親不孝通り

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 05:56
ニュースを見ていたら、「親不孝通り復活決定」というのが目に入りました。せっかくなので、地元西日本新聞で見てみると、初めは「親不孝通り」だったものが、イメージが悪くなったので「親富孝通り」と言い換えていたものを、再度元に戻すことにしたんだそう… この近くにに「円山豆富店」という豆腐屋があるようなものです。
  西日本新聞
  (西日本新聞より借用しました…m(__)m  2017.2.20)

私が福岡で浪人生活をしていたのが、1971年4月から72年1月まで。札幌は遠かったし、東京や大阪はいやなので、九大のある福岡なら予備校もしっかりしてると両親を説得して、やって来たのでした。本当は西鉄ライオンズの応援ができる!!というのが一番の目的でもあったのですが…(笑) 下宿は、福岡の西の端にある姪浜(めいのはま)。当時は西鉄の市内電車の貫線という路線が、姪浜から東の端の九大前まで走っており、中心市街である天神の一つ手前の「西鉄グランドホテル前」で下りて、北に向かって細い道をぞろぞろと歩いて行きました。
マップ

当時はこの道に名前なんかついていなかったのですが、その何年か後にもう一つの予備校が近くに移転してきたことから、浪人生が一日中ぞろぞろ歩くので、「親不孝通り」という名前がついたのだそうです。私の「母校」は九州英数学舘という、大阪以西では最大の予備校で、一体何人いたんだろう?ものすごい数の浪人が西日本各地から集まっていました。調べてみると、大手予備校が進出してきて成り立たなくなり、今では外国語教育の専修学校に。札幌も似たような感じでした。

英数学館
  (Wikipediaより)

当時は那の津通りに面した大きなビルだったので、年末に走る福岡朝日マラソンの中継を見ていると、「浪人生たちが声援を送っています〜」と紹介されて懐かしかったものですが。ストリートビューで見てみると、今は空き地になってセブンが立っており、奥にあった別館だけが残っているようです。卒業生の欄を見ると、タモリや陽水が。陽水は4年上、タモリは7年上なので、意外と近かったんだ。あんまりここに出ていないところを見ると、浪人したことは誰も明かさないからなんでしょう。

  卒業生

数年前、熊本に墓参りに行ったついでに一回りして
、やっぱり懐かしい町でしたが、こんな通りには行ってみたくないですねぇ…(^^;)

越後の雪割草

  • 2017.02.21 Tuesday
  • 05:48
本場越後の雪割草を見たのは、2010年のことでした。娘が長野の会社に就職することになり、買ったばかりの軽バンに荷物を詰め込み、引っ越しがてら送っていったのです。手帳を見ると3月28日の夜のフェリーで小樽を出発し、翌日夕方に新潟港到着。その日は新潟駅近くのホテルに泊まり、翌日の30日に長野に向かったのですが、せっかくなので国営越後丘陵公園に寄ってみようと、長岡で途中下車しました。開園と同時に中に入ると、ちょうど雪割草まつりをやっていたのです。
越後丘陵公園

さすが本場だけあって、メチャクチャたくさんの品種が展示されていました。なんとなく清楚なイメージを持っていたのですが、とんでもない。このあたりの花は、ただの色違いですが、花型には本当にたくさんの変異があるのにビックリでした。
赤 青

かなり暗い場所のため写りがよくありませんが、へぇこんなのあるんだ!というものばかり。雄しべが変化したものでしょうが、なんと呼べばよいのかも分からない。
変化 八重

雪割草には花弁がなく、花弁状のガク片が八重化、万重化したり、雄しべや雌しべが花弁状になったりと、実に複雑です。これなんかガクが葉に先祖返りしたのでしょうか。
緑 白万重

販売もされていましたが、結構いい値段がついていました。百合が原公園の売店でも、500円のものもあれば1,500円のものもあるように、品種によってピンキリなのでしょう。
ピンク万重 赤一重

息が詰まってきたので、さっそく外に出て自生地を見学に。まさにオオミスミソウの自生地が園内にたくさん広がっており、国際雪割草協会が手入れをしたり補植を行っているところです。
入り口

昔は長岡でも豪雪がありましたが、最近はあまり積もらないので、雪遊びする冬季レクリエーションがうまくできないそう。温暖化の影響が一番受けやすいエリアかもしれません。
自生地

雪のない場所では、落ち葉の中からたくさんの雪割草が咲いていました。どこまでが自生もので、どれが補植株かは分かりませんでした。でも写真を見ると自生地でもかなりの変異があるようなので、この時期には山の中をごそごそ探し回っている人がいるのかもしれません。
自生株

百合が原公園の見どころ

  • 2017.02.20 Monday
  • 05:49
百合が原公園では、中温室のアザレア展と共に、大温室では雪割草展も開かれていました。(19日で終わりました) 自生地では3月から4月にかけて開花するものですが、加温して少し早く開花させたものでしょう。小さく地味な植物ながら、愛好者はかなり多いはずです。
雪割草

展示されているものは、白や青、濃紫、桃、赤など、実に様々な花色があるだけでなく、半八重、八重、万重、段咲きなど、花形にも様々な変異があります。
3段咲き 八重咲き

雪割草は、ミスミソウやスハマソウなどが複雑に交雑されて作出された園芸品種群ですが、自生地でもかなりの変異株が見つけられているようです。中心になるのが新潟を中心の裏日本に自生のあるオオミスミソウで、長岡の越後丘陵公園には、国際雪割草協会の事務局が置かれ、大規模な自生地と植栽地がありました。
分布図

庭植えだと、こんな小さな白い花はあまり目立たないと思いますが、こうやって鉢植えにして間近に眺めれば、確かにいい花だなぁと感心してしまいます。
なごり雪

名物のミモザはあと半月くらい経たないと開花しないし、ツバキもまだちらほら咲いている程度。鉢植えにされているものが少し咲いて来ていました。これは‘寒咲赤侘助’。赤い侘助がにぎやかにたくさん咲いていると、雰囲気が合わないような…(^^;)
寒咲き赤侘助

鉢植えや地植えもので大きな花を咲かせているのが、香港の九龍半島原産のカメリア・グランサミアーナ(グランサムツバキ)。こんな花がヤブの中に咲いていたら、びっくりしてしまうでしょう。
グランサムツバキ

右側にあるコテージの売店を覗いてみると、ラナンキュラスやハーデンベルギア、プリムラ類など春の花が満開に。これはプリムラ・ポリアンタの「ディスカバリング・ストライプス」というシリーズの品種のようです。何とも渋いというか、不思議な色合いをしています。
プリムラ

ミカン科のボロニア・ピンナータ(Boronia pinnata)がやさしい花を咲かせています。最初に入って来たのはボロニア・ヘテロフィルラ(B.heterophylla)(通称ピグミーランタン)でしたが、こちらの方が花が大きくで花弁が開くためか、最近はこれしか見かけなくなりました。
ボロニア

ここの花も少しずつ春めいてきたけれど、まだまだ寒さも厳しい日々が続きます。生の花を見て少し元気をもらったので、もう一息乗り切らなくては。

SIAFラボ

  • 2017.02.19 Sunday
  • 05:54
いきなり寒くなり、道路はツルツルに。一度暖かさに慣れると、この程度の寒さでもひどく寒く感じるのが不思議です。昨日は芸術祭のSIAF(さいあふ)ラボでのラウンジトークをやってきました。SIAFラボとは、『札幌市資料館に開設された「SIAFラウンジ」と「SIAFプロジェクトルーム」の2つのスペースを活動拠点として、札幌独自の芸術祭を実現するために、市民一人ひとりにとっ ての「札幌」を考え、発見、発信するプロジェクトの総称です。』とあります。今回の芸術祭に関わるつもりはありませんが、これに関わる人達のお手伝いになるのであればということで、お手伝いしてきました。
ラボ

このラボは、テーマである『未来のための、札幌を拓く』をいろいろな角度から探るために、様々なプログラムを通じて、芸術文化活動の担い手となる多彩な人々(アーティスト、キュレーター、研究者、コーディネーター、市民活動団体、ボランティアスタッフなど) を繋ぎ、共に考え、学び合う場として設けられています。雰囲気作りのために置かれていたiBook。私も現場用に持っていたけれど、こんな重たいもの、よく持ち歩いてたなあ…(^^;)
iBook

今回は、「ハルニレ」がテーマになっていたので私に声がかかりました。私たち「札幌ハルニレプロジェクト」が、どのようなきっかけから活動するようになったのか、この四年間の足取りを振り返るいい機会だと引き受けたわけです。札幌の町の成り立ちとハルニレが、どれだけ密接に関わってきたのかという点を中心に、一時間ほどお話しさせていただきました。
話題提供

後半は、ラボで活動するTさんから、なぜ札幌の町にハルニレがたくさん残されてきたのか、地道な調査の結果によって様々な角度から探索した成果の報告がありました。本人はかなり『独断の思い込み』とおっしゃってましたが、私の知らないこともたくさんあってとても面白い報告でした。「楡」という文字の成り立ちなんて、目からうろこの落ちる、すばらしい研究成果だと思います。
高橋さん

このような方達の活動の広がりが出来てきたことが、芸術祭をただのお祭りにさせないために必要なことなので、これからもできるだけのお手伝いはさせてもらおうと思っています。

アザレア展

  • 2017.02.18 Saturday
  • 05:51
ちょっと息抜きに百合が原公園へ。まだ道路が濡れていて、車はドロドロになってしまったけれど、ツルツルに凍る前に行ってくることができました。相変わらず吐く息も白くなるほどの「温室」では、アザレア展が開催されています。
アザレア展

あいにくみぞれが屋根に溜まって薄暗く、ひっきりなしに雨漏りだか結露だかが落ちてくるので、あんまりいい雰囲気ではありませんでしたが、ホッとするような柔らかい彩りには癒されます。
彩り

いったい何年作り込んできたのかと思うほど、立木作りのような姿のアザレアがずらりと。栽培そのものはそれほど難しくはないけれど、これだけ大きな株を維持していくためには場所も取るし、灌水や植え替えの手間も大変でしょう。そういうところをもっとアピールしていかないともったいない。何鉢か市役所ロビーとか、チ・カ・ホとかに展示して、「今百合が原公園では、こんな見事なアザレアの株が見られます!」と宣伝すれば、メディアにもアピールできるのになぁ。
立木づくり

懐かしい品種から最近の品種まで色とりどり。そんな中に‘シャクナゲツツジ’という品種名?のアザレアがありました。サイズは少し小さいけれど、まるでクロフネツツジそっくりの花でした。でもこんな品種名なんて、本当にあるのかなぁ?
シャクナゲツツジ

アザレアは、タイワンツツジをベースにサツキなど様々な園芸品種を交雑して作られた品種群で、ベルギーで主に作り出されたことからベルギアンアザレア(Belgian Hybrid Azalea)と呼ばれます。一般的には豪華に見えるよう、大輪で八重咲の品種が多いけれど、まるでサツキのような小輪のものもひっそりと飾られています。この‘レジナ’は、とてもかわい花でした。
レジナ

アザレア展は3月5日まで行われています。緑や花に飢えてくるこの頃、しっかり防寒対策の上、ぜひ百合が原公園の温室にもお出かけ下さい。

ラウンジトーク

  • 2017.02.17 Friday
  • 07:19
今年はまた「国際芸術祭」の年になりますが、今回は関わらないでおこうと思っていたら、「ハルニレ」に興味を持っている人がいるようなので、札幌ハルニレプロジェクトの宣伝を兼ねて少し話をすることになりました。直前の案内になってしまいましたが、ハルニレに興味のある方は、どうぞご参加下さい。
ハルニレ

(詳細はこちらから)

バイブル

  • 2017.02.17 Friday
  • 05:56
今週は、ガーデニング検定試験の問題作成で煮詰まっておりました。作問委員の方からいただいた問題(案)とにらめっこして、それぞれ言い回しが違っているのを直したり、曖昧な表現を修正したり、文字数をできるだけ簡潔に縮めたり、かなり神経がすり減るような時間を過ごしております。

一番神経を使うのが、確実に正解にたどり着けるよう、曖昧さを確実に消していく作業です。テキストだけでは不安なので、いつも手元に置いて確認するのがこの本です。
作業中

これは研究室に配属された3年目の春に、さっそく買い求めた本で、1974.4.26 と巻末にサインしておりました。今これを見て気がついたのは、その前年に刊行された出来たてほやほやの本だということ。筆者の塚本先生は、私の恩師である明道先生より少し上で、仲がよかったのかよく札幌にも見えられていました。ものすごく密度が濃いので、これをそのまま講義には使いませんでしたが、何かにつけて確認するには今でもこれが一番信頼がおけるのです。
花卉総論

同時に買った牧野富太郎の「新日本植物圖鑑」の方は装丁がボロボロになっておりますが、こちらは製本がしっかりしているせいか、びくともしておりません。あちこちに書き込みや線が引かれているので、一応勉強した形跡があるようで…(^^;) いまだにこうやって、「裏を取る」作業に使えるというのが、この本のすごいことろだと感心します。
本文

できるだけ分かりやすく、できるだけ易しい問題になるようがんばっておりますので、今年受検される方は安心して問題と対面できることと思います。

鯛めしポテチ

  • 2017.02.16 Thursday
  • 05:55
先日孫の食い初めをやったときに、また鯛を買ってきて祝いました。松山では、めでたいことがあると必ず鯛を食べるので、魚の王様は『鯛』というのがすっかり頭に刷り込まれており、我が家では何かにつけて鯛を買ってしまいます。道内で一番鯛を食べる家かもしれません…(^^;)
焼鯛

そのあと数日後、鯛だか鯛めしだかを何気なく検索していたときに、カルビーが鯛めし味のポテチを発売というニュースを見つけてしまいました。
ニュースリリース

なになに、企画担当者の母親が愛媛県出身で、親戚の家で食べた鯛めしが忘れられなく、鯛めしの味を再現しようと一年近くかけてようやく完成したものだとか。そうなるとどうしても食べたくなります。6日からコンビニ発売というので、この近くのセブン、ローソン、ファミマ、セコマをすべて回ってみましたが、どこにもない…規模の小さな店では、棚に置かれる品数が限られてしまいますからねぇ…
カルビーの問い合わせコーナーに文句を書いておいたら、週明けすぐに返事が来ました。どこにも出荷しているけれど、コンビニ内の流通は把握できません。その代わり13日からはスーパーで発売されますとのことで、こっそり場所を教えてもらい、ようやく手に入れることが出来ました♪
鯛めしポテチ

レジのおばさん、しばし手に取って「こんな味のものまであるんですねぇ…」と感心というか、呆れたような顔をしておりました。北海道なら「五島軒カレー味」の方がピンと来るでしょうから… 袋の裏を見ると、製造番号から北海道内で作られたものでしたが、中に含まれている焼鯛パウダーを四国から送ってくるのでしょうかねぇ…?
うら

仕事がだんだん煮詰まってきているので、こんなことに息抜きを求めておりますが…(笑)、こと「鯛めし」に関してはどうしても真剣になってしまうのです。愛媛の鯛めしには二通りあり、松山のある中予では、焼鯛をほぐして炊き込み御飯にしていただきます。香ばしい香りと、鯛の旨みが合わさって何ともいえない味になるのです。
鯛めし

これに対して宇和島地方などの南予では、鯛の切り身を白い御飯に並べ、ごまをたっぷりかけて濃口醤油をかけていただきます。
宇和島鯛めし

卵をかけてぐちゃぐちゃにして食べるのですが、確かに旨いけれど、ちょっとなぁ…と中予の人間にはものすごく違和感があるのです。
グチャグチャ

この一週間、たわいないことで夢中になってしまいましたが、たくさん買い込んであるのでまだ食べられるぞっ!肝心の味の方は、確かに焼いた魚の風味は感じますが、鯛なのかイワシなのかはよく分かりませんが…(^^;)
ちなみに、このあたりでは東光ストア始め、イオンの桑園店、発寒店、マックスバリューの南15条店、琴似店、琴似3条店、ダイイチなどに置かれているそうですよ〜

バラ園の工事

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 05:55
2月もはや折り返しました。春が近づくのはうれしいけれど、仕事が間に合わなくなるのがこの時期一番つらいところです。しかもこの時期、原稿書きやら講習やらが目白押しなので、合間をぬってそれらも進めなければなりません。一年で一番踏んばりどころの一ヶ月です。

昨日のバラ園について質問があったので、少し補足しておきましょう。
私がこのような植栽計画をする際には、必ず花の重なり具合に気を付けます。視点は固定されていないので、移動することによりその重なり具合も変化してきます。このバラ園のようにフォーマルな形状、しかも幅が狭いので、その視線をずらすためには斜めの線が重要になってきます。このため、バラのベッドを45度斜めに設定しているので、「花壇を斜めに重ねているところがミソだったのです。」と書きました。
平面図

前回の施工以来16〜7年経っていたので、ぜひ土の入れ替えをと頼まれたので、そっくり入れ替える設計にしてありました。翌2010年4月に現場に行ってみると、びっくりするほどみごとな穴が空いておりました。
掘り上げ

芝生があまり傷んでてないところを見ると、ミニユンボくらいは入れたようですが、かなりの部分は人力で施工したに違いありません。こんな丁寧な施工をしていただけるとは、思っても見なかったので、業者さんには感謝でした。
ちなみにここはサンクンガーデンとしたため、周囲を70cmほどの壁で区切らなければなりません。そこで使ったのが北見黄鉄平で、88年に帯広の六花亭で初めて使って以来、2件目の現場となったものです。このあとは滝野公園をはじめ、どんどん使っていくことになりました。
穴

両側の高い部分には、ポール仕立てのつるバラが植えられており、これらはそのままだったので、きれいに株を残して土が取り除かれておりました。ここまでしっかり入れ替えると、病害対策にはかなり効果的だったと思います。
サイド

土壁が崩れないうちに、新しい客土が満たされてホッ。客土はもちろん黒土ではなく、滝野産の火山灰性の赤土です。下部に10cmの排水層を確保し、客土は50センチ、それに熔リンと土壌改良材(完熟牛糞堆肥、バーク堆肥、ピートモス、腐葉土)をたっぷり混和したものです。
客土

冬の間には瀋陽から「玖瑰(まいかい)」の苗が到着しました。もちろんしっかり根を洗われて検疫を無事通過したもので、すぐにイコロの森で養生され、春まで某冷蔵庫で休眠してもらいました。
玖瑰

千本を超えるバラの苗が植えられ、苗はめきめきと成長を始めてくれました。玖瑰もほとんど枯れるものがなく、もちろん当年枝から夏にはかなり開花してくれました。工事の裏側でもいろんなことをやってきましたが、そんなことをいろいろと思い出させてくれる現場だったのです。
活着

大通のバラ園

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 05:56
93年に大通のバラ園を造った時には、6丁目にあったサンクンガーデンをつぶすことになったので、こちらに取り入れてほしいという条件だけが付いていたけれど、あとはすべて任せてくれました。さてどんなバラ園にするか?という基本方針には、実は腹の中に決めていたことがあったのです。それはフロリバンダだけを植えたいと。
この規模のバラ園というと、東京の古河庭園とか、大阪の中の島バラ園とかがまず思い浮かびます。でも植えられているバラはやはりハイブリッド・ティー系がメインで、フロリバンダはほんの添え物でしかなかったのです。なんでフロリバンダでバラ園作らないんだろう?というのは長年疑問に思っていました。なので迷うことなくそんなセレクトを工藤さんにお願いしたのでした。

070629
できあがったバラ園は、想定通りの出来映えで、もりもりとたくさんの花が咲いてくれました。花壇を斜めに重ねているところがミソだったのです。

020629
以前にも書いた通り、本当は資料館との間の道路をつぶしたかったのだけれど、道警が絶対にだめだというので、仕方なく現在の姿になりました。今でも本当にもったいないロケーションだと思いますが。

090803
瀋陽の話が出た頃には、実はバラ園はボロボロになっていました。(写真は2009年6月) 品種の向き不向きもあるし、なによりも普通の公園管理の中で、これだけのバラを維持していくのは無理があったのです。滝野公園のカントリーガーデンを造ったときに、なんでバラを植えないんですか?とよく聞かれましたが、管理レベルを維持できないところに植えても仕方ないのです。
120629
このため、瀋陽コーナーの整備に併せて、既存のバラもすべて植え替えました。植え床を60センチすべて土も入れ替え、再度セレクトしてもらったフロリバンダ系のバラに植え替えることができましたが、管理体制にこれ以上要求できないので、ボランティアの育成をお願いしたのです。

120629
工藤さんには本当に負担をかけてしまったけれど、熱心なボランティアの方たちがしっかりと年間の管理を担うまでになってくれました。このバラの育ち具合は、土をすべて入れ替えたこともあるけれど、やはりしっかり手間をかけて面倒を見ている、まさにその成果なのです。

ボランティア
いつ横を通っても、花時には誰かが花ガラ取りをしています。もりもりと咲けば咲くほど大変になりますが、手塩にかけたバラをたくさんの人が訪れるようになっていることが、やはりうれしいのでしょう。そんなバラ園なので、ぜひご覧になっていただき、声をかけていただきたいと思います。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM