれになってしまい、それぞれ良性発作性頭位めまい症と頸椎ヘルニアと診断されてしまいました。めまい症の方は特に治療法がないので、自然に治癒するのを待つばかり…状態で、3ヶ月くらいかかってようやくまともになってきました。
頸椎ヘルニアの方は、地道に週二回のリハビリと投薬治療を続けてきましたが、ようやく先週くらいからしびれがほとんどなくなっているのに気付きました。まだかなりの違和感はあるものの、ううっと腕を抱え込むほどの痛みとしびれは収まってきたのです。そして昨日の診察日に、ようやくリハビリの卒業を先生からいただきました。受信券を数えてみると32枚。事務所から近いので通いやすかったとはいえ、よく通いました。
受信券

最初に受診したのが5月31日で、昨日が141日目。なるほどリハビリの「150日ルール」とは、それなりに裏付けがある数字なのでしょう。あと一回薬を出すから、また傷むようならまたおいでと。その時にしみじみ、このリリカという薬が出てから、こういう痛みに本当によく効くようになったんだよなぁと言われました。やはり特効薬と言われるものがあるのですねぇ。何か気をつけることがありますか?と聞いたら、頸椎から伸びる神経が2本圧迫されていることには変わりないので、せいぜい首の筋肉鍛えるくらいしか対処のしようはないからね!うーーん。やっぱり首が細くて頭が重いのが無理かかるのかなぁ…(>_<)
薬

診察室から出て、通い慣れたリハビリ室に行き、春からお世話になり、なんとか冬になる手前で卒業できましたと、スタッフの方々に挨拶してきました。ここには五十肩以来何度もお世話になっているので、また来ないようにしなくては。

リハビリの道すがら

  • 2016.06.25 Saturday
  • 06:00
仕事の合間をぬうように、なんとかリハビリに通っております。来週は恒例の無人島調査なので、しばらく空いてしまうなぁと、昨日も夕方自転車で向かいました。そんな道すがらでも、季節の花はどんどん移ろっていきます。今一番目立つものは、なんと言ってもフランスギクとイワミツバでしょう。北海道がこの花の盛りに合わせて「生物多様性保全条例」を施行したかのようです。
フイリイワミツバ

遠目に見て何だろう?と思ってしまったほど、見事に刈り込まれているサツキの‘大盃(おおさかずき)’。ここまできれいに刈り込まれているのは初めてです。マンションの管理人さんが、きっと几帳面な方なんでしょう。
サツキ

円山の住宅地でよく見かけるのがナツシロギク(Tanacetum parthenium)。それも多分、原種に近いたくましく雑草化したような個体が多く見られます。ハーブとして出回るフィーバーフューと同じとは思えない、がっちりとした姿です。今はクリサンテムム属から、タナケツム属に移されました。
ナツシロギク

この近くで、またイモカタバミ(Oxalis articulata)が植えられているのを見つけました。夕方なのでもう花が閉じていますが、このまま11月までずっと咲き続けるのですから、とても魅力的な植物といえるでしょう。でもこの繁殖力を考えると、たちまち指定外来種にされてしまうかもしれません。
イモカタバミ

病院近くの歩道の植えますには、二年草仲間のフウリンソウ(Campanula medium)とジギタリスが植えられていました。二年草のルナリアやフウリンソウは、栽培が面倒なのかいまいち植えられることの少ない植物です。フウリンソウは学生の時に真っ先にタネを播いた植物の一つで、翌年花が咲いた時の感激が忘れられないです。ジギタリスは雑草化するほどたくましいので、あちこちで生き延びていけるのでしょう。
フウリンソウ

リハビリついでに、すぐ近くにあるマンダリンマーケットに烏龍茶を買いに行こうと小路を通っていると、庭先に終わりかけですがグラジオラスが咲いてました。普通のグラジオラスは耐寒性がありませんが、この種は-15℃までの耐寒性があるとされ、道南ではよく見かけます。札幌で見たことがあったかなぁ。花の様子からは、グラジオラス・コムニスのうち、ビザンチングラジオラス(Gladiolus communis subsp. byzantinus)のようです。本種は地中海沿岸に広く自生し、Zone: 7 to 10 なので、6.5の札幌ではぎりぎりなのかもしれませんが、温暖化の進行で栽培できるようになって来たのでしょう。
グラジオラス

なんとも懐かしいつるバラに出会いました。子どもの頃、庭の板塀の上に長く這わせていた、淡いピンクのつるバラにそっくりだったのです。今風のつるバラとは全く違い、姿はやや暴れ気味ですが、どう見ても同じだなぁと、しばし眺めてしまいました。
つるバラ

ふと表札を見ると、なんとマンダリンマーケットを経営する晋南貿易の社長宅でした。初代の社長は中国から来日し、農学部を出てすぐにこの会社を興した方で、同じ学科の先輩になります。塀の上から枝を伸ばしているのは何とクコでした。なんか親しみを覚えるものがたくさん植えられていそうでうれしくなりました。
クコ

めまい

  • 2016.05.17 Tuesday
  • 06:00
昨日一日荒れ狂った春の大嵐も、夜明けにはすっかり収まり、道路の上には折れた小枝が山ほど落ちていました。札幌の最大瞬間風速が29.1mと、どうりで前に進めないくらいの強風だったわけです。そんな強風が吹き荒れているさなかに、病院に行って来ました。
先週から悩まされていためまいが、それほどひどくはならないものの完全には治らず、仕事の能率はがた落ちだし、背中の張りもひどいので、仕方なくまずは近くの耳鼻科に行って来ました。あれこれ検査されて出た診断は「良性発作性頭位めまい症」というもので、三半規管の中に耳石のかけらが剥がれ落ち、神経を刺激することから起きるのだそう。いろんな病気があるものですねぇ…

発症した時には、頭を動かした瞬間にティーカップに乗っているかのようにぐるぐる地球が回っていましたが、今はそれほどひどくはなく、体がくらくらっとする程度です。一番困るのが夜に寝返りを打った時で、寝返りした方向に体がぐるぐる回転して奈落の底まで転がり落ちていく感覚となり、気持ち悪くなって目が醒めてしまいます。何が原因なんですか?と先生に聞いたら、頭を打ったとか、加齢とか、過労で体力が落ちている時とかなので、何となく思い当たることばかり・・・

ただ、薬はあげるけど根本的に治すわけではなく、めまい感を和らげるだけで、自然治癒しかないのよね〜とのこと。一応リハビリのやり方を教えてもらいましたが、本当にこんなんで治るのかしらん?というものでした。ネットで調べてみると、「簡単に治す方法」なんてのもありましたが、こんな過激なことをかみさんにやってもらうのは怖いので、週末に会う理学療法士の息子に相談してみようと思います。
エブリー法
 (「メルクマニュアル医学百科 家庭版」より引用)

要は、だんだん無理が効かない歳になってきたんだなぁ…ということでしょうか。仕事をしていても、集中力とか根気とか、昔に比べれば格段に落ちているのが身にしみて分かるようになってきました。来年はいよいよ前期高齢者の仲間入り。肉体の老化とどう折り合いを付けていくのかが課題になってきそうです。

健康診断

  • 2016.03.23 Wednesday
  • 05:52
昨日は年に一度の健康診断。指定の時間が午後だったので、朝早くに食べたあとは水もがまんです。泊まりで徹底的に調べるドックタイプではないので、一時間ほどで終わりました。体重は昔からずっと平均体重のままですが、身長が少しずつ縮んでいくのが悲しかったけれど、今年は昨年と全く同じ。ようやく止まってくれたようです。昔の記録を見てみると(こういうものはすべてpdf化しているもので) 25年前は174.0cmあったので、その間に3.3cmも縮んでしまったのです…(>_<)

3時近くにようやく終わり、のどはカラカラでお腹はぐうぐう… 円山のクリニックだったので、さっそく円山クラスへ行きました。入り口にある花屋さんではサクラが満開に。本州では各地から開花宣言が出ているけれど、桜前線が札幌に到達するのはまだ40日も向こうのことです。
花屋さん

27日は「さくらの日」とありました。なんでかと思いきや、3×9=27なのでした。よくいろいろと考えるものです。
さくらの日

ここの3階には「杵屋」があります。大阪系の店だけに、手打ちの麺とつゆはしっかりしているので、全国どこの店で食べても安心なうどん屋さん。普段なら御飯付きの定食は食べないけれど、お腹ぺこぺこだし、かやく付きだとはずせません。
うどん

ここには、ボランティアの立ち上げの時にお手伝いさせていただいた動物園の森のボランティアさんが働いているので、時々寄せていただいてます。少し話させていただきましたが、その当時の方はもう4、5名しか残っていないそうです。来月にはボランティアが写した写真展も企画して元気に活動しているようなので、久しぶりに覗いてみようかな。

ロードワーク終了

  • 2015.12.27 Sunday
  • 05:55
昨年のクリスマスは、息子の結婚式のためにハワイに行き、28日の夜に戻ってきました。あの時と比べて今年の冬はかなり暖かくて雪も少なく、今回の寒波で札幌は初めて真冬日になったくらいです。いつまでも道路が凍らないので、ジョンバに雪がくっついてやりにくく、滑りをよくするために KURE 5-56 をかけたほどです。(ジョンバというのは、プラスチックの雪かきスコップのことで、語源不明の言葉だとか。) 今回の雪と寒波で、路面にがっちりと雪が凍り付き、町中の道路は恐ろしいことになってしまいましたが、雪の量的には全くの平年並みだとか。雪の降り方積もり方は、本当に毎年変わるものです。
積雪状況
実はまだ早朝に走っていたのですが、路面の状態が一気に悪化してしまったので、怪我をしないように今年は終えることにしました。初雪までは峠を越えて盤渓までのコース、雪が降ると路肩がなくなってしまうので、初雪以降は逆に真っ直ぐ動物園まで走り下り、それから歩いて戻るコースにしています。何度か万歩計を付けて計ってみましたが、どちらもだいたい6千歩前後でした。この時期の四時半はまだ真っ暗ですが、下りの動物園までは街灯が全部あるし、ほとんどロードヒーティングが入っているので、普通に走ることができるのです。ところが−5℃以下になるとヒーティングが効きにくくなり、部分的に凍ってくるので危険になってしまいます。

今年は雪融けが早く、3月19日から走り始めました。このペースなら今までにないくらいの回数になるはずでしたが、7月に足の具合が悪くなって半月近く中断があり、それでも最終的には今までで一番多く、237日走ることができました。上川への泊まり込みが多かったり、中断期間があった割にはしっかり走れた年だったでしょう。
ロードワーク

早起きしてしっかり汗をかくと、全身の血がすっかり入れ替わるので、とても体調がよくなります。無我の境地ではなくて、あれこれ仕事の段取りを組み立てたり、講演のシナリオを考えたりと、短いながらも得がたい時間になっています。これからは運動不足にならないよう、昼間にしっかり歩こうとは思いますが、昼間はなかなか気が散って考え事はできないのが残念なところ。一日も早く春が来て、雪が融けてくれることを祈りたいです。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM