心地よく作業

  • 2018.08.19 Sunday
  • 06:00
ようやく青空が見え、肌寒いくらいの涼しさに包まれました。前回の圃場整備では、干害で緊急灌水を行ったばかりだったけれど、その後は雨が降るわ降るわ。7月17日〜8月8日までの23日間1ミリの雨も降らなかったのに、9日からは毎日雨が降り、9日間で163ミリもの雨が降りました。今年の天気は本当に極端です。圃場に着くと、小屋の前にあるナナカマドがかなり色付いていました。黒岳に雪が降ったくらいですから、もう何でもありという感じです。
紅葉

圃場内を見て歩くと、ユリの ‘ブラック・ビューティ’がやや盛りを過ぎている中に、キカノコユリが3本混じって花が咲いていました。貴重な生き残りなので、大切に育てていかなくては。
キカノコユリ

そういえばと、圃場から市立病院が見える場所なんてあったかなと、あちこちうろうろしてみましたが、やはりこのようにヘリポートのあるてっぺんだけがかろうじて見えるだけで、この両側に伸びている東病棟と西病棟は、木々に隠れて見えなくなっておりました。
市立病院

みんなが集まる時間より2時間も早く来たのは、春の終わりに掘り上げた球根類を、そろそろ植えていかなければならないのです。春の生育が早い黄花カタクリとスノードロップ、スイセン ‘ファン・シィオン’の3つを植え込んでいきました。残り半分は次でも間に合うかな。
球根植え

前回干からびて気息延々になっていた一角も、生垣はしゃんとしているし、宿根ボーダーには雑草だらけに・・・雑草たちも雨を待っていたのですかねぇ。
草取り

イチイの刈り込みは、結構大変な作業なので一年おきくらいのペースですが、一番大きなものが枝が暴れて大変なことに。こちらはいつもやってもらっているS氏に頼み、私はその手前にある小さな刈り込みを素早く片付けました。
大刈り込み

枝ゴミを捨て場に運んでいると、ポプラ並木の下あたりにオオハンゴンソウが満開に。こんなに観光客が集まる場所に、国が指定した「特定外来生物」を繁茂させておいて平気なんでしょうかねぇ…?大学というところ、いろんな意味で世間とのずれが目立つ場所だけに、私的にはあきれてしまいますが。
オオハンゴンソウ

参加人数は少ないけれど、みなさんそれぞれの仕事をバッチリ片付けてくれたので、2時間の作業ですっかれきれいになりました。せっかくこれだけ維持しているのだから、ポプラ並木に面して使っていない場所を利用し、カフェでも公募すれば、きっと参入するところがあると思うのですがねぇ。その「あがり」の一部でもっとここを素敵な空間にすることだってできるのに。
きれいになりました

追悼 アレサ・フランクリン

  • 2018.08.18 Saturday
  • 06:01
アレサ・フランクリンが亡くなったというニュースは、覚悟していただけに寂しいものでした。女性ボーカルでは、クィーン・オブ・ブルーズと呼ばれたダイナ・ワシントンに次いで、たくさんのレコードやCDを持っているでしょう。でも一番輝いていたのは、存在を知った80年代だったかもしれません。

朝日記事
 (朝日新聞DIGITALより拝借… m(__)m)

父が有名な教会の牧師であり、母もゴスペル歌手として活躍していたので、自然とその道に入っていったようです。どこまでダイナの影響を受けていたのかは分かりませんが、ダイナが亡くなった1963年12月のすぐあと、追悼アルバムを出しているところを見ると、少なくとも周囲は、その後継者として育てたかったのかもしれません。
ダイナ追悼

それまで所属していたコロムビアレコードから、ジャズやソウルのレコードを活発に出していたアトランティックに移籍し、早速出した「I Never Loved a Man the Way I Love You (邦題:貴方だけを愛して)」(1967)が大ヒットし、一躍クィーン・オブ・ソウルとして人気が爆発しました。
貴方だけを愛して

活躍したのはやはり30歳から40歳代で、ちょうど50歳の時に出した「Queen of Soul: The Atlantic Recordings」という4枚組約100曲入りのCD盤が、いわばアレサのベスト盤で、これ以降はぶくぶくと太り始めたこともあるし、目新しい試みもなく、何枚かCDを持っているけれど、あまり聴くこともありませんでした。

Queen of Soul

ゴスペルがしっかりと身に染みついている歌手は、きっともう出てこないのかもしれません。R&Bの全盛時代をかろうじてかすった私にとって、エスター・フィリップスやアレサ・フランクリンの歌声は、私のソウルに染み込んでいるかけがえのないものとなりました。ただただありがとうと言いたいです。

市立病院

  • 2018.08.17 Friday
  • 05:58
母が目の治療で一泊入院することになり、朝から市立病院に行って来ました。こんな近くにあるけれど、今まで患者としても見舞いなどでも一度も中に入ったことがなく、きょろきょろしながら10階の病棟に行きました。ベッドの準備が終わるまで、ディルームという休憩スペースで待っていると、真下にイオンの建物があり、屋上にある桑園自動車教習所の全貌を初めて見ることができました。こんなところで練習しているのですね。
イオン

ようやく病室に入ると、今度は東側が見えるので、目の前にポプラ並木を中心とした北大農場が広がっていました。こんな眺めなら、患者さんにもいいでしょうが、母は一日眼帯なので何も見えないしなぁ…
北大農場

我々が活動している圃場がどこかとよく見れば、手前に大きく繁っている森の陰になって、ちょうど隠れていたのです。ドクターヘリがしょっちゅう飛来するのはよく分かりますが、圃場から病院が見えた記憶はなかったかも。
園2圃場

鼻風邪がまたぶり返してしまい、お盆明けで耳鼻科医院の診療が始まるので、母の付き添いはかみさんに任せ、事務所に戻ることに。玄関脇には、ブッドレアの大株がたくさんの花を咲かせていました。
ブッドレア

患者さん達の案内を手助けする「やさしさジェントル」というボランティアグループが、ここに病院が移転した1995年から活動しており、その中で花壇やプランターの植栽・管理を行う園芸部も、当初から熱心な活動を続けています。
アプローチ花壇

ずいぶん昔ですが、北海道の花のまちづくり賞の審査で来たことがあり、その当時まだ珍しかったロシアンセージが、シンボル的に植えられているのが印象的でした。昨日は残念ながら雨に叩かれてしまってましたが。
ロシアンセージ

シュウメイギクがもうこんなに花が咲いてるなんて!と、ちょっとびっくり。ちゃんと秋の花はぬかりなく咲いてきているのですねぇ。
シュウメイギク

花壇の両側に、アサガオとフウセンカヅラが根曲竹の籠編みに絡んでいたけれど、フウセンカヅラの方はまだ花がようやく咲き始めばかり。今年のこんな天気では、フウセンカヅラはどこも苦戦していることでしょう。早くスカッと晴れた空が見たいですねぇ。
フウセンカヅラ

ハンギングバスケット協会の展示

  • 2018.08.16 Thursday
  • 05:55
日本ハンギングバスケット協会北海道支部が、滝野公園で活動を始めて、そろそろ15年くらいになるのでしょうか?年々修景のレベルが高くなり、以前支部の会報に『ハンギングバスケットの聖地』誕生!なんて書いたこともありましたねぇ…(^^;)

東口に設置されたウェルカム花壇は、それぞれ東西に向いているので、午前中は東向き、午後からは西向きを使うと逆光にならないようになっています。来園する家族連れは、必ずといっていいほどここで写真を撮すことになりました。手入れのやりやすいコンテナが設置されているので、花ガラ取りや水やりも格段にやりやすくなったようです。
ウェルカム花壇

それらに挟まれた真ん中には、北海道命名150年記念のミニチュア庭園が。道庁赤れんが庁舎の精巧なミニチュアに、マスターのAさんが庭園を造ってくれました。こんなジャングルにしていいんかい?というくらい、もりもりと植物が植えられました〜(笑)
赤れんが庁舎

裏庭にはひっそりとたたずむ男女がいるけれど、いったいこれは誰なんでしょうね?今度聞いてみなくては。
裏庭

いつもハンギングが飾られるカントリーハウス横では、今年は石貼りテラスにコンテナが8セット飾られています。
カントリーハウス横

四角のコンテナを3個を組み合わせ、それぞれ製作者と使用植物リストが回覧されてきました。じっくり比較しながら見ていくと面白いですよ〜
コンテナ

ハンギングの方は、それぞれ違う内容で特徴あるものになっているけれど、例年貼り出される製作者や植物リストの表示がありません。なんでしょうね?
ハンギング

今年はさらに、中央口ゲートの回廊にもハンギングが飾られています。オープン当初はここにもハンギングバスケットが飾られていましたが、直射日光の照り返しが強く、環境条件が厳しすぎていつしか止めてしまいました。石貼りの柱があまりにも殺風景なので、北大の圃場からナツヅタの苗を集めて来ては、足元に植え込んでいきました。ようやくナツヅタが柱を包み込むようになったので、ハンギングバスケットも落ち着くようになったのです。こちらには製作者とテーマ、植栽植物リストがそれぞれ表示されています。
中央口

来年には、日本ハンギングバスケット協会の全国大会が、滝野公園で開かれます。前回開催が2008年7月だったので、ちょうど10年振りになるのですね。こちらも是非お楽しみに〜

霧雨の滝野公園

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 05:43
ようやく干害から解放されたと思ったら、どこまで行っても傘マーク。お盆に合わせて、商店街などでは盆踊りなどのイベントが行われているのに、こんなに雨ではかわいそう… 昨日は滝野公園でしたが、例年滝野霊園帰りの家族連れで大賑わいするはずだったのに、連日の雨ですっかり肩すかし… なんとももったいないです。傘を差して早速園内に出ると、こもれびの庭ではレンゲショウマがいい感じで咲いて来ました。本当に、雨が似合う花だと思います。
レンゲショウマ

ヤマユリは、産地によって開花期が大きく違うようで、遅咲きのものが見ごろになっていました。鼻風邪で鼻が詰まっていても、この香りはつーんと鼻に突き刺さってきます。
ヤマユリ

そのすぐ前には、樹高が4mくらいになり、たくさんの花を咲かせているクサギがあります。これは家の近くにあるものからタネを取り、自宅で苗木を作っていたものを、10年くらい前にこっそりとここに植えておいたものです。ミヤマカラスアゲハが早速飛来してましたが、夏〜秋の見どころには最高の樹木です。
クサギ

メコノプシスの様子を見てびっくり。メインの植栽地が半分くらいツリフネソウに覆い尽くされて、メコノプシスの株が見えないくらいになっていたのです。このままではメコノプシスがすべて融けてしまうので、一刻も早く抜き取らなければなりません。
ツリフネソウ

ちょっと立ち止まると回りに蚊柱が立つほどなので、車に戻って蚊取り線香を用意し、作業モードに切り替えて抜き取っていきました。キツリフネが少し混じっていたけれど、大部分はツリフネソウで、大きなフゴにぎゅう詰めで山盛りになるほどの量でした。
除草

2週間前の前回確認した時には、まだそんなに大きくなっていなかったので、連日の雨を受けて急速に大きくなったようです。大きな株は根生葉がややモヤシになっていたものの、なんとか夏を越すことが出来そうですが、この時点で既に根生葉が融けてしまっているものは、夏を越すことが出来ません。最近は一年目の株が開花しても、ほとんどが夏を越していたので油断してしまいましたが、今年のように高温の期間が長く続くと、たちまち傷んでしまうようです。反省反省。
メコノプシスの様子

この時期唯一の見どころであるアナベルの丘に、今年初めて行ってみました。連日の雨を受けて、せっかく咲いた花が折れたり倒れたりと、花茎の弱さという弱点をさらけ出しておりました。やっぱりこの間に、ノリウツギ系の品種を植えていかなければ、本当の見どころにならないなぁ…と、改めて思ってしまいました。
アナベル

花人の隠れ家の方に下りていくと、四阿の屋根にオニユリの花が満開に。これもまきばのせせらぎにあった株からムカゴを集め、おまじないを唱えながら屋根の上に放り上げたものが定着したものです。こうしてみると、いろんな所でいたずらをやってきたものだなぁ…(^^;)
四阿の屋根

コースター

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 05:58
ホンダ車にずっと乗っているので、時々利用者アンケートがやって来ます。これまでアンケートのお礼なんかもらった記憶がないのに、珍しく何か送ってきたと思ったら、コースターが入っていました。ところが包みを開けてびっくり。直径が83ミリ、厚さがなんと5ミリしかありません。コップを載せるのもおっかないような代物でした。
コースター

説明書には、「Hondaの生産工場と地域の人々との間には、その結びつきを遮断するようなコンクリートの壁はつくらない。」Hondaの創業者である本田宗一郎のこの言葉から、Hondaの生産工場や研究所などの事業所は森に囲まれています。それがHonda Woodsです。 とあります。その森の手入れの過程から出る間伐材から、このコースターがつくられたとのこと。材までは分からないけれど、すくすくと健康に育っているようです。でももう少し厚くてもいいのになぁ…
HONDA

手元には幾つものコースターが。創成川通のアンダーパス化によって、2011年3月に生まれた新創成川通の完成記念には、もともとあったシダレヤナギの材によって、コースターが作られました。本当は俎板にすればと言ったけれど、あまりに材に腐れが入っていたので、コースターしか作れませんでした。これだと直径約100ミリ、厚さ約10ミリあって、安定しています。
創成川通

2008年9月に遠軽町であった「花のくにづくり全国大会」参加記念に配られたのが、多分カラマツ材によって作られた円形のコースターです。直径が100ミリ、厚さが8ミリで、このくらいがちょうど扱いやすいけれど、ニスがちょっと濃いのが気になります。
遠軽町

自分で作ったのは、コースターより花瓶置き台くらいあるものです。裏側に制作年月日が書かれていますが、2009年11月21日に、円山動物園内で行った除伐作業に合わせて作ったものでした。動物園の森の手入れの中で、スギの形質不良木の除伐をボランティアのみなさんにやってもらった際に、みんなに輪切りにしてもらい、あとでこのように作って下さいねと作り方を渡したものです。自然乾燥するとひび割れてしまうので、すぐに電子レンジに入れ、水分が出切るまでしっかりとレンジにかけ、強制乾燥させるのです。その後ていねいにサンドペーパーをかけていき、薄目のニスを何度も塗って仕上げました。これは130×115ミリで、厚さが20ミリ近くあります。
動物園の森

一番古いものは、1999年8月7日に、現在の道南四季の杜公園の、建設途中のワークショップ(体験懇談会)で作ったものでした。これもスギ林の間伐材を利用したもので、いろんな大きさの円盤が、みんな同じ年輪数なのを確認してもらいながら作ったものです。もう20年も昔のことなんですねぇ… 昨日のことのように思い出されてきました。
道南圏道立公園

お盆休み

  • 2018.08.13 Monday
  • 05:54
室蘭にいる息子が、急遽一人で札幌にやってきたので、昼前に合流して母のところに挨拶に。突然の訪問にびっくりしてましたが、元気でやっている孫を見てとても嬉しそうでした。そのあとちょうど昼時だったので、近くのうどん屋へ。食事中心になったので、最近全然来ていなかったけれど、たたずまいは全く変わっておりませんでした。風鈴が飾っているのに、風が当たらないので無用の長物になっているのはもったいない…(^^;)
フウリン

末っ子もまもなく30歳。準大手ゼネコンの建築なので、今回たまたま北海道に来ているけれど、これからも全国転勤があるし、資格の取得や子育てなど、悩みが多くてぼやきの聞き役になってやりました。久しぶりに食べた冷やしタヌキはやっぱり美味しかったです〜
冷やしタヌキ

ちょうど家に長男と孫2号が来ていたので、みんなで父の分骨をしている北海御廟に墓参りに行きました。今年はお盆が週の中に挟まったので、本当はまだ早いのに、たくさんの方が墓参りに来ていました。
墓参り

毎度のことながら、ここから見る町の風景はますますマンションだらけになっていきます。スカイラインがぎざぎざになっていく札幌の町は、そんなに住みやすい環境なんでしょうかねぇ。
マンションだらけ

息子を地下鉄駅に送って家に戻り、心地よい風にうたた寝したり、疲れを知らずに遊び続ける2号の相手をしたり、ちょうどやっていた愛媛の済美のものすごい試合を応援したりと、半日のお盆休みをゆっくりと過ごすことができました〜
2号

余市で作業

  • 2018.08.12 Sunday
  • 06:00
先月は、体調がよくないのに余市に手伝いに行き、そのままひどい夏風邪を引いてしまいました。ようやく体調が戻ってきたし、今月は行ける日があまりないので、急遽昨日行ってきました。畑に着くと、シャワシャワとものすごいセミの大合唱。この辺りにはアブラゼミが多いと聞いていましたが、ちょうど羽化したばかりの個体はエゾゼミでした。
エゾゼミ

ブドウの生育は順調で、支えに立ててあるオウトウの徒長枝の上まで伸びてきてました。早くワイヤーに誘引してやらなければならないけれど、まだ造成に追われているので支柱立てまで手が回りません。今年はこのまま我慢してもらうかと…
ブドウ

前の所有者が作っていた畑の隅に、グラジオラスの花が。ということは、このグラジオラスは耐寒性があり、越冬して花が咲いていることになります。耐寒性の強いグラジオラスはたまに見かけますが、こんな立派な花が咲いているものは見たことがなく、早速ゲットすることにしました。
グラジオラス

作業は、畑の造成の邪魔になっている、作業小屋の解体とその周辺の樹木の伐採・整理。小屋の残骸の整理はだいたい出来てきたので、支障木の伐採とその片付けを手伝ってきました。
小屋の片付け

午後からは、造成をお願いしている業者さんが、雨が上がったので何とかやれそうなのでとやって来ました。畑の勾配があまりに急だと、トラクターやSS(スピードスプレーヤーという、動力噴霧器)の転倒事故につながるので、できるだけ勾配を緩くしておく必要があるのです。この業者が持っている機械というのが、リッパー付きの50tonブルという巨大な機械。40年前の古い機械を大切に使っているとのことでしたが、なかなかお目にかかれる代物ではない、すごい機械です。
リッパードーザ

てっぺんのところを削り始めていましたが、中に軟岩が入っていて、ブルでは押し切れないので、後ろに付けたリッパーで引っ掻いて岩盤を壊しながら、少しずつ整地をしているのです。
切土

バックホーとブルが、協力し合いながらどんどん作業していくので、今度来た時にはすっかり風景が変わっていることでしょう。とにかく基盤が完成しないと何も進められないので、もう少し業者さんにはがんばってもらいたいです。
造成

世の中は、今週はお盆休みに入ることでしょう。昨日余市の3号に会ってきたし、今日は市内の2号が遊びに来るので、全員集合をやらないで、静かに過ごす予定です〜

蒸し蒸し

  • 2018.08.11 Saturday
  • 05:51
一昨日から待望の雨が降ったものの、札幌ではその量はほんのわずか。もっと降ってくれないかなぁ…と思いながら滝野公園に向かって走ると、出がけには結構な雨降りだったのに、鱒見口に着いた頃にはほとんど上がってしまいました。一応カッパに長靴姿で園内のチェックを始めましたが、ムンムン蒸れ蒸れの暑さでした。平成の森のレンゲショウマがちらほら咲き始め。でもこんな天気では、カメラを持った方も誰一人寄りつきませんでした。
レンゲショウマ

ここ数年、ここのシラネアオイ群落では、結実してきた果実をエゾシカにすべて食い尽くされていました。このためタネが落ちて株元に子株が発生し、どんどん群落を大きくしてきたサイクルが断たれてしまい、群落の維持に黄色信号が灯っていたのです。ところが今年は全く被害がなし。シカって、そんなに気まぐれなんでしょうか?
シラネアオイ

すぐ隣のアジサイは、今まで食害なんてなかったのに、今年はきれいに頭を囓られていました。エゾアジサイにはほとんど被害がなく、アジサイばかり食べるというのもなぁ…?
アジサイ

かつての渓流ゾーンでは、園路脇にかなり豊かな自然が残されており、自然観察会をやってもとても楽しかったのが、今は全く単調になり、アキタブキとウマノミツバ、オオバコなど少数の草種に占拠されてしまっています。多分夏の生育期に、草刈りを続けたのが原因ですが、もう元には戻すことができないでしょう。そんな中、クサレダマが一群かろうじて咲いているところがあります。こういう見どころが、少しでも回復してくれればいいのですが。
クサレダマ

昼近くになると、雨は完全に上がって晴れ間が見えてきました。予報では夕方からまた雨模様になるとのことなので、なんとかそれに期待するしかないとあきらめました。
雨が上がる

午後からはボランティアのみなさんが作業をやってくれるので、手の回りそうもないところだけ、一人で片付けることに。ミズバショウの群落のある湿地の両側は、ほとんどスゲに覆われているのですが、その中にかなりの数のオオアワダチソウが侵入しているのです。これまで何回も抜き取りをやって来たのですが、なかなか徹底できてなかったので、今回はじっくりと何度も往復しながら、ランナーをちぎらないようにていねいに抜き取っていきました。来年もう一度これをやれば、ほぼ根絶できそうです。
オオアワダチソウ抜き取り

午後からは、私含めて7名で、昨年から続けているカタクリエリアの植生管理。抜き取るもの残すものをしっかり見極めていくので、こういった作業は業者さんには任せられないのです。蒸し暑い悪条件の中、みなさんの力強い手であっという間にきれいになっていきました。
カタクリエリア

最後にレンゲショウマのエリアで、最近増えてきているヤブマメの抜き取りを。これは根気よく続けるしかないので、しばし根比べが続きます。
レンゲショウマエリア

夜半には雷が鳴って、かなりの雨降りになり、今朝までに32mmの降水がありました。昨日は土の表面しか濡れていなかったけれど、これで芯までしっかりしみ込んでくれたかな。ようやく一安心できました。

干からびた星置緑地

  • 2018.08.10 Friday
  • 05:54
自宅の玄関脇に置かれている灯油タンクの下に、いつしかエゾアジサイのタネが飛んできて、数年前から花が咲き始めました。今年はそれが十数輪も咲いてくれたので、毎日出かける時に花を見て、つい顔が緩んでしまいます。家の反対側に植えてあった株は既に枯れているので、その身代わりがここに飛んできたのでしょうか。
ヤマアジサイ

予報では昼頃から雨だったのに、星置緑地に着いた時にはそんな気配は微塵もなく、緑地内は見事に干からびていました。山からの湧水や沁み出し水もとっくに絶え、ポンプアップしている水にすべて頼っているため、7月中旬にポンプを止めて以来、全く水の補給がありませんでした。ミズバショウはもう来年の準備が終わっているので、このくらいの乾燥なら問題ないでしょう。
ミズバショウ

緑地の主構成木であるヤチダモは、樹高20m近くあるのでしっかり根を張っていますが、その回りに生えて来る鳥散布によるナナカマドやズミ、ツリバナなどの樹種は、普段たっぷりと水に囲まれているので、あまり根を張る必要がないのでしょう。こういう時にはたちまち水切れを起こして、みんな気息延々状態でした。ツルアジサイやツタウルシなども、葉が巻いてもうダメかも…状態でした。
干からびたツルアジサイ

キツリフネが全く姿を見せず、殺風景な緑地内で唯一花が残っていたのがタチギボウシです。これもあと数日で花が終わってしまいそう。こんな年も珍しいです。
タチギボウシ

緑地内をチェックしていると、このような落枝をよく見つけます。草の下敷きの様子から、まだ落ちて数日以内でしょう。木道からわずかにはずれているとはいえ、こんなのが落ちてくればヘタすれば即死ですから、こういう緑地の管理は本当に気を使います。
落枝

昨日も参加人数は少なかったけれど、毎度参加して下さる熱心なボランティアの方たちなので、ヒロハヒルガオやクサヨシの抜き取りや、アシの高刈りなど、一時間近くの作業をしっかりとやっていただきました。
抜き取り作業

ギボウシの上に緑色の鮮やかなバッタがいて、ショウリョウバッタを思い出してしまいました。こんな形と色なので、図鑑で調べればすぐに分かるかと思いきや、『札幌の昆虫』にはそれらしいのが見当たりません。エゾツユムシみたいだけど、触覚は前に伸びているしなぁ。なんだろう?
バッタ

夜半からしとしと雨が降っているけれど、降水量はほんの数ミリ。もう少ししっかり降ってほしいです…

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM