圃場整備

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 06:00
昨日は圃場整備ボランティアの打ち上げでした。この取り組みを始めて12年が経ち、干支が一回りしてそれだけ歳を取ったことになります。今年は悪天候に見舞われて、15回予定しているうちの2回が完全に中止となり、参加人数もかなり減ってしまいました。それでもこれだけのOBや学生さん教員のみなさん達が、この圃場を維持するためにこれだけ汗を流してくれたのですから、たいしたものだと思います。
活動結果

昨夜はいつも参加する方達が集まり、恒例のお疲れ様会をやりました。今年から参加してくれるようになったSさんだって、新人とは言え来年で還暦ですから、平均年齢は推して知るべし。でもこうやって手をかけていないと、たちまち更地になってしまうのは明白なので、体力の続く限りやっていこうと思っています。
納会

12年前の画像を見てみました。これが初日の様子ですが、なんとこの2本のトウヒとモミは、カラスが巣を作るからといって、農場の技官が勝手に頭を伐採していました。今ではこんなことはさせませんが、当時は厄介者としか見られていなかったのです。(画像はいずれも2006年4月22日のものです。)
切られたトウヒ

初回の作業は、背丈ほどにも伸びてしまっていたイボタの生垣を、ひざの高さまで切り戻す作業でした。こんなに切って大丈夫なの?とみんなびくびくものでしたが、叱咤激励、きれいに切り揃えていきました。
切り詰め剪定

この時はたくさんのOBが参加したので、終了後学生さん達と顔合わせをやっていました。その後常連のメンバーはかなり入れ替わりましたが、ここ数年はほとんど固定してやって来ています。無理なく楽しく作業をやっているので、まだしばらくは続けていけることでしょう。
反省会

今年の8月の様子はこんなになっています。芝生も播き直したし、花壇もほぼ植え替えが終わったし、しっとりと落ち着いた雰囲気になっています。ポプラ並木のすぐ真下なので、ここにアイスの店でも出せばきっと儲かると思うのですがねぇ。今度学長に打診してみようかしらん。
現状2017.8.19

ハルニレを植えませんか?

  • 2017.12.11 Monday
  • 05:50
市民ホール前のハルニレから3年前にタネを取り、みんなで育ててきたハルニレの苗木は、1.5m前後の大きな苗が約40本。そのハルニレ苗木を宣伝するチラシができました。もちろん巨木に育つハルニレのことですから、ご家庭にも一本どうぞ〜という訳にはいきません。樹齢百年以上、長〜く生きていける木なので、私たちの思いを未来に繋げるにふさわしい場所に植えていきたいのです。
チラシ表

私たち「札幌ハルニレプロジェクト」は、2014年に行われた札幌国際芸術祭からスタートし、芸術祭のテーマである『都市と自然』について考える中で、300年の樹齢を持つこの木が、札幌の町の成り立ちを表現するものであり、ここから札幌の町の未来を考えようと活動を続けてきました。来年は開拓使が生まれ、この地が北海道と名付けられてちょうど150年の節目でもあります。150年前に、島義勇が本府建設のための拠点として本陣を置いたのもこのハルニレのところでした。

チラシ裏

来年は北海道と命名されて150年、札幌の町が造り始められて150年の節目に当たります。次の節目である200年、250年と長く続く歴史にふさわしい木として、このハルニレを植えていきたいと考えています。なにかいいアイデアや場所の心当たりがある方は、ぜひお知らせください。よろしくお願いいたします。

また駆け込みで…

  • 2017.12.10 Sunday
  • 05:56
ここしばらく続いた寒さも、ようやく緩んでくるようです。ある程度雪が積もったので、少しは寒さから守られているでしょうか。昨年の年末はドカ雪に見舞われて、札幌中がパンクしてワヤになっていたけれど、最初のドカ雪がちょうど10日でした。それに比べれば、多少寒いくらいどってことはありません。お昼に近くを歩いていると、街路樹のナナカマドが青空をバックに、真っ赤な実を輝かせていました。今年は実の付きがいいように思います。
ナナカマド

昨日も駆け込みで「丸山隆と教え子たち」展へ。10月に紹介しておきながら、ようやく行くことができました。彫刻美術館も、家からそんなに遠くないところにある割には、一年に一度くらいしか行ってませんねぇ…(^^;) 玄関前の通路にも、小品が置かれていました。
彫刻美術館

館内は撮影禁止でしょうから雰囲気だけ紹介しますが((^^;))、ちらと写っている作品『残留応力』(1992)だけが芸術の森美術館の所蔵で、あとの小品はすべて奥さまの所蔵品だそうです。私がお願いして、あいの里の集合住宅に設置した作品『残留応力』(1993)はその翌年なので、雰囲気がとても似ていました。
館内

丸山先生が使っていた道具も、少し展示されていました。これらはすべて手づくりで、丁寧にしっかりと作られていました。
道具

野外彫刻をたくさん残された先生なので、そのマップがありました。札幌市内には18点もあるのですねぇ。私がお願いしたのはあいの里の作品と、1995年に島松の交差点脇に作られた小公園に設置している『循環する形』の二つです。サンガーデンのすぐ近くなので、立ち寄っていただければと思います。
マップ

帰ろうと車に乗ったら、すぐ下の家の庭に竹が育っているのに気がつきました。以前見た時にはまだ塀からようやく見えるくらいだったのに、立派に枝葉を伸ばし、植物園のものより大きく育っています。モウソウチク(孟宗竹)ではなくマダケ(真竹)のようですが、いよいよ札幌でも竹が育つようになったのですねぇ。
真竹

札幌レトロ・グラフィックス展

  • 2017.12.09 Saturday
  • 05:51
気になっていた展示を、最終日ぎりぎりに見てきました。「道内の企業や店舗が、昭和時代に使っていた包装紙や菓子箱、酒のラベルなど」を集めた展示だというので、ガラクタコレクターの私としては見逃せないのです。場所は南大通に面した東4丁目の紙屋さんの中でした。店の一角の小さなコーナーですが、立派な貼り紙が、わざと古ぼけた紙に印刷されていました。
レトログラフィック展

書かれている説明を読んでいくと、単なる包装紙などのコレクションではなく、札幌におけるグラフィックデザイナーの草分けと考えられるM・M氏が、デザインの参考にと、身の回りにある様々な印刷物をスクラップブックに集めたものだったのです。B4大のスクラップブック40冊が、その方の死後古本屋に出ていたものを、やはりグラフィックデザイナーのIさんが見つけ、散逸してはいけないと引き取っていたのです。すべて手書きのレタリングやイラストによって作られた原稿も何点かあり、手書き時代の最後だった私にとっても、大変懐かしいものでした。
手描き原稿

壁面には包装紙のコレクションがずらりと。最終日とあって、結構たくさんの方が見に来ていて、いやー懐かしいなぁ〜という声が何度も上がっていました。
包装紙コレクション

私は北海道生まれではないので、知っているのは五番館や丸井さんの包装紙くらいでしたが、名前だけは知っている古い店のものがずらりとありました。
五番館

真ん中の展示は、キャラメルやバターなどの紙箱類。こちらもじーーっと見つめている方が結構おりました。だいたい40〜50年くらい前のものなので、私より上の世代だととても懐かしいものになるのでしょう。
紙箱

森永やグリコなどの全国規模のものよりも、フルヤのウィンターキャラメルや、バンビキャラメルなど、地元メーカーのものがたくさんあったのですね。雪印もキャラメルを作っていたとは知りませんでした。
キャラメル

マッチや昔の電化製品などのカタログ類などもありました。このへんなら、まだ開けていない秘密の引き出しにたくさん入っているのですがねぇ…(^^;) とにかく面白くて、じっくりと会場を2回回って見てしまいました。ほんの一部の展示のようなので、ぜひ続編をやってほしいものです。
マッチ

せっかく町に出かけたので、あちこちで用足しをして歩きましたが、ちょうど地上は吹雪状態だったので、チ・カ・ホにはたくさんの方が歩いておりました。世間はボーナスが出たらしいので、この週末はたくさんの人で賑わうことでしょう。
チ・カ・ホ

バラの絵

  • 2017.12.08 Friday
  • 06:00
先月紹介した藤川さんの花カレンダー。11月のを仕舞う前にながめていて、バラの実ってこんなに特徴的なのに、意外としっかり描かれてこなかったのかなぁと思ってしまいました。
バラの実

花がどうしてもメインになってしまうので、花の絵やイラストは山ほどあるけれど、しっかり実に着目したものはなかったのかなぁ?そこでよく開くイラスト集を見てみると、確かに実が描かれているものは少なかった。
イラスト
  (「Plants and Flowers」 1,761 Illustrations for Artist and Designers,1992)

ローズヒップの代表選手は、なんといっても右下に描かれているドッグローズ。ロサ・カニナ(Rosa.canina)は、ヨーロッパではバラの台木にされるので、輸入苗の台芽から花が咲いているのをよく見かけます。バラの絵の第一人者であるルドゥチの画集(1820年前後)を見ても、花はしっかり描かれているけれど、ボタニカルアートのように各生育ステージを描き込むことはありませんでした。彼は花にしか興味がなかったのでしょう。
ドッグローズ
  (「バラ」ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ、TASCEN、2001 より)

それより古い1750年頃にドイツで出された「植物宝典」に載っているこのバラには、果実やその断面まで細かく描き込まれているので、博物画として描かれたものでは、花や実が(病気までも!)セットになって描かれています。
シルベストリス
  (ボタニカルアートと花の名画「バラの美術館」 集英社刊、1993 より)

栽培的には秋遅くまで実を付けておけるところは少ないので、ある程度株数に余裕があり、原種系のコレクションがなければ難しいでしょうが、そのような楽しみもこれからは増えてくるかもしれません。

北海道命名150年

  • 2017.12.07 Thursday
  • 05:44
先日函館で新聞を読んでいたら、入っているチラシに「北海道命名150年」と大きく書かれていたので、北海道がこんなチラシを撒いてるんだとびっくりしました。よくよく見ると、江差の五勝手屋羊羹の店のチラシで、北海道の命名は来年で150年だけど、五勝手屋本舗は再来年に創業150年を迎えることから、それに因んでチラシを作ったようです。
チラシ

私が講習でいつも使っているページがこれで、蝦夷地に新しい名前を付けることになった時、松浦武四郎はアイヌに教えられた「カイ」という言葉を入れて、北加伊道と提案しました。武四郎は、アイヌこそが「この地に生まれたもの」だということをよく知っていましたが、明治政府のめちゃくちゃなアイヌ統治に激怒し、辞表をたたきつけて開拓判官を辞めてしまいます。「今さら何を・・・」と苦笑いしているかもしれません。
武四郎

1968(S43)年には、北海道開道百年・札幌市創建百年として、博覧会やら百年記念塔の建設やら、大通公園の整備事業など、様々なイベントや事業が行われています。まさに未開の地に開拓に入ったという発想しかありませんから、武四郎ならきっと激怒したことでしょう。そのためか、今回は北海道命名150年ということになったもののようです。
命名150年
   (北海道150年事業公式サイトから拝借。m(__)m)

基本理念に書かれているように、150年は単なる節目であり、あくまで「未来を展望しながら、互いを認め合う共生の社会を目指して、次の50年に向けた北海道づくりに継承していきます。」とうたわれています。
基本理念
   (北海道150年事業公式サイトから拝借。m(__)m)

100年の時にはまだ札幌に来ていなかったし、200年の時まで生きていないので、私たち『札幌ハルニレプロジェクト』の活動もこの節目に便乗して動き回ろうと画策しています。記念事業なら、きっと記念植樹があるだろうし、その際にはそれにふさわしい樹種でとなると、2,30年でボロボロになるサクラではなく、何百年も生きるハルニレしかないじゃないと考えているのです。まもなく公表できると思いますので、もう少しお待ち下さい。m(__)m

札幌の古き建物たち

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 05:58
札幌建築鑑賞会という、もう30年近くも熱心な活動を続けている団体があります。最近では、「札幌軟石発掘大作戦」を各区ごとにやっていたので、ご存じの方もいるのでは。その活動の一つに「古き建物を描く会」というのがあり、その開催60回、15周年記念の作品展に行って来ました。
チラシ

場所は北翔大学北方圏学術情報センター『ポルト』です。地下鉄だと西18丁目駅と円山公園駅のちょうど真ん中あたり、南大通に面しています。私にとってはうどん屋からの帰り道なので、とても行きやすいところ。昨日は朝からずっと雪だったのに、お昼前後には青空が出てちょうどいいタイミングでした。
ポルト前

ここにはギャラリーが二つ、講義室が二つあり、以前ここでお話しをしたことがあります。学園で使用していなければ一般利用ができるし、申請者が学園のどこかの卒業生であれば、さらに安く借りられるはずです。
入り口

中に入ってびっくり。15名が計74点もの作品を出しておりました。しかもその内容がかなり濃密で、デッサン力も正確な上にバッチリ決まっており、レベルがメチャ高いのです。単なる記録程度かと思っていたので、焦ってしまいました。受付に出品目録が置かれているので、それを見比べていくと、懐かしい建物が次々と現れてきます。建物から離れて、作品として見ていっても十分に楽しめるでしょう。円山近辺に行く用事があれば、10日まで行われていますので、ぜひご覧になって下さい。
内部

法面のササ

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 05:56
先日函館に向かう途中、ちょうど苫小牧の市街地の山側を走っていると、法面に緑色のササが目に入りました。この場所なら間違いなくスズタケでしょう。錦大沼公園あたりの林内に密生しているけれど、暗い林床に映えているイメージがあるので、こんな吹きっ晒しの法面に生えているのは意外でした。好きこのんで生えた訳ではなく、根茎を伸ばしてきたら切土法面だったので、仕方なく生えていると言った方がいいかもしれません。
法面のササ

さいわい車が空いているので、100キロで運転していても問題なく撮すことができました。このカメラは手ぶれ防止機能が付いているので、適当に当たり付けてシャッターを押しても、ほとんどぶれないで写ってくれます。緑色をしていないササは、丈がかなり低いので、こちらは多分ミヤコザサでしょう。
ミヤコザサ

ミヤコザサは、成長点が寒害を受けないように地中にあるため、寡雪寒冷地適応型のササといえます。この黄色い部分がミヤコザサの分布域で、十勝から釧路、根室の道東域と、胆振、日高にかけて主に分布し、苫小牧あたりはその西端に当たります。スズタケは主に胆振・日高に散在しますが、苫小牧西部にはかなり密に分布があります。でもこんな場所では、冬季間にかなり傷むことが考えられます。スズタケとミヤコザサがパッチを作っている法面もあり、こういうところを運転していると飽きることがありません。
混生

樽前PAでトイレタイムを取った際に、フェンスの向こうにまた違うササが生えていました。見た目はまるで「クマザサ(隈笹)」ですが、道内にあるはずもないので、クマイザサの葉の縁が寒さで傷んだとしか考えられません。でもまだ冬に入ったばかりだし、札幌では今どきクマイザサがこんな風になることがないので、違うササかなぁ?とフェンス越しに眺めていました。
隈笹?

法事

  • 2017.12.04 Monday
  • 06:44
今回の函館行きは、母の四十九日法要と納骨がありました。朝いちで、姉と息子とでお墓の除雪に。お墓は高龍寺の末寺である地蔵寺にあります。
地蔵寺

雪は10cmほどだったので、軽くよける程度で済みましたが、お墓のふたになっている石が凍り付いて動きません。ガンガン叩く訳にもいかないので、あとで弟が不凍液を流して外してくれました。
雪かき

法事まで少し時間があったので、息子の会社で建てたばかりの建物を見に行くことに。函館駅前に一年前に完成した「キラリス」という再開発ビルです。有名デザイナーがデザインしたという割には、なんだか殺風景。息子は造作のチェックに余念がなかったけれど、本当は施工管理から設計に移りたくて仕方ないので、いろいろと思いはあったようです。
ガラン

駅前地区には朝市があるので観光客はそこそこ集まるけれど、町の中心はとっくに五稜郭や美原地区に移っているので、今ひとつ魅力がありません。一年経ってもこんなにガラガラでは、心配になってしまいます。
ガラガラ

函館には未来大学があるので、こんな仕掛けにはいろいろ工夫はされており、中にも「はこだてみらい館」という施設が入っているけれど、しばらく苦戦は続くのではと思ってしまいました。
仕掛け

午前中はかなりの雨降りで、納骨が心配されましたが、お墓に着いた頃にはからりと青空も見え、上磯のセメント工場もよく見えていました。本当にありがたいことです。
セメント工場

道路が凍らないうちにと、早く函館を出発し、前日はずっと雪道だった高速も、すいすいと走ってくることができました。お昼の弁当をいただく時間がなかったので、持ち帰って自宅で食べましたが、さすがミシュランにも載っている函館一の料亭「冨茂登(ふもと)」です。同じ商店会には、冨茂登をはじめ、五島軒や千秋庵総本家、阿佐利などがあるので、こういう時には本当にありがたいです。どうもごちそうさまでした。
ふもと

クリスマスファンタジー

  • 2017.12.03 Sunday
  • 09:44
雪の函館にいます。ようやくネットに繋がりました。
来る途中で室蘭に寄り、引っ越してきたばかりの息子一家を乗せて、函館に向かいました。内陸部に入るとかなりの雪になり、そろそろと走る車列で結構時間がかかりました。まだ明るいので、大沼に寄って団子を買い、せっかくなのでエプイを見てもらいました。
エプイ

建築の現場監理をやっているため、いろんな所のチェックをしているのが、やはりプロの目線なのがおかしかったです。施設の人は、年内にこんなに雪が降るとはねぇとこぼしてました。
雪かき

この時期に函館に来たのは初めてで、西波止場に飾られているカナダのハリファックスから毎年送られてくるクリスマスツリーを見に行くことに。毎日6時に点灯式があるのです。金森倉庫なんて、最近全然来たことがなかったけれど、今は来客の半分以上は外国からのお客さんで、昔のように地元の手作り土産が主体だった頃とは様変わりしているようです。
金森倉庫

ツルツル路面が大変だけど、家からは数分で行けるのがありがたいところ。12月初めての週末だったので、かなりの人混みでした。
点灯前

カウントダウンして、ぱっとツリーに明かりが灯っていくと、たちまち歓声が上がりました。今はLEDランプになったので、よりきめが細かく、色の変化も自在にできるようになったので、昔からは想像もできない豪華さです。真っ赤になる時間もあるそうです。毎年本物のモミノキを送っていただくハリファックス市のご厚意を、観光客のみなさんはどれだけ分かっているのかな?
点灯

そのあとは、緑の島から花火が打ち上げられました。そんなにたくさんではないけれど、足元が冷え込むこの時期にはちょうどいい感じで、終わると共に暖かい室内にさぁっと人並みが移動していきました。一才の孫1号はキョトンとしていたけれど、思い出になったかなぁ?
花火

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM