シバザクラ

  • 2019.01.19 Saturday
  • 05:47
北国のグラウンドカバープランツ   その5  シバザクラ

北海道では、グラウンドカバープランツで一番早く脚光を浴びたのが、多分シバザクラではないでしょうか?家や畑のちょっとした法面に植えられていたものが、ここ滝上(たきのうえ)では、約60年も前から少しずつ拡大を続け、今では総面積10万平米になっているとか。私は開花の時期に行ったことがないのですが、町中に香りが漂うのだそうです。
滝上

道内では、東藻琴や遠軽、留寿都など、大規模な植栽があちこち見られます。でも開花期以外の時期には、誰も訪れる人はいないので、こういう修景は維持するのが大変でしょう。といっても、検索をかけてみると全国にシバザクラの名所がたくさんあるのにビックリ。シバザクラは、本来アメリカ中部の山地に自生する植物なので、高温多湿環境下では蒸れやすいと思うのですが。このような植栽景観は、わが国独特のものでしょうねぇ
東藻琴

グラウンドカバープランツの範疇では、このように身近なところで法面を押さえているものが本来の使い方でしょう。春に車を走らせていると、おおっと思うほど素晴らしいところはたくさんあります。ニセコや木古内など、普通の農家さんなのに、観光バスが行くところもあるようです。
法面

でも花の色がこのようにどぎついと、ちょっと引いてしまいます。これは町内のバス停裏にある、街区公園の擁壁ブロックに植えられたもの。このような使い方は勘弁してほしいです。
擁壁ブロック

オーダーかける時には、ピンクとか白で頼んでいると、どんなピンクだか分かりません。専門業者だと、品種指定して、きちんと色を合わせられるようにしているところもあるようですが、せいぜいこのくらいの淡い色を基調にしてほしいものです。
淡い紫

自宅には、覆輪品種の‘多摩の流れ’だけ少し植えているけれど、道端なので時々むしり取られることがあります。でも株が更新できるし、これが広まるのならよしとしていますが。
多摩の流れ

寒波到来

  • 2019.01.18 Friday
  • 05:54
昨日は午後から打合せだったので、通り道にある丸亀の新川店で、またお昼はうどん。今週も結局毎日うどんを食べていましたねぇ…(^^;) 丸亀の店の位置が頭にインプットされているので、出かける時にはうどんナビが誘導してくれます〜
釜揚げうどん

石狩街道を北に走ると、西側に植えられているポプラ並木が、視線誘導効果を発揮してくれるので、とても運転しやすいのです。ここも仕事で毎木調査をしたことのある、懐かしい場所でした。一度市内のポプラ並木の由来を整理しておかないとと思いながら、ついついほったらかしに。
石狩街道

このポプラ並木は、1915(T4)年に植えられたもの。「北区のエピソード史」にそのあたりの由来が書かれています。市内には北大に2つ、真駒内、月寒の八紘学園、羊ヶ丘、それにポプラ通と、たくさんのポプラが植えられているので、ちゃんと整理しておかなければなりませんねぇ。
   太平ポプラ

帰り道はかなりの吹雪模様。郊外ではホワイトアウトしているので、ラジオでも「必ずライトを点けて走って下さい!!」と、何度も呼びかけていました。高速もあちこち止まっていたようなので、事故のないように回りにも気を配って運転しなければ。
帰り道

夕方帰ろうと雪かきしていると、顔の痛みが尋常ではありませんでした。アメダスを見てびっくり。6時の段階で札幌の気温が−12.1℃まで下がっていました。先ほどの帰り道が−6℃くらいだったので、わずかの時間にこんなに下がっていたなんて。家に帰る途中は、全くロードヒーティングが効いていなかったので、みんなそろそろ運転でした。

   6時の気温

今朝も寒かったけれど、昨日のように痛いほどの寒さではありませんでした。それでも冷気を吸うので肺がキュンとなり、なんとなく形が分かるほど。アメダスを見ると、5時の気温は−7℃。昨日の最低気温は18:00に−12.3℃だったので、あの時が一番低かったのでした。今が一番寒い季節。なんとか乗り切りましょう。

冬の晴れ間

  • 2019.01.17 Thursday
  • 05:44
天気予報では、どんな天気になるのかと思ったら、宗谷方面は大荒れだったようですが、札幌は何ごともなく穏やかな朝を迎えました。

昨日は朝から日差しがまぶしいようだけど、事務所前のマンション工事が5階くらいまで上がってきたので、窓の外は仮囲いの壁に塞がれたまんまです。上を覗いても空さえ見ることができず、ここからは晴れているんだかさっぱり分からなくなりました。ここにはビワの鉢を置いているけれど、テントの照り返しで光をなんとか浴びているようです。
窓辺

西向きの窓は、昼近くになると少しお日様が入ってくるので、窓際に並べている植物たちも、数時間だけは元気に見えます。この時期には必ずつぼみの上がるクンシランが、今年も元気なつぼみを伸ばし始めました。これは四季咲き性なので、次はいつ開花するのでしょうか。
クンシラン

お昼を食べに行こうと外に出ると、あまりのまぶしさに目がくらみました。このところずっと引き籠もっているので、体がモヤシになりそうです〜(>_<) 町角にあるわずかな常緑樹にも、やはり目が反応してしまいます。私が未だに眼鏡いらずにいられるのは、いつも緑を見てるからでしょう〜とよく言われるけれど、冬の間はほとんどモニターしか見ていないのですがねぇ。
青空

数少ない常緑広葉樹であるエゾシャクナゲの葉が、少し緩んで来たようです。恐らく二日前の冷え込みの時には、鉛筆くらいに固く巻いて、寒さと乾燥から身を守っていたはずです。日差しを浴びるとこの時期でも光合成をするそうなので、葉を少し広げているのかもしれません。
エゾシャクナゲ

再び凍り付いてツルツル滑る歩道を歩いていると、ハトが4羽うずくまっていました。ひもじくてうずくまっているのか、満腹になっているのかよく分からないけれど、ゴミあさりする訳でもなし、どうやって食べているのでしょうか。それにしても、全然逃げようとしないのは人慣れし過ぎでは…(^^;)
ハト

昨日も元気におか田のうどんを食べて帰り道、また青空を背景に常緑樹が目に飛び込んできました。あんまりピーカンなので黒ずんで写ってますが、私の目にはちゃんと緑色に写ってます。しっかりと緑色を焼き付けておき、午後からの仕事に備えておきました。
トウヒ

今日もこれから大荒れとの予報。どうなることでしょう。

タイム類

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 06:00
北国のグラウンドカバープランツ   その4  タイム類

代表的なハーブとして知られるタイム類も、グラウンドカバーとしてはかなり昔から使われていました。その筆頭が、花の鮮やかなヨウシュイブキジャコウソウ(Thymus serpyllum)でしょう。ヨーロッパ一円からアフリカ北部にかけて自生しており、たくさんの変異が知られています。
ヨウシュイブキジャコウソウ

ハーブとして使われるクリーピングタイムも。学名的には本種に含まれるのですが、グラウンドカバーとして使われているものとかなり様子が違います。このあたりがどうなっているのか、昔から不思議でした。
クリーピングタイム

ヨウシュイブキジャコウソウは、開花すると色がまぶしい感じはするものの、草丈はほんの数センチで密なカバーを作るため、よく植えられました。これはさとらんどに植えたものなので、25年くらい前のものですが。
使用例

花のない時期には、コケのようにぺったり貼り付いているので、雑草が入るとすぐに見つけられるので、却って丈夫なカバーになったのでしょうか。
花のない時期

日本産のイブキジャコウソウ(T. quinquecostatus)も、同様に使われていたのですが、これが間違いなくイブキジャコウソウだ!という自信がないままになっています。この画像はWikiから借りた自生地の姿ですが、花の色が少し薄いくらいで、なかなか区別がつきません…(>_<)
イブキジャコウソウ

このところ(といっても20年くらい前からですが)よく植えられるようになったタイムが、タイム・ロンギカウリス(T. longicaulis)です。ロンギカウリスとは、長く伸びる茎という意味だけど、みんな長く伸びるのですが… イベリア半島あたりが自生地で、セルフィルム種の変種とする説もあるようです。
ロンギカウリス

大きな違いは、花序が丸く集まっているのと、葉が少し大きく、緑が鮮やかな点でしょうか。茎が幾重にも覆い被さるので、カバーの厚みはヨウシュイブキジャコウソウよりもかなり厚くなり、より丈夫なカバーになるようです。現在使われているタイム類のグランドカバーは、ほとんどこれでしょう。
花のアップ

創成川公園の整備では、二段護岸の中段にわずか3cmの土しか入れられない植えますができていました。コンクリートで覆うのも嫌だけど、これしか厚みが付けられないので、なんとかならないでしょうか?と無理難題が。仕方なく、持続性のある保水材を使って本種を植え込みました。すると、3年くらいは全然平気だったのですが、ここ数年、株が上に逃げ始めています。土壌厚が薄いので、貼り付いていると煮えてしまい、少しでも風通しのいい壁際の方が居心地がいいのでしょうか?よく分かりませんが、もう少し様子を見ていきたいと思います。
創成川

彫刻美術館

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 06:00
昨日は早仕舞して、かみさんと二人で札幌彫刻美術館へ。17日まで『本田明二展』があるので、またぎりぎりになって飛び込みました。本田さんの展示会は、これまでやっていなかったのかな?本郷さんの後輩にあたり、親しく製作の手伝いもやっていた方で、野外彫刻もたくさん残しています。
サイン

園庭に雪像を作るためか、雪の塊がたくさん。あとで聞いてみたら、月末(25日から27日)に「さっぽろ雪像彫刻展」という催しがあるそうです。雪まつりの雪像とはまた違う、彫刻家による「作品」のようですよ。
雪像づくり

半分くらいは木彫で、これほど力強い作品を残されていたのに、かなりびっくりさせられました。シンボルともいえる『馬碑』はカツラ材を彫ったもので、さすがに迫力満点でした。
馬の首

初期の木彫作品を、よくこれだけ手元に残されていたものだなぁと見ていくと、素晴らしい作品ばかりなのにちょっと感激。無心に彫っていた時期のものの力強さに、二人とも心底圧倒されてしまいました。
木彫

彫刻美術館は、今日は休み明けなので休館日ですが、16,17日はやっています。興味のある方はぜひご覧になって下さい。
案内

帰ろうと外に出ると、もう薄暗くなっていましたが、冬至の頃に比べれば、少し明るくなったような感じです。筋向かいにある屋敷の冬囲いは、私も若い頃にやっていたので、あのしんどさと、やり終えた時の達成感を今でも思い出してしまいます。
冬囲い

成人式

  • 2019.01.14 Monday
  • 05:54
今朝は家の辺りだと、−10℃以下に下がっていたのでしょうか。ダイヤモンドダストが地上にちりばめられ、街灯の光を受けてキラッキラに輝いて、とっても幻想的でした。風を切って走ると顔が痛いくらいの寒さでしたが、これでますます面の皮が鍛えられそうです。

今日は成人式。多くの市町村では昨日までに実施されているようです。遠方からの参加者に配慮して、日曜日を成人の日にして、翌日を振替休日にすればいいものを。毎年のように晴れ着が消えてしまったり、酔っ払って騒ぐ奴がいたり、18歳で成人式をやるのか?と問題になったり。成人式なんて、そんなに意味のあることなんだろうか?と、どうしても向き合うことができません。私は一浪したので、大学1年の冬に成人式だった訳ですが、住民票を移していなかったので、名簿上は松山にいたことになったいました。しばらくしてから、こんなものがと実家から送られてきたのが、ポケットサイズの用字辞典。
辞典

マジックで塗りつぶしてしまったけれど、表紙には上から、松山市の市章、祝成人、1972、松山市 と金文字が入っていました。この辞典はいつも手元に置いていて、漢字が思い出せない時にはペラペラめくっているので、相当年季が入っています。
松山市

入学して入った下宿は、北大病院前の便利のいい場所だったけれど、仕方なく学校に通っている感じで、全然勉強にも身が入っておりませんでした。ちょうど教養部でいろんな問題が起きていて、学生運動もぼちぼち始めていたこともあり、このままぬるい環境にいるのが怖かったので、10月に山鼻にある新通市場の近くのアパートに引っ越して、自炊を始めました。昔よくあった、6帖一間に流しが付いていて、トイレが共同のおんぼろアパートです。この日付を見ていると、あの寒い部屋の中が、昨日のことのように思い出されるから不思議です。
奥付

成人式といえば、やはり長女が成人式を迎えた時の方が、感慨深いものでした。いつも行ってる近くの美容室で、母の着物を着て髪をセットしているのを見ながら、親としての役目をようやく果たしたなぁと、しんみり見ていました。あれからもう13年も経ったのですねぇ。
小春の成人

こうなると、孫たちの成人までがんばって生き抜かないといけません。一緒に美味い酒を飲みたいけれど、三人かがりで来られたら、とても太刀打ちできそうもありませんねぇ…(^^;)

アラビス・オーブリエタ

  • 2019.01.13 Sunday
  • 06:00
北国のグラウンドカバープランツ   その3 アラビス・オーブリエタ

春一番に咲くグラウンドカバープランツは、多分アラビス(Arabis alpina)でしょう。日当たりのいい所でないと育たないので、雪解け後真っ先に花を咲かせてくれます。基本種は白花ですが、植えられているのはピンクの方が多いと思います。北国では、この時期白を見飽きているので、ピンクにあこがれがありますからね。
アラビス

アブラナ科の植物で、ヨーロッパ各地からアフリカ北部にかけての山地や岩礫地に自生しているようです。大変花着きがいいので、満開になると花に覆われてしまいます。
白花

春一番に花が咲いて、あとはあまり見どころがなくなるのは仕方ないものの、かなり密なカバーを作るので、まず雑草が侵入することはないでしょう。株分けも容易なので、便利な素材と言えるでしょう。
咲き始め

アラビスの仲間には山草として植えられるものがあり、亜種であるアラビス・アルピナ・コーカシカ(A.alpina subsp.caucasica)や、アラビス・フェルディナンディ-コブルギー(Arabis ferdinandi-coburgii)なんて舌をかみそうなものが、滝野公園の峠の庭や、意外と近所の庭先などに見かけたることもあります。
フェルディナンディ

アラビスより少し遅く、ゴールデンウィークの頃に咲いてくるのがオーブリエタ(Aubrieta deltoidea)。私が学生の頃にはオーブリエチア(Aubrietia)だったのに、いつの間にやら変わっています。本種もアラビス同様アブラナ科の植物で、南東ヨーロッパが原産です。
オーブリエタ

花色は青紫から赤紫まで、若干の変化はありますが、暖かみのある花色なので満開になるととても見事です。
咲き始め

このような日当たりのよい植えますのカバーには最適で、これは宮の森にある美容室前の花壇ですが、30年くらい前からほとんど変化していないように思います。
満開

どちらも大変よく似ているので、花の時期以外に見比べたことはありませんが、アラビスの方が葉が広く、オーブリエタの葉は小さく尖り、やや銀白色になるくらいですかねぇ。

百合が原公園

  • 2019.01.12 Saturday
  • 05:58
昨日は午前中にドカッと雪が積もり、久しぶりにしっかりと雪かきをしました。それでも今朝になると、何ごともなかったように除雪された道路に。さすが世界一の除雪体制を持っているだけあります。もちろん二百数十億もの費用をかけているわけですが。今年の雪は、北に流れて南空知にどさっと降らせるパターンかと思いきや、気まぐれに南寄りに降らすこともあるようです。
午後から車の定期点検があったので、ちゃんとたどり着けるかな?と恐る恐る車を走らせていくと、意外と北区や東区はそんなに積もっておりませんでした。車を預けて百合が原公園に歩いて行くと、石狩湾方面から手稲山方面に雪雲はあるものの、スカッと青空が出ていました。
青空

こんな天気なので、温室にはもう一人、カメラ担いだおばさんが一人のみ。あまりにひっそりして不気味なくらいでした。入り口のホールには、真ん中に地味な花ながら、どっしりと構えているキンビジウム・トラキアヌム(Cymbidium tracyanum)と、柑橘類が展示されていました。
温室

ずいぶん地味な色合いだなぁと思ったら、壁側に少しだけシクラメンやシネラリア、カルーナなどが飾られていて、ちょっと一息。全然「温室」ではないので、少しでも目に暖色がないと凍えてしまいそう…(>_<)
シクラメン

大温室に入ると、さらに気温が下がってブルッと震えが来ました。ここでは「葉ボタンと育種ビオラの素敵な世界」の展示が始まっていました。パンジー・ビオラ類は滝野公園でおなじみのものですが、組み合わせたリースやコンテナで楽しめます。
パンジービオラ展

ガラス屋根に雪が載っかって、寒い上に薄暗く、鑑賞するには最悪の条件でしたが、ビオラたちにとっては心地よい環境なのかな。
ラビット

人気の‘ドラキュラ’もたくさん展示と販売がされていたけれど、家庭内でちょうどいい環境を見つけられるのか、心配になります。
ドラキュラ

鉢植えのミモザは少し花が開いていたけれど、大木になったメインの木はまだまだ堅いつぼみのまま。その横に、まだネリネの花が咲き残っていました。
ネリネ

ツバキ・サザンカ類もちらほら咲いていて、こちらの方が風情があります。地植えになった‘昭和侘助’は、株の回りにぽとりと落ちた花冠が散らばり、苔の上ではないけれどなかなか風情があります。私にとっては明治が遠い昔のイメージだったように、新しい世代は昭和が同じように遠〜い昔のイメージになるのかなぁ…なんて、余計なことを考えてしまいました。
侘助

ビンカ・マヨール

  • 2019.01.11 Friday
  • 06:00
北国のグラウンドカバープランツ   その2 ビンカ・マヨール

第2弾は、同じビンカの仲間のビンカ・マヨール(Vinca major)です。属名のウィンカ(Vinca)とは、ラテン語の結ぶ・縛るから来ているそうで、丈夫なツルを持っていていることから来ています。原産地はミノール種よりもやや南の、南ヨーロッパからアフリカ北部で、その分耐寒性が劣っているようです。マヨール(メジャー)の名の通り、ミノール(マイナー)種よりはるかに大きな葉を持っており、花も大きくなります。
緑葉

これも緑葉は陰気になりがちなので、葉に斑が入ったものがよく使われ、一般的には白い覆輪斑(ふくりんふ)のものをよく見かけます。花は、紫以外のものを見たことがなかったような…
白覆輪

黄斑(きふ)と言っていいのか分かりませんが、やや黄色みを帯びたものもよく見かけます。
黄斑

数年前に近くで見つけた斑入り葉は、中斑というほどの斑でもなく、遠目には栄養不良の葉に見えるので、あまりパッとしませんでした。
中斑

マヨール種の特徴は、極めて生育が旺盛であることで、よく肥えた場所だと1mくらいは軽くツルを伸ばします。といっても、ツルから発根したり付着根を持っている訳でなし、巻きひげや巻きつるを持っている訳でもないので、お互いもたれあって背伸びをする程度。近くに草丈の低いものを植えていると、覆い被さっていくので注意が必要です。
立ち上がり

このため、この例のように街路樹の植えますに植えておけば、勝手に盛り上がって、雑草の侵入も防いでくれるでしょう。
植えます

問題は耐寒性が弱いことで、本来は常緑性ですが、北国では地上部が枯れてしまい、宿根草扱いになってしまいます。春早くに新芽が伸びてくるため、もたもたしていると枯れた蔓を取り除くのが大変になるので、秋にきれいさっぱり刈り取った方が無難です。
冬枯れ

※マヨール種にはツルニチニチソウ、ミノール種にはヒメツルニチニチソウという和名があるのですが、いまだかつて使ったことがありません。

ビンカ・ミノール

  • 2019.01.10 Thursday
  • 05:58
本州の知人からの年賀状に、「植物をネットで調べると、たいていこのブログが出てくる。恐るべし。」とありました…(^^;) 7年近く、毎日あーだこーだと駄文を書き続ける訳にも行かず、時にはちゃんとした情報を流さなくてはと、植物の話題はしっかりと流してきました。最近サボり気味だし、連日仕事で引き籠もっていると目新しいこともないので、少しずつ植物ネタを書いていこうと思います。
大学の恩師が、芝生とグラウンドカバープランツが専門だったこともあり、すぐにはまっていきました。植木屋時代になると、いろんな種類を実際に使えることができるようになり、『北国の園芸』に紹介記事を書いたりしていると、それが本州の方に知られて、1986年には共同執筆でわが国初の専門書である『グラウンドカバープランツ』を出版することができました。なので、私にとっては、原点のような植物ジャンルかもしれません。

北国のグラウンドカバープランツ   その1 ビンカ・ミノール

記念すべき第1号は、やはり最も利用されている「ビンカ・ミノール」(Vinca minor)でしょう。キョウチクトウ科の常緑草本で、ヨーロッパの中南部から西南アジアにかけてが原産地です。非常に密なカバーを作るので、最も早くからグラウンドカバープランツとして利用されてきました。
ビンカミノール

ツルをどんどん伸ばしながら広がることや、ツルが接地するとすぐに発根するので、より密なカバーを作ります。このため一度密生してしまうと、雑草がほとんど侵入できなくなります。陽陰を問わず生育できることも、本種の優れた特徴でしょう。ただ本来の緑葉では、半陰地ではどうしても陰気な雰囲気になってしまいます。
緑葉

このため、そういう場所では葉に斑が入っているものを使うと、かなり明るく感じます。一般的には黄斑のビンカが出回っています。
黄斑

白斑の品種もあるのですが、斑が葉の縁に細く入るので、あまり目立たないかもしれません。花は5月に入るとすぐに咲いてきて、濃紫色から赤紫、薄い紫、ピンク、白など多彩ですが、花期が短いので、あまり目立ちません。
白斑

ビンカ・ミノールは大変丈夫なので、ツルを切って挿しておけば、ほぼ100%活着するほどです。どこかで分けてもらうことができれば、ツルをつまんで20cmくらいにカットします。少し切り詰めることで、そのカバーもツルが更新できるので、却ってその方が元気よく復活します。カバーを作る時に、あまりにまばらに植えるとなかなかカバーができないし、雑草の侵入を許してしまいます。これはポットが植えられたものですが、あまりにケチってだめな例になってしまいました。
まずいやり方

これはある場所で試験植栽した時のものですが、ポット苗を植える場合だと、最低36pot/m2は必要です。カットしたつるを植える場合には、土壌改良した場所にこのくらいの密度でツルを配置し、上から土をふるいで軽くかけ、ツルが半分くらい土を被った状態にしておきます。乾かないよう灌水に注意しておけば、半月くらいで活着してくれるはずです。
正しいやり方

これはポット苗を植えて、ちょうど一ヶ月後の状態ですが、既にカバーが完成してきています。このくらい成長が早いのです。
一ヶ月後

さらに二ヶ月目の様子を見ると、より厚くカバーが完成してきており、こうなれば安心です。最も気をつけたいのは、初めの地拵えの際に、スギナやヒメスイバ、キレハノイヌガラシなど、地中に地下茎を張り巡らせる雑草を残さないことです。その場合は浸透移行性の除草剤でしっかり除草してからの方が、あとから後悔しなくて済むでしょう。
2ヶ月後

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM