地道な作業

  • 2018.05.25 Friday
  • 05:59
北大の圃場では、12年前に手入れを始めた時には、チオノドクサはほんのパラパラだったのに、年々猛烈に増えてきて、今では芝生の半分がこんなに真っ青になっています。こんなに増えるのならと、毎年タネを取って、滝野公園のカントリーガーデンにこっそり播いてきました。このサルデンシス種は球根が出回らないので、タネから増やしていくしかないのです。
チオノドクサ

先週なんとか時間を作り、圃場でせっせとタネ集めをしてきました。芝生の中に大豆前後の大きさの果実がごろごろ挟まっているので、指を広げて下からすくい上げながら、果実を集めていくのです。小一時間の作業で、大きな堆肥の袋に一杯詰め込んで自宅へ持ち帰りました。
タネ取り

ブルーシートに広げて少しずつ乾燥させ、葉や花茎にある水分を転送させて完熟させます。それをかみさんが一つずつ摘み取りながら、タネの入った果実だけにしてくれました。今年はがんばって取ってきたので、例年の倍ありました。
調整

圃場ではキバナノアマナも同様に増えまくっているので、この果実もかなり混じっていました。角張っているので区別が付きやすく、こちらも滝野公園の山草エリアに2年前から播いてます。
キバナノアマナ

今度は事務所に持ってきて、日当たりのよい窓際に置いてタネだけを集めなければなりません。小さなものから果実が割れてタネが落ちるので、仕事の合間にカラを拾っていくのです。こういう地道な作業がけっこう好きなので、ついついはまってしまいます…(^^;)
カラ取り

大きな果実だと、かなり肉厚なのでなかなか乾いてタネが落ちてくれません。無理につぶすとネバネバした果肉がまとわりつくので、自然に離れるまで待たなくてはいけません。
多肉質

チオノドクサのタネにも、カタクリ同様エライオソーム(脂肪酸、アミノ酸、糖からなる化学物質を含む)がくっついているので、これが粘り着いて離れにくいのです。チオノドクサが知らぬ間に庭のあちこちから生えて来るのは、アリがこのエライオソーム欲しさにせっせと運んでいき、ごちそうを食べたあとのタネはゴミなので捨ててくれるのです。。
エライオソーム

滝野公園ではもう5年以上タネを播き続けているので、芝生の中に少しずつ開花個体も増えてきています。一面真っ青になるのには、まだまだ時間がかかりますが、あんな風景が見られるようになるのですから、こんないたずらも見逃してくれるでしょう。
滝野公園

先祖返り

  • 2018.05.24 Thursday
  • 05:50
お昼を食べにチャリをこいでいたら、??と変なものが目に入りました。ビルの前にしつらえられている小さな植えますに、コニカ(グラウカトウヒ‘コニカ’(Picea glauca var. albertiana 'Conica' ))が植えられているのですが、そのうちの1本になにかコブが付いているようでした。
コニカ

よ〜く見ると、一部の枝が先祖返りして、本来の大きな葉っぱになっていました。しかも、コニカは緑葉だけど、これは黄金葉なのか、先祖返りしている枝には両方の葉が混じっています。コニファーの分厚い図鑑を見ても、黄金葉のコニカのような品種はないし、ううむとなってしまいました。本来なら、こういう先祖返りした枝はすぐに落としておかないと、木全体がこれに戻ってしまいます。かといって店の方にそんな話をしてもねぇ…(^^;)
先祖帰り

その足元には、斑入りビンカ・マヨール(Vinca major 'Variegata')が植えられているけれど、それも先祖返りして斑が抜けつつあるようでした。同じ植えますで、なんでこんなことが起きるのでしょうかねぇ…
ビンカ・マヨール

本来の緑葉のビンカ・マヨールは、こんな感じで濃い緑の葉をしています。斑が薄れているものは、少し白っぽい緑をしているけれど、最終的にこんな葉に戻るのでしょうか?これも今後の推移を見ていきたいと思います。
緑葉マヨール

また汗だくの作業…

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 05:57
昨日は朝から気温がぐんぐん上がり、滝野公園でも昼過ぎには25℃以上の暑さになりました。なんでこういう巡り合わせになるのでしょう… まず向かったのはやはりメコノプシスのところ。今年植えた苗も順調に葉を広げており、何年も経った大株は、はたしてどのくらい花茎を伸ばしてくれるのか、気になるところです。
メコノプシス

すぐ上ではシラネアオイが盛りを過ぎつつありましたが、白花株は開花が少し遅いのか、ちょうどいい感じの花を見せてくれました。
白花シラネアオイ

オオバナノエンレイソウはもう終わっていたけれど、北アメリカ原産のエンレイソウはこれからという感じ。これはトリリウム・グランディフロルム‘フロレ・プレノ’(Trillium grandiflorum 'Flore Pleno')という八重咲の品種。とにかく丈夫で、環境が合えばどんどん株が増えてきています。しかも花期がとんでもなく長く、なかなか散らないでしばらく楽しめる優れた品種です。
グランディフロールム

ボランティアの作業も三週連続で、みなさんのがんばりには本当に頭が下がります。こもれ日の庭のエリアを少しでも魅力的な空間にしようと、殺風景なアブローチに手をかけることに。ギボウシ‘トクダマ’だけでは寂しいので、来月補植を予定し、その地拵え(じごしらえ)をやっておくことに。滝のように汗がしたたり落ちてきましたが、休憩を入れながら両側を掘り上げていきました。石はないけれど、木の根がけっこうあって大変でした。
作業2

たっぷりと堆肥をすき込み、しばらく寝かせておけば、いい植え床になってくれることでしょう。暑い中本当にお疲れさまでした。
作業1

午後からは園内の確認に。この高温でチューリップが一気に花開き、見事なカーペットになってきました。上湧別が毎度テレビで紹介されるけど、あそこに行くには遠いので、滝野公園に行ってみるか、というお客さんがきっと多いのでしょう。朝からひっきりなしに、たくさんのお客さんが見えられていました。
チューリップ満開

ウェディングの写真撮りも今年初めて見かけました。この暑さではきっと大変だったことでしょう。
写真撮り

木の花では、エゾヤマザクラやチシマザクラ、マグノリアが終わり、サトザクラ‘関山’やマルス‘アルメイ’、ジューンベリーなどが咲いています。青空に一際目立つのが、ウワミズザクラの仲間で、北アメリカ原産の「バージニア・ウワミズザクラ」の‘カナダレッド’(Prunus(Padus) virginiana 'Canada Red' )です。次に来るのは二週間後なので、きっと葉っぱが真っ赤になっていることでしょう。
カナダレッド

札幌ハルニレプロジェクト

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 07:18
本日の北海道新聞には、さっぽろ10区(トーク)が折り込まれています。今回の特集は、なんと札幌ハルニレプロジェクトです!!先日取材を受けたものが、今日発行されました。道新を取っていない方は、是非コンビニ等でお求め下さい。真ん中の写真は、大倉編集長自らが道路に寝そべって写したもので、さすがですねぇ。こうでないと迫力ある構図にならないと言っていたのが、これを見ると納得しました。
今年は、育ててきた「血統書付き」のハルニレの苗木を、あちこちに植栽することが活動の主眼です。百年以上生きるハルニレを、それにふさわしい場所に植えたいので、情報のある方は是非連絡下さい。よろしくお願いいたします。
道新

不明の桜

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 05:57
こういう仕事をしていると、よく植物の名前を聞かれます。身の回りにあるものならだいたい分かるのですが、たまにはう〜ん…となってしまうものがあります。先月の末に富丘西公園で行った作業の際に、毎度参加してくれるHさんが、うちの近所の道路に誰かが勝手に植えたサクラが咲いてるんだけど、今ころ満開になるのってなんてサクラか分かるかい?と聞かれました。終わってから行ってみると、本来ナナカマドの街路樹なのに、ここだけに2本の白っぽいサクラが満開になっていました。4月29日なので、エゾヤマザクラやソメイヨシノよりかなり早咲きです。
富丘の桜

株元からたくさん発生しているひこばえ状の小枝にも、花がたくさん咲いているという不思議さ。サクラの品種は数百種もあり、道内にもいろんな品種が持ち込まれているのでしょうが、こうなるととても分かりません。多分植えたであろう地先の人に、ヒアリングするのが近道でしょうね。
株元の花

そうしたらその数日後、テレビ塔の運営会社から電話がありました。テレビ塔の真下に植えてあるサクラのうち、1本が品種不明なので調べて欲しいというのです。昨年も依頼があったのですが、花を見なきゃ分からないので来年電話ちょうだいねと言っておいたら、忘れずに連絡してきました。左はソメイヨシノ、真ん中はサトザクラ ‘関山’であることは間違いないのですが、右端の木を調べて欲しいとのこと。樹形からすると、セイヨウミザクラ(いわゆるサクランボの木)だろうとの見当は付いていましたが。
テレビ塔の桜

この木には以前、「オオシマザクラ」のラベルが付いていました。なんでこんなラベルが付いていたんだろうとあとで聞いたら、ある「専門家」に調べてもらったので付けたものだそうです。オオシマザクラがどんなものなのか、その方はちゃんと分かっていたのかなぁ? 松山城の天守閣の前に植えられていたり、今回も松前の桜見本園でも咲いていました。本物のオオシマザクラは、矢印のように花柄が途中から分岐しています。
オオシマザクラ松前

松前に行く前の日に早速見に行くと、既に開花が始まっており、花を観察することができました。セイヨウミザクラと観賞用の各種サクラの違いはいくつかあり、その一つがガク片が、開花と共に大きく反り返る点です。間違いなくその特徴を示していました。
ガク片の様子

もう一つの特徴が、花芽を包む鱗片葉が、サクラ類では開花時にはほとんど散ってしまうのに対し、セイヨウミザクラでは残っている点です。これも間違いありません。
花の咲き方

葉の特徴では、サクラ類では葉の縁の鋸歯が鋭く尖るのに対し、セイヨウミザクラでは鈍鋸歯(どんきょし)といって、丸みを帯びた鈍い鋸歯になっています。これも間違いありませんでした。
葉の比較

セイヨウミザクラは自家不和合性が強く、一本だけではサクランボが成りません。何品種かの花粉をかけてやると、サクランボが成るので、品種まで確定することができるかもしれません。これがサクラの品種の一つであると、富丘のサクラのようにまず確定することは難しくなりますが、これは明確な違いを持っているので、容易に確定することができ、費用もうんと安くしてあげたのでほとんどボランティアになってしまいました…(^^;)

関山満開
先日のガイド研修の際には、ソメイヨシノとセイヨウミザクラは既に花が終わり、まん中の関山が満開に。でもそのうち両側の木はどんどん大きくなっていくので、関山は挟まれて衰退してしまうでしょう。今だけの艶姿を楽しんであげて下さい。

熊の沢公園

  • 2018.05.21 Monday
  • 05:28
土曜の雨が嘘のように、朝からからりと晴れ上がりました。現場がもみじ台だったので、前日同様国道12号を東に向けてひた走り、予定より少し早く熊の沢公園に到着。でも手稲の公園に比べると、町中を抜ける分、かなり遠く感じます。昨日は地元の「熊の沢公園の自然に親しむ会」主催の作業指導を行いました。
まだ誰も来ていなかったので、園内を一回りしていると、園路際のササが園路の1/3も食い込んでしまっていました。これはちゃんと刈っていない証拠だし、これだけマダニが問題になっているのだから、放置してはいけません。
林内

林内に入ると、ちょうどエゾタンポポが咲いていました。かなりたくさん生えているようで、小さな株も無数に生えていました。富丘西公園でも咲いてしまっているでしょうから、今年の自然観察会ではどんな花をご覧に入れられるかなぁ…
エゾタンポポ

あとでみなさんにセイヨウタンポポの花との違いを見ていただくと、興味のある方が多いので、話が盛り上がりました。ついでにセイヨウタンポポとアカミタンポポの違いも見ていただいたのですが、このあたりだとアカミの数がかなり少なく、探すのに苦労するほど。都市化されていない証拠でしょうか。
比較

南区と共に、早くから落ち葉の活用を図ってきた厚別区には、立派な落ち葉ステーションが設置されています。秋(11/1〜11/25)には自由に落ち葉を持っていっていいのです。なんで全市的にやっていかないのか、不思議なんですが。
堆肥ステーション

まぁ10人来ればいい方かな…といっていた通り、参加者は11名で、最も若い方で70歳。手稲では今年で15年も活動していると言ったら、ちょっと溜息らしきものが聞こえました…(笑) 事前の打ち合わせでは、少しずつでも成果の見えるものから進めて行くことにして、今回は園路とミズバショウの生えている湿地の間に生えているササの刈り取りを行うことにしました。
作業の説明

既に園路際は業者が刈り取ったばかりなのと、奥の方に他の植物があまり混生していないので、時期的にはあまりよろしくないけれど、刈ってはいけないものにマーキングをしてから、作業を進めていただきました。
刈り取り作業

それほどボリュウムがなかったので、40分ほどの作業で予定の範囲の刈り取りができました。見違えるようにきれいになったので、このくらいなら俺たちでもちょうどいいと盛り上がってました。
作業後

最後に、刈り取りの成果の前で記念写真を。今後ずっと付き合っていくのかはまだ分かりませんが、みなさんのやる気が強く感じられたので、軽くプッシュしていくだけで少しずつ前に進んでいけそうです。みなさんお疲れさまでした〜
成果

植樹の下見

  • 2018.05.20 Sunday
  • 05:51
ハルニレプロジェクトで育ててきたハルニレの苗木を、記念植樹に使っていただけることになり、その場所の下見にみんなで行ってきました。場所は、札幌に隣接する北広島市に入ってすぐの森の中。素晴らしい環境の中にある認定こども園です。ここの理事長が、また別途紹介しなければならないプロジェクトの理事をされており、私たちの活動を知って、是非園内に植樹してほしいと依頼されました。
こども園

でも園内は見事な自然林に包まれており、開放的な空間を好むハルニレに適した場所はそんなにありません。凍える雨の中ぐるぐる園内を見て歩き、ようやく本館の裏手の広場なら、2本くらい植えられそうだということになりました。
植樹場所

植樹は来月の末に予定されているけれど、私は既に予定が入っていて、残念ながら参加することができません。そこでメンバーの中にいる緑の専門家2人に、植樹全般を仕切っていただくことになり、場所の選定も3人でしっかりと検討させてもらいました。
場所選定

土壌のプロは、さっそく予定地に穴を掘って確認を。建物を建設した際に持ち込まれた砕石などが混入しているものの、土壌自体は保水力の強いしっかりした赤土なので、ここなら問題なく育ってくれることでしょう。
試掘

それにしても回りの森の深いこと。幾筋も沢が掘り込まれ、ミズナラやウダイカンバ、オオバボダイジュやホオノキなどの大木が林立しているのです。林床は大部分チシマザサに覆われていましたが、植木屋時代にこのすぐ近くで仕事した際に、このあたりの森を何度も見たことがあるので、林床植生も豊富なはずです。
自然林

沢には立派な吊り橋が架けられ、子供たちは初めは怖がるものの、すぐに慣れて大人気なんだそう。渡ってみるとかなり揺れて、こりゃ興奮するはずです。
吊り橋

その後、厚別区内にある別の認定こども園も見てきましたが、こちらは建て替えたばかりで、まだ外構の計画が決まっておらず、小さな苗木をいきなり植えるのはちょっと難しいので、園内に仮植えしておくことにしました。幼稚園のかわいい椅子に座って最後の確認を。22日の道新に掲載される私たちの活動に合わせて、こちらのプロジェクトも紹介される予定です。
作戦会議

一段落して、みんなのお腹もすき過ぎるくらいになったので、遅〜い昼食を食べようと国道を走っていくと、なんとまたスープカレーの店がありました。探し歩くのも面倒だとここに入り、2日連続でスープカレーを食べてしまいました。10年くらい食べたことがなかったのに、こんなこともあるのですねぇ…(^^;)
スープカレー

リゾート地の現場

  • 2018.05.19 Saturday
  • 05:54
昨日はトマムの現場。早く出発したので高速道路もすいていて、意外と早く着きそうになり、トマムのパーキングでしばし休息。紫竹さんが植えたチューリップが満開で、滝野公園よりも暖かいのかな?と、ちょっとびっくり。
とまむPA

トマムリゾートには泊まったことがないけれど、何度見ても、よくこんなところに造ったものだなぁと感心してしまいます。
トマムリゾート

現場は、今年の冬に供用開始したホタルストリート。「日本初のスキーインスキーアウトができる街並み」を謳い文句に造られた、店舗の集合体です。昨年末に冬季オープンし、けっこう話題を呼びましたが、足元の造成や植栽がまだなので、雪が融けた姿はちょっと惨めでした。
ホタルストリート

ゲレンデ脇の林の中に造成されたものだから、かなりの急傾斜地にちりばめられた9棟の建物の間は、急勾配の法面だらけで、これからの仕上げは結構大変です。オーナーやデザイン統括しているKさんと、各業者さんたちと共に、一つずつ現地を確認しながら、最後の詰めをしていきました。
地形

植栽関係の確認が終わったので、締めの打合せの間に、珍しいものはないかと近くの山に入ってみました。するといきなりナンブソウの群落がありました。メギ科の草本で、実物を見たのは初めてだったのでちょっと感激。花はまだつぼみでした。
ナンブソウ

その横にはコミヤマカタバミが、ミヤマエンレイソウやズダヤクシュと共に咲いていました。今にも雨が降りそうな天気で、花が開いていなかったのが残念です。
コミヤマカタバミ

このあたりの山は、エゾマツの方がトドマツよりかなり多く、その生えたかを見ると、ほとんどが倒木更新でした。地面に落ちたタネは、なんとか芽生えてもササや他の草に覆われて育たなかったり、病菌に冒されて立ち枯れし、なかなか育つことが出来ません。ところが倒木して苔むした丸太の上にタネが落ちると、これらの障害を受けないで稚樹が育ち、このように連なった形で大きくなることがあります。切り株の上だと、切り株が朽ち果てて空洞になり、根上がり状態に踏ん張った株元になっています。ダイナミックな森林更新の経過を、間近に観察することができるのです。
倒木更新

現場事務所で今日のチェック事項を再確認し、ようやく開放されました。お腹もぺこぺこだったので、遅〜い昼食をホタルストリートでいただくことに。リゾート地なので少しお高い価格設定ですが、めったに来ることもないですからね。チキンレッグと野菜のスープカレーが1,750円。味はとっても美味しく、冷え切った体もポカポカになりました〜
スープカリー

また寒さが・・・

  • 2018.05.18 Friday
  • 05:44
昨日午前中は白石駅の花壇管理。予報通りの寒さに震え上がりました。ここまで気温が乱高下する年は、記憶にはありません。強い西風を受けながら、まずは北口の花壇から点検していきました。少し傷んでいるかな?と思っていたつるバラも、ほとんど枝枯れもなく芽吹いていて一安心。花壇ももりもりと葉を広げてきていました。
北口花壇

花が咲いているものは、ブルンネラとネペタくらいでしたが、しばらく花が咲いていなかったベルゲニアに、何年かぶりで花が咲いていました。これはヒマラヤユキノシタそのものではなく、何かの品種なのですが、品種不明のまま植えられていました。
ベルゲニア

南口花壇では、ライラックが満開に。こんなにたくさんの花が咲いたのは初めてで、ちょっと感激でした。左の白花は、フレンチライラックの‘ジェネラル・シェリダン’で、右側は少し早咲きになるヒアキンシフロラライラックの‘エスター・ステーリー’です。
ライラック

昨年秋に、雨降りの中どろどろになって植え替えたホスタは、多少間違っていたものの、大部分はそれらしく配植されて葉を広げてきました。葉のない株を植えたにもかかわらず、これだけ合っていればいい方でしょう。今度は葉のあるうちにきっちりと植え替えてやることにします。
ホスタ

土木センターにお願いしていたダリアの球根が、種苗会社から直送されてきていました。ちゃんと冷蔵されていたらしく、少し芽が動いているだけで、立派な球根でした。今年の夏はにぎやかになることでしょう。
ダリア

もう一つ、トレリスに植えられていたクレマチスが枯れたままになっていたので、補植する苗をお願いしていたものも、現場に届けられました。今度はトレリス1枚に2株ずつ植えて、花色の組み合わせを楽しめるようにしました。
クレマチス

球根やクレマチスの植え込みと、雑草取りや広場の掃除など、みなさんで手分けしてどんどん片付けてくれました。花壇がきれいに維持されているのを見て、私も参加してみたいと思ってくれるようで、最近は地域からの参加者が増えてきているのが心強いです。これからもよろしく〜
作業

汗だくの作業

  • 2018.05.17 Thursday
  • 06:00
昨日の最高気温は、札幌では27.8℃まで上がりました。夜中も20℃前後と、暑くて寝苦しいほど。夜中の雨の予報は外れてしまったけれど、生暖かい南風が盤渓の方から吹き込んでいました。この陽気は1日限りで、これからどんどん気温が下がっていき、昼間の最高気温は昨日から14℃も下がってしまうのだそう。今年の天気は本当に不安定です。

昨日も滝野公園の現場でしたが、カントリーガーデンではなく渓流ゾーンへ。渓流口に車を置いて川沿いの園路を下りていくと、日当たりのよい水辺ではもうクリンソウの花が咲いていました。日陰の場所ではようやく目覚めたばかりの状態なのに、ずいぶんと違うのにはびっくりでした。
クリンソウ

久しぶりにアシリベツの滝の方に歩いて行くと、不老橋のたもとのカスミザクラが満開になっていました。左のエゾヤマザクラはもうすっかり葉桜なので、10日くらい花期が違います。このあたりには、昔はたくさんのカスミザクラがあったけれど、コブ病が蔓延してほとんど残らないほど被害を受けてしまいました。もったいなかったなぁ…
カスミザクラ

のんびり歩いていると、なにか気配を感じて目を凝らしたら、なんとエゾハルゼミが、ウダイカンバの幹にしがみついていました。足元には脱け殻があったのでまだ羽化したばかり。まだ15日なので、ちょっと気が早いんでないかい?今日の寒さでは、体が動かなくなってしまうのではないでしょうか。
エゾハルゼミ

平成の森ではシラネアオイが満開になっていました。ここ数年エゾシカの食害でタネが稔らず、新たな株が生まれなくなっています。なんとなく数も少なくなっているので、先行きがちょっと心配です。
シラネアオイ

鱒見口駐車場に出ると、先週見つけたクマゲラの食痕のあるヤチダモを、チェンソーで切っていました。おいおいちょっと待ってくれ!と、あわてて管理センターに電話。こんな間近にクマゲラの掘り跡を観察できる場所はないのだから、倒木の危険性のない高さで残せないか、お願いしてみました。
伐採中

その結果、センターの了解を得て、3mほどの高さで残すことができました。内部は既にアリの巣になっているけれど、周りははまだしっかりしているので、これからもクマゲラがやって来て掘る可能性もあるし、10年くらいはこのまま観察することが出来るでしょう。たまたまいいタイミングで発見できてよかったです。
食痕

午後からは、ボランティアのみなさんと作業をやりました。レンゲショウマの群生地が、大きな塊になって内部が全く近づけないので、中を通り抜けるような新たな園路を昨年から作ってきました。昨年秋に大部分の植物を移植したのですが、まだ残っているものが芽吹いてきたので、それらをすべて移植しました。
ロープ貼り直し

新たにロープ柵を張り直し、立派な観察園路の完成です。午後から気温がぐんぐん上昇し、汗だくになってしまいましたが、きれいな園路が完成してなによりでした。暑さの中、みなさんお疲れさまでした。
完成

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM