6号誕生♪

  • 2020.01.25 Saturday
  • 05:47
予定より約一週間早く、昨日の朝無事6号が生まれました。予想通り女の子で、ちょっとにんまりしましたが、すぐに真っ青に。今回は病院ではなく産院で産んだけれど、2,000gを切っていたので、NICUのある病院に収容が必要で、救急車で搬送されたとのこと。朝から心配でわたわたしてしまいました。

ちょうど3号が幼稚園に入るためのアレルギー検診の予約をしていたので、かみさんと二人で昼までにそちらを片付け、ようやく1時近くに病院に。久しぶりに会った父ちゃんの腕にに飛び込んで行きました。
病院

確かに痩せてはいるけれど、ほぼ予定日までお腹に入っていたので、そんなに心配することはなさそうだし、難産ではなかったので、母親もそれなりに元気なので一安心。でも一ヶ月くらい入っているようなので、フォローが大変です…
赤ちゃん

この病院は3号が生まれたところなので、なんとなく懐かしいというか、生まれた日のことを思い出してしまいました。本人はそんなことは知らないので、窓から大好きな電車や車が見えるのが面白く、窓枠に上げてやると大興奮。
秋文

ちょうど西線の路線がまっすぐに見えるので、しばら〜く眺めておりました。先日乗ったばかりのポラリスが通ったので興奮も最高潮に。男の子は乗り物が本当に好きですねぇ。女の子はどんな風に育つのかしらん?
ポラリス

娘は赤ちゃんが退院するまでいなければならないけれど、3号は保育園にそろそろ行かなければならないので、父ちゃんが引き取りに来ることになりそうです。それまでじじばばが、へろへろになりそうだけどがんばるぞっ!

出産準備

  • 2020.01.20 Monday
  • 05:49
週末には、余市にいる娘が出産準備のため、子どもを連れて我が家にやって来ました。非常勤で教えている北星余市校での講義を、どうしても単位を付けてやりたい子がいるのでと、ぎりぎりまで講義をすませてから戻って来たので、いつ生まれてもおかしくない状況で、毎日ハラハラの日々が始まります。25日が新月なので、一番危ないのだとか…困ったなぁ…(>_<)

家に帰ると、3号が元気よく「じぃじ お帰り〜」とお迎えに。なにやってるの?と聞いたら、さっそくプラレールをぶちまけて、にぎやかに遊んでました。うちの子供たちが使い終わって20年くらい押し入れで眠っていたものが。電池を入れてやるとほとんど復活してくれたのです。
秋文

正月には従兄弟同士3人で、取り合いしながら大騒ぎで遊んでいたけれど、今度は独り占めできるので、心置きなく遊べることでしょう。他のおもちゃもすべて保管しているので、半月くらいたっぷり遊べるかな。
プラレール

娘が子どもの時から大切にしているぬいぐるみまで里帰りしているので、安心して子どもをお迎えできそうです。6番目は女の子かなぁ…
ぬいぐるみ

40年前の決断

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 05:49
古い話ばかり続きますが、今から40年前の1980年は、私にとっては嵐のように荒れ狂った年でした。79年の2月から、豊平公園の緑のセンターに臨時職員として勤めることになり、最初の一月は残業が150時間もの激務を乗り切って無事3月にオープン。来館者があまりにも多くて大変だったけれど、楽しい職場でした。
緑のセンター

そして7月には市の採用試験を受けて、すんなり市の職員になるはずでした。ところが、11月1日に届いた通知では『不合格』。あわてて部長が確認すると、最低血圧が1ミリオーバーしていたために不合格になったことが分かり、大騒動になりました。確かにたった1回測っただけで、正確な血圧なんか分かるはずもありませんからね。

結局その判定は覆らないものだから、J部長から何度も呼び出され、臨職を特例でもう一年延長するから、再度試験を受けてくれというのです。その時は本当に悩みましたが、ここは一度原点に立ち返らないと一生悔いが残るからと、きっぱりと断って造園会社に行くことに決めました。あちこちに原稿を書きまくり、テレビの準レギュラーにもなったりして、やっぱり天狗になってしまっていたのです。そこで選んだのが、当時センターによく来ていた岸村さんの会社でした。確かに腕はいいかもしれないが、大酒飲みだし給料なんかまともにもらえないので、あそこにだけは止めておけとみんなに言われましたが、そこに行くことに決めました。(この写真は、亡くなられた後歴代の仲間が集まり、親方にも献杯をして酒を酌み交わした時のものです。)
親方

緑のセンターを辞めた2月11日には、センターの仲間全員と、市の係長まで来てくれて、送別会を開いてくれました。一年間の勤務が濃密だっただけに、もう行けなくなるのかと思うと、ものすごく寂しい思いと、先行きへの不安が募って来たことを思い出します。
送別会

そうして、道新の連載も2月28日付けが最終回。読み返してみると、これで終わりですとは書いていなくて、質問募集が載っているということは、そのまま誰かに引き継いだのかなぁ…? 私からは推薦していないので、道新の方で後釜を見つけたのかもしれません。

最終回

そして3月3日の日曜日。真駒内からもみじ台に引っ越す知り合いのを手伝っていて、もみじ台に向かう途中に、八紘学園の横のところで猛吹雪に巻き込まれ、一寸先も見えない中で正面衝突。右膝をつぶして厚別の救急病院に運ばれ、約一ヶ月入院してしまいました。翌日から出勤するはずだった造園会社にも電話することもできず、二日後の夜にようやく連絡して事情を説明して、約2ヶ月遅れてようやく植木屋生活が始まりました。本当に嵐のような半年間、ボロボロになりながらも、よく乗り切れたものだと思います。

ドタバタ

  • 2019.12.30 Monday
  • 06:00
年末のこの時期でも、朝はちゃんと4時に起きて走っています。もちろん冬は、盤渓に向かう道は狭くて危険なので、まっすぐ動物園の駐車場まで駆け下りることになりますが、今年は雪が少なくて、ようやくこの数日で雪道になりました。気温は−6〜8℃くらいだけど、そのくらいならちょうどいい感じで、気温が高いと汗だくになって、却って冷えてしまいます。3年前から冬も走るようになったので、体重管理と体調管理には、もう止められなくなってたしまいました。今年は出張が少なかったせいか、これまでにない日数を走ってきたのですね。

ランニング実績

昨日は朝いちで買い物に。なんといっても目玉は鯛で、愛媛産の鯛をゲットできました。ここの店は100グラム100円と、こんなに安くていいのかな、というほどの値段で出してくれるのです。ありがたいけれど、生産者にはちゃんとお金が回るようにしてほしいです。

鯛

あれこれ買い込んで家に戻ると、眩しいほどの日差しを浴びて、家の前の歩道がきれいに出ていました。このあたりの家は、ほとんどが歩道までロードヒーティングを入れているのですが、我が家はもちろんそんなものは入れていません。その代わり、きれいに雪をかいておくと、日中日差しがあればその熱で融けてしまうのです。究極のエコヒーティングといえますが、いつまで融けてくれるでしょうか。
エコヒーティング

荷物を置いて事務所に下りて、残りの年賀状書きを済ませました。今年はいつもより早いくらいだけれど、さすがに大変でした。年賀状のリストを見ようとクリックしたところが。このファイルは開きませんと。10年前のソフトだと、新しいOSに対応していなかったのです。それで仕方な最新バージョンをダウンロードして、やっと開きましたが、体裁ががらりと変わっていて四苦八苦。やっぱりこういうものは5年くらいが限界だったのですね。分かってはいたのですが、仕事に追われてサボっているとこういう羽目に陥ってしまいます。これからは気をつけなくては。

再インストール

さて今日は事務所の大掃除。早めに帰って家の片付けも手伝わなくては。子供たち一家が大集合するので、嬉しいやら大変やら・・・(^^;)

引っ越し

  • 2019.12.21 Saturday
  • 05:52
昨日は長男の引っ越しの手伝いをやってました。30過ぎで家を建てるのですから、たいしたものだと思います。私が家を建て替えたのが38歳の年だったし、お金がなかったので、かなりカツカツの家になってしまいました。それに比べれば家だって立派なものだし、差を付けられてしまいましたねぇ…(^^;)
新居に持っていくものを満載して出かけたところ、家の辺りは日が差して道路も乾いていたのに、北に行くにつれて空は真っ暗で、雪の量がどんどん増えていきます。百合が原公園の近くなので、やっぱり雪は多いようです。
新居

荷物を新居に運び込み、まだがらんどうの新居を見て歩きました。我が家と違ってしっかりと断熱された構造なので、ポカポカ暖かくていいなぁ…
リビング

2階は寝室と子ども部屋。子どもが二人になったし、二人とも男の子だったので、うまく部屋割りができそうかな。女だったら面倒だったかも。
2階

待てど暮らせど荷物が届かないので電話してみると、積み込みに手間取っているので、まだまだかかりそうとのことなので、近くの百合が原公園に時間つぶしに行ってきました。着いた時にはかなりの雪だったけれど、出てきた時には青空に。やれやれ。
百合が原公園

昼近くになってようやく荷物が届き、手際よく運び上げてくれました。慣れているとはいえ、あんな重たいものをひょいひょいと運んでくれるものだと、いつも感心してしまいます。引っ越し屋さんが履いている靴がまた面白い。一応靴なんだけど、すぐに脱ぐことができるし、かといってサンダルでもなしで、うまく作られています。さすがプロの道具ですねぇ。
靴

孫5号はちょうど50日目。眼がぱちくりして父親に似ているのかな。わしがじじだぞ!!といったら、じぃっと見つめていました。彼の目には、新居はどう見えていくのでしょうね。夕方保育園から帰ってくる2号の反応も楽しみでした。
5号

こうやって我が子の成長ぶりを見るにつけ、この孫たちが成長して、酒を飲み交わせるまではがんばらなくてはと強く思ってしまいました。あと20年は遠いようで、案外早く来るかも。

日曜のミッション

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 05:50
今年も日曜日に休んだ日はなく、最低でも半日は仕事をしてきました。報告書作りが団子状態のため、日曜も昼近くまで仕事をしてからポプラ通へ。先日ササ刈りをお願いしていたのですが、最後まで付き合えなかったので、完了写真を撮っていなかったのです。この時期は天気予報とにらめっこして、雪が降らないうちに撮さないといけないので、ラストチャンスと判断して正解。昨日は朝からベチャベチャと湿雪が積もってしまいました。
ササ刈り

現地に着くと、あれほど繁っていたササがきれいになくなっていました。初めて付き合った業者さんだけど、本当に丁寧な作業をしてくれる会社で、自分たちもどう変わっていくのか興味津々だと、熱心にやってくれるのです。ここは2〜3mのヤマグワが密生していたところ。ウソみたいにきれいさっぱりなくなっておりました。これで再生しないのであればいいのですが、これから根比べが始まります。
ヤマグワ

もう一つのオオバナノエンレイソウの保全区域は、先日ある程度まで付き合っていたのですが、雪もなくなり、地際まできれいに刈り取られて、本当にさっぱりしておりました。こちらにはロープ柵がないので、雪解け後にすぐにロープを張る必要がありそうです。
ササ刈りあと

まだ明るいうちに自宅に戻り、このところ毎週がんばっているジャム作りを。三回目は再びブラムリーですが、今回は真っ赤に色付いているものです。先月末に余市に行った際、いつもお世話になっているリンゴ農家に挨拶に行ったら、リンゴの話で盛り上がり、こんなリンゴ知ってるかい?と出してきたのがこれでした。余市ではE1(いーわん)と呼んでいて、リンゴジュースの酸味付けにたいてい何本か作っているのだそう。ジャム作りが好きなら、これもって行けよといただいてきました。
赤いブラムリー

生で食べてみると、青いものでは酸っぱいだけでとても食べられないけれど、これは爽やかな酸味で、十分食べられるほどでした。せっかく赤く色付いているので、赤味のあるブラムリージャムにしようと、皮のきれいなところをできるだけ入れてみました。
皮ごと

ブラムリーですから、果肉はすぐに崩れてくるのですが、皮はなかなか融けてくれません。腕がだるくなるくらい潰し続けて、ようやく融けてくれましたが、先週作った紅玉のようにはきれいな赤味は出ませんでした。
煮つぶし

ブラムリーでのジャム作りも4年目になり、だいぶん作り慣れてきました。初めの頃は緩すぎてうまく固まらないものがありました。水分が多いので、かなり煮て水分を飛ばさないといけななかったのです。そこでドライヤーの出番。これで水分を飛ばすのと、表面温度を冷まして噴火するのを抑えることができるのです。油断すると火口の熔岩のように飛び散って、大変なことに。じっと我慢して混ぜ続け、ようやく完成しました。
水分飛ばし

今年のジャム作りは、日曜に三週続けての作業となりました。じじ印ジャムを、早く孫たちのところに送ってやらなければ。
じじ印

追悼 東龍夫君

  • 2019.11.15 Friday
  • 05:50
昨日の朝、友人の訃報が入って来ました。覚悟はしていたとはいえ、涙が止まりませんでした。ひがしリサイクルサービスの社長として、ゴミや廃棄物関係の世界では超有名人です。彼は私と同じ歳、大学に入ってすぐに知り合ったので、もう50年近くになるのですね。(この写真は6年前に教養時代の友人が集まった時のものです。)

東くん

今年6月に突然メールで、頭痛がひどいので検査したところ、肺がんが小脳に転移していて、すぐに手術しないと3ヶ月の余命ですと宣告された というのです。タバコも飲まないのになんで??と思ったことでしょう。その後9月にまたメールが来て、手術・放射線・抗がん剤治療と西洋医学のフルコースをして、自宅療養に移行しました。10月に本が出るので、出版記念パーティーやれるようにがんばるよ。と言っていたのです。

先週生活クラブのチラシに本が紹介されていたので、すぐにメールしたのですが、返信が来なくて気になっていました。それがまさか、こんなすぐに訃報を受け取ることになろうとは…

ちらし

教養部の一年半はまだ世の中が騒然としていた時代。入学式もなかった唯一の年で、学内は革マルと民青が激突し、我々ノンセクトは両方からいじめられて、ひどい日々を過ごしていました。そんな中知り合った彼は、いつも飄々として安心感があり、よくベ平連の集会やデモに行ってました。一ヶ月ほど、彼の下宿に居候したこともあったなぁ…

彼は結局大学を中退し、30年ほど前にひがしリサイクルサービスを始めて、着々と自分の道筋を確かなものにしていきました。札幌市資源リサイクル事業協同組合理事長を始め、全国組織でも重要な役割を担ってきたのです。そんな経験を踏まえて、これから私たちはどうすればよいのか、彼の考えをまとめたのがこの本です。まだ手元には届いておりませんが。

くず屋

死は、いつかやってくるものとは言え、分かってから4ヶ月余りで整理しきれるものだろうか… 突然やってくれば、そのあとはどうすればよいのか、そろそろ考えなければならない歳になってしまいました。彼ならきっと、「そんな難しく考えないで、毎日毎日をきちんと生きてりゃいいんだよ!」というだろうなぁ。

孫三昧

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 06:02
余市の娘が赤ちゃんを見に来るというので、札駅まで迎えに行くかい?と聞いたら、ちびがまだ地下鉄に乗ったことがないのでというので、病院で待ち合わせることにしました。この病院にお世話になるのは三年ぶり。マリア様の周りにはカサブランカが植えられているし、夏だったらかなり素敵な空間になっていることでしょう。
天使病院

産科の病室には、検査を受けていない子どもは入室禁止なので、3号は面会することができず、交代で赤ちゃんに会ってきました。お兄ちゃんは一ヶ月早く生まれた未熟児だったので、退院するくらいでようやくこんな感じだったかと。これなら安心だねと、安堵しました。
5号

せっかく2号と3号が揃ったし、3号はまだ円山動物園に行ったことがなかったので、動物園に行ってきました。三連休の最終日とはいえ、時折雨がぱらつくし、気温も10℃以下と肌寒く、駐車場もかなり空いておりました。外を歩くと寒いし、動物も中に入っているのがほとんどのため、建物をささっと渡り歩く感じに。シロクマも寒くて水には入りたくなかったのか、ゴマちゃんだけが元気に泳いでました。
ゴマちゃん

チンパンジーが一匹だけ上の方に座って、寒いのか時々猛烈に走り回ったり運動しているのを見て、3号もまねをしておりました。
猿まね

今年できたゾウさんのところに行くと、一頭だけ別の区画に入っている雄のゾウは、入り口のドアのところから動かず、寒いから中に入れてくれ〜と悲痛な鳴き声を上げておりました。雌の三頭は、吊り下げられた網からワラを食べており、のぞき窓からしっかりと見ていたので、いい思い出になったのではないでしょうか。
ぞうさん

どこもかしこも階段だらけで、だっこして上り下りするのにはけっこう大変。3時を過ぎると寒さがますます厳しくなってきたので、サルさんには悪いけれど、暖かいところから眺めさせてもらいました。3時間弱と短い時間だったけれど、ひととおり回ることができたので満足したようです。
サルさん

駅まで送っていく車の中で既に爆睡。こちらも腕や腰がパンパンで、若くもないじいじにはけっこうな運動になりました。3年後にはもう70なので、次のちび軍団には白旗が揚がりそうです…(>_<)

忙中閑

  • 2019.09.07 Saturday
  • 06:00
昨日は久しぶりに事務所に引き籠もって、あれこれ仕事を片付けていました。向かいで昨年から進められているマンション工事が、あと一ヶ月ほどで完成になるので、このところ外構工事で最高にうるさかったものが、ようやく静かになってホッとしたところです。

月に1回、降圧剤の処方をお願いに自宅近くの病院へ。若い頃に本態性高血圧と診断され、40歳過ぎた頃に過労で入院してからは、ずっと降圧剤を飲んでいます。面倒がらないよう、一番行きやすいところで薬を出してもらうように言われたので、自宅から歩いてでも行ける老人病院にお願いすることに。この病院は数年前から環境整備に熱心になり、あちこちにプランターやハンギングバスケットを置き始めましたが、手入れはいまいちで、ちょっと可哀想。
プランター

住宅地の一番外れのため、窓の向こうには川が流れており、ロビーからは自然林が見えてなかなかのロケーション。こういうところから眺めていて、林の中をクマさんが歩いていたら絵になるだろうなぁ…なんて考えてしまいました。
ロビー

ここにお世話になってもう10数年になり、主治医の先生はいろいろと気を使ってくれるので安心です。一点気になることがあったので前回検査に出していましたが、結果も良好なのでご安心をと、気持ちよく外に出たら、ちょうど真っ正面に我が家が見えました。このあたりの家は、見晴らしがいいように生えている木を全部切ってしまうのですが、我が家は反対にせっせと木を植えて、こんもりと森を作っています。なので家からここが見えることに気がつきませんでした。
我が家

お昼はやっぱりうどんにしようと、丸亀製麺へ。最近は現場があちこち散らばっているので、新札幌や新川、宮の沢などの店ばかり。久しぶりに伏見の店に行きました。夏の間はぶっかけばかり食べていたけれど、そろそろ釜揚げの季節の到来です。
丸亀

買い物を頼まれていたので、ついでに行きつけのスーパーにも寄りました。入り口には新もののリンゴがずらりと並んでいて、嬉しくなりました。一年のうち10ヶ月くらいは毎日朝リンゴを食べているので、リンゴの消費量はかなりのもの。トップバッターはかつては「祝」でしたが、最近では「つがる」や「シナノレッド」そして「未希ライフ」などが出回っています。
リンゴ

「未希ライフ」ってなんだろう?と調べて見たら、NHKの大河ドラマ『いのち』の主人公だった三田佳子演じる高原未希と、ドラマの名前から来ているのだそう。弘前でリンゴ園をやっているこの品種の作出者が、ドラマの演技指導をやったことから、それを記念した名前になったものです。甘味と酸味がよく調和して、とってもおいしいリンゴでした。
未希ライフ

孫の襲来

  • 2019.08.17 Saturday
  • 05:48
台風一過。猛烈な蒸し暑さが残されていますが、交通機関がこれだけ止まってしまうと、大変な思いをされた方が多かったことでしょう。150mmの雨が予想されて…と脅されていたわりには、札幌の降水量は二日でわずか20mm足らず、思ったほどには降らなかったようです。土日の間に混乱も収まり、平穏な日常に戻ることを祈りたいです。

昨日も午前中は事務所で仕事。丸々一日の休みはなかなか取れません。一区切りついたところで、数日前に届いた HONDA Magazine をパラパラめくっていると、とっても懐かしい車が載っていました。
HONDAマガジン

大学を出てからすぐに中古の軽バンを買って、その後2台中古車を乗り継いでいましたが、ようやく81年に初めて新車を買ったのがこの車でした。本当はホンダのステップバンが欲しかったけれど、その時点でもうレアものになっていたので、1,000ccのかわいい車にしたのです。しかも黄色の道内第1号の車でした。マッドネスのコマーシャルが人気だったので、信号待ちしていると、子供たちやおじさんまでこのポーズをとるのがおかしかった!稚内まで満タンで往復できるほど燃費のいい車だったので、特に印象深い思い出がよみがえりました。
シティ

孫が次々とやってくるので、とっても重たかったけれど、どでかいスイカを数日前に買ってきてました。私が選んだ球は、スが入っていなくてバッチリ。半分を事務所の冷蔵庫で冷やして準備万端用意しました。
スイカ

前日の2号に続いて、昨日は函館から帰省していた1号と4号がやって来ました。大荒れのため外遊びはできなかったけれど、3号とおもちゃの取り合いをしてにぎやかに遊んでました。半年前に生まれた4号は、もう寝返りが打てるので、すぐにごろごろと転がってしまいます。しばらく見ないと成長が早くてびっくりでした。
4号

もう離乳食も始まっていて、2人目はなんでも早いとのこと。親にも余裕があるのが影響して、子どもがゆったりと育つようです。全然泣かないので、夜も楽なんだそう。こうやってミルクをくわえさせておけば、セルフで全部飲んでくれ、その頃にはぐっすり眠ってしまうとか。5号6号もこんな風になってくれるかなぁ…
セルフ飲み

引っ越し

  • 2019.06.11 Tuesday
  • 05:42
日曜は、終日引っ越しに追われていました。といっても私ではなく、近くのサービス付き高齢者住宅にいる母の引っ越しです。先月で96歳になり、さすがに肉体的には衰えが目立つようになりました。認知機能はそれほどではないにしても、とんちんかんなことをやることもあり、同じ施設内でもより手厚く生活支援ができるよう、フロアを変えることになったのです。同じ間取りながら、1Kからキッチンがなくなるので、部屋は広くなりました。

一間とはいえ、よくもこんなに物が入りましたねぇ…と言われたほどの荷物持ち。几帳面な人なので、棚の中の写真を撮しておいて、そのまま復元するようにしました。
棚の中身

荷物の引っ越しそのものは、午前中で終わったのですが、大変だったのがベッドの解体でした。何度も転がり落ちたので、今度は介護用のベッドをレンタルすることになり、不要になったベッドは解体して、大型ゴミの日に出すことになります。ところが、ベッド下の引き出しを抜かないと解体ができないのに、何をやっても引き出しが抜けないのです。30分くらい格闘したけれどだめなので、いったん事務所に戻ってネットで検索すると、家具屋さんのページにフルスライドレールのはずし方が載っていたのです。初めてのことなので、こんなに面倒だったとは…(>_<)
スライドレール

結局夕方までかかってベッド以外の物はすべて片付け、ヘトヘトになって家に帰りました。昨日は、流しの下にあった収納場所がなくなったので、小さな棚を買ってきて組み立てたり、不用品の整理をしたりと、半日かけてようやく引っ越し完了。あとは大型ゴミの日にベッドの残骸を出すだけになりました。
ベッド

松山から連れてきて早や三年。私が忙しすぎてあんまり連れ出す機会がないけれど、平穏に過ごせるようにできるだけのことはしなければなりません。

熊本の墓

  • 2019.05.25 Saturday
  • 05:52
松山の従兄弟から、写真が送られてきました。数日前に電話があり、「久しぶりに熊本の墓参りに行ったら、墓の周りがすっかり変わってしもて、たまげたがな…」というのです。何があったのかと思ったら、墓地そのものは変わっていなかったけれど、墓地を取り巻く森がすっかり切り開かれて、熊本市から手前の菊池市に向かう菊池街道が、丸見えになっているのです。
江良の墓1

この斜面はほとんど竹林になっていて、それを伐採した残材が山のように積み上げられていました。この山裾は、かつては熊本電鉄菊池線が走っていたのですが、今は途中で打ち切られてこの辺りは廃線になり、その鉄道敷を使って道路も拡幅されているので、更に拡幅されるはずもないんだけどなぁ…
江良の墓2

私が墓参りに行ったのは一昨年の秋のことで、別府で集まった同期会に合わせて行ってきました。県道のふくらみみたいなところに車を置き、急な階段を上ったところにお墓があります。この斜面は孟宗竹が密生し、昼なお暗い不気味な雰囲気でした。これがすべて無くなっていることに。
入り口

松山の墓には、9代目の親父と8代目の祖父が、ここの墓には7代目の曾祖父と6代目の一族が埋葬されているけれど、さらにその前の墓も別のところにあります。ご先祖は代々医者をやっており、藩の命によって転勤させられるので、お墓があちこちにできてしまったようです。墓石が残っているのはここまでなので、従兄弟と私が何年かおきに参っているけれど、既に70代になっている従兄弟は「わしも歳じゃけん、いつまで行けるか分からんぞ…」という話になってしまいます。
お墓

土の上にバラバラに立っていた墓を、まとめて整備したのが私が浪人している年だったので、もう50年近くも昔になってしまいました。周りの墓石に負けないくらい古びてきています。墓仕舞いの話がよく話題になっているけれど、うちだって人ごとではなくなってきたようです。
墓誌

孫の大集合

  • 2019.04.15 Monday
  • 06:02
2日で普段の4日分近く爆睡したら、風邪もようやく治ってきました。やはり睡眠は大切です。
2月末に生まれた孫4号を引き取りに、函館から次男がやってくるので、子供たち一家が勢揃いしてお祝いをすることにしました。松山では何があっても鯛なので、こちらは前日に仕入れておき、オーブンできれいに焼き上げました。シッポは入らないので、ちょん切って別に焼き、串でくっつけてます〜
鯛

長男一家は所用で遅れるため、まずは前祝いをやってから子供たちは外遊び。以前は一緒に遊べなかったけれど、それなりにコミュニケーションが取れてきました。同学年とはいえ、パワーに勝る3号の方が、圧倒的に押しまくっておりましたが…(^^;)
外遊び

中遊びだと、どうしてもおもちゃの取り合いになるので、1号はやや押され気味、それでも保育園に行くようになると協調性がついてくるので、それなりに遊べるようになったのが微笑ましく感じます。
中遊び

孫4号も男の子。一人くらい女の子が…というのはぜいたくな悩みでもありますが、こればかりはなんとも致し方ありません。 お兄ちゃん達なんだかうるさいなぁ…なんて考えているのでしょうか?
4号

間もなく長男一家もやって来て、しばらく大賑わいが続きましたが、次男一家が帰るとすっかり静かになりました。2号と3号は仲良くぬいぐるみを抱っこして、ビデオに撮っておいたアンパンマン劇場を見ていました。
アンパンマン

ずっと一緒だと結構大変でしょうが、何ヶ月かに一度の大集合はやはり楽しいものです。

孫の成長

  • 2019.03.31 Sunday
  • 05:40
ようやく晴れたものの。風は依然冷たく、庭の雪も全然融けてくれませんでした。家の北側の春咲きスノーフレークはまだ氷の中で固まったままでしたが、南側にあるスノードロップは、もう一息で花が開くところまでつぼみを膨らませてきました。
スノードロップ

孫の具合が悪いのは、ひょっとしてネコアレルギー?ということになり、予定を早めて昨日のうちに帰ることになりました。いろいろとアレルギーを抱えているので、可能性なきにしもあらずだけど、困ったなぁ…(>_<)
椅子

余市の家にはテレビがないので、うちにやってくると眼をキラキラさせて見入っています。保育園でアンパンマンなどは見せているようで、ビデオに撮っておいたのをかけてやると、すぐに体を動かしていました。ずっとテレビを置かないつもりなのかなぁ…
アンパンマン

孫の成長ぶりには目を見張るものがあり、来るたびに言葉もどんどん覚えています。一月くらいずつ空けて会うと、よけいにそういうことが分かるのかもしれません。絵を合わせていくカードでも、迷うことなくカードを選んでいくのでびっくりでした。
絵合わせ

余市までの帰りはバスが便利なので、事務所近くのバス停まで送っていきました。孫の手を引いて歩いていると、隣の駐車場の隅っこで、クロッカスの花が。この子も花が好きになるかなぁ?なんて勝手に考えてしまいました。
クロッカス

あたふたな一日

  • 2019.03.30 Saturday
  • 05:27
寒い日が続きます。昨日は朝いちで琴似駅へ。市内のホテルで全道のワイナリーが集まっての勉強会があり、夫婦で余市から出てくるので、子供をホームでゲットすることに。駅前のロータリーで待っていると、晴れて青空が出たと思えば、雪雲に覆われて雪が舞い始めたりと、目まぐるしい空模様でした。
琴似駅前

首尾よく子どもを受け取って家まで送り届け。午前中は自分の病院に行って薬出してもらったり、おふくろのところのものを買い出しに行ったりと、バタバタしていてあっという間に過ぎてしまいました。午後は事務所であれこれ片付けものしていたら、預かっている孫3号が熱出して鼻水垂らしているとか、おふくろが熱っぽくで横になっているとかで、行ったり来たりとしているうちに、あっという間に一日が終わってしまいました…(>_<)

そんなこんなで、今日はあれこれご案内を。毎年ブータンに出かけて青いケシを追っかけている梅沢さんが、札幌で写真展を企画しました。
青いケシ展
昨年東京で行われた展示が好評だったので、やはり地元でもやらなくてはと企画したもののようです。メコノプシスは「青いケシ」と呼ばれるものの。青だけでなく黄色や真っ赤など様々な花色をもち、姿形も多様です。それらの写真が一堂に見られる貴重な機会ですので、ぜひご覧下さい。
案内

当別にある北海道医療大学には、広大な薬用植物園があります。その中にある温室では、現在ヒスイカヅラが見頃を迎えているそうです。温室は、平日の9時から5時まで無料で公開されています。私もここのものはまだ見たことがないので、一度見に行かねばと思っていたところです。学園都市線の駅に直結していますので、こちらもぜひご覧下さい。
ヒスイカヅラ

孫4号の誕生♪

  • 2019.02.25 Monday
  • 07:24
昨日午後に、帰省中の次男の嫁さん宅に行ってきました。孫1号はちょうど2歳と5ヶ月で、しっかりした子どもに成長していきます。
1号

ひとしきり鬼ごっこして遊んでから、お腹の中にいる第2子に、予定日は来週だけど、のんびりしてないで早く出てきていいんだよ〜とハンドパワーをたっぷり送り込んでおきました。
4号

そうしたら、夜中に産気付き、陣痛が始まって30分で無事出産したとのこと。夜中なのでクリニックまで10分くらいとのことでしたが、さぞやあわてたことでしょう。私はこれから四日間出張に行くので、孫の顔を拝めるのは退院間近かな。旅行中やきもきしないでよかったけれど、超ドタバタした朝でした〜

身内の飲み会

  • 2019.02.03 Sunday
  • 05:55
昨日は飲み会があるので、昼過ぎに一旦車を置きに帰り、バスで事務所に下りていきました。先日からバス通りや大きな通りの排雪が始まっていたので、バス通りも広々としてました。
道路の排雪

バス通りは、支障があれば何度も排雪が入るけれど、町内のマルチ除雪が早々と昨日から始まってしまいました。町内会には四班あって、いつもの年なら一班で一日以上かかるのに、今年はなんと一日に二班ずつ片付いてしまったよう。確かに雪の山も全然ありませんからねぇ…まだまだこれから降るのに、こんなに早く終わったらどうするのかなぁ…

昨日の飲み会は、息子たちのパートナーのご両親と。うちはそれぞれ会っているけれど、こういう機会がなければみんなで顔を合わす機会もないので、毎年集まるようにしています。ネオン瞬く町中に、呑みに出ることなんかなくなっているので、しばし見とれてしまいました。
町中

こうなると、話題になるのは孫たちの成長ぶり。どちらも初孫なので、目に入れたり出したりと、とってもかわいがっていただいてます。まもなく四人目が生まれてくるので、なんやかんやと盛り上がってしまいました。こうやって、仕事の話しやら車の話しやら、心置きなく打ち解けて呑めるというのはありがたいもの。なんとか時間を作って、夏にも一杯やりましょうということになりました〜
刺身

三が日終了

  • 2019.01.04 Friday
  • 05:53
昨日も気温は低かったけれど、引き続き好天に恵まれました。余市の家ではヤギを二頭飼っているので、一日しか家を空けることができません。帰る前に夕食をすぐにやれるよう、家の近所の斜面からササの葉を頂戴してきました。ちょうど50cmくらいの柄が付いた剪定鋏を買ったばかりだったので、きれいな葉をチョキチョキとつまみ切りしていきました。袋に一杯採れたので、2,3日は間に合いそうです。
ササ刈り

すると、じいじと母を探しに孫がとことこやって来ました。坂道を勢いよく駆け下りていくので、ばぁばがようやく連れ戻してくれました。田舎育ちだと、車の多いところでの対応が心配です〜
お散歩

帰る前に温かいソバを作ってやろうと思いましたが、3号はアレルギーがあるので、グルテンフリーのうどんを先に茹でてやりました。この子の前ではビスケットやクッキーなど食べられないので、かなり神経を使ってあげないといけません。
うどん

私たちは暖かい鴨南そばを。そばを茹でるのは、うちでは私の役目になっています。七味をたっぷりかけていただくと、体がすっかり温まりました。
鴨南そば

この子はお腹がすくと、ちゃんと椅子を持ってきて、待っているのだそう。食べ終わったら食器を片付けて、落ちている食べかすもきれいにするし、布巾でテーブル拭いていました。孫たちの成長ぶりを楽しめた正月休みも、あっという間に終わりです。
お片付け

最近では、大晦日から三が日の四日間は完全休みにするけれど、あとは、なにかある時に半日休みがあるくらいで、ほとんど仕事に追われる毎日です。その意味では、しっかりとリフレッシュできた四日間となりました。

新年会

  • 2019.01.03 Thursday
  • 06:27
昨日は穏やかに晴れ渡りました。こんな天気なら、除雪業者さんたちも、のんびりと正月を楽しめたことでしょう。
青空

昼前から、全員集合しての新年会。お節に加えて、鯛や海老も加わって、テーブルの上に載せきれなくなってきました。今はまだ子供たちが小さいけれど、もう少し大きくなると入り切らなくなってしまいそう。
お節

今年の鯛は、スーパーの魚屋さんに頼んで、一匹を塩焼きに、もう一匹は三枚に下ろしてもらいました。立派な愛媛県産の鯛だったので、安心できました。こんなに鯛にこだわるのは、愛媛の人間くらいのものでしょうか〜(笑)
新年会

子供たちが遊べるように、バネで開くおもちゃを買ってきたので、ひとしきり食べたあとは、賑やかに走り回っていました。まだお互いのコミュニケーションは取れないけれど、なんとなく一緒に遊んでいられるようになったかな。
ジャングルジム

夕方からは、恒例の利き酒会をやりました。今回は、いい酒が多かったためか、なかなか区別がつきにくく、この時点でかなり酔っぱらっていたこともあり、正解率がとても悪くなりました。まぁ仕方ないと、どんどん呑んでいき、何時に寝たのかも分からないほど盛り上がった夜でした。こうやってみんなと楽しく呑めるのは、一番の幸せなのかもしれません。
利き酒会

孫三昧

  • 2018.12.23 Sunday
  • 05:49
結婚式があるので、余市から娘と孫3号がやって来ました。もうすっかり慣れているので、さっそくおもちゃのところに駆け寄って品定め。1歳の頃はひどく人見知りして、なじむのに時間がかかりましたが、保育園に行き始めてからはすっかり回りになじむようになり、社会性がついてくるものです。
秋文1

うちからはおもちゃなどほとんど買っていないのですが、相手の実家からいろいろと届くので、本当にありがたいです。うちは同時に三人ですからね…(^^;)
秋文2

しばらくおとなしく遊んでいたけれど、そのうち箱をひっくり返し、盛大に遊び始めました。この頃になるとじいじは息切れ気味。そんなに相手してやらなくても、一人で遊んでくれるので、ずいぶんと楽になりました。
秋文3

三人の孫の中で、3号は私からの隔世遺伝だとよく言われます。試しに私の子どもの時の写真を見せると、ちゃんと指さして自分の名前を呼ぶので、本人もそう思っているようです〜(笑)
これは末恐ろしいかな…(^^;)

      4歳
        (私の4歳の時の写真です〜)

昨日は一日、孫の相手やらアッシーやらで、ほとんど仕事にはなりませんでしたが、こんな平穏な日も私には必要なのでしょう。すっかりリラックスできました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM